公開日:2018/06/21 

体中のパワーを引き出してくれる牡蠣ダイエットについて【牡蠣の栄養と効能】

体の不調があるといくら痩せようとがんばっても、なかなかうまくいかないもので、とくに女性には足りない栄養が多くて困ってしまうでしょう。

そこで牡蠣を食べるとちょうどよく、ダイエットとしても健康面でも、ちょうどいい栄養がとれます。うまくその効能を活かしてレシピを考えると、ストレスなく体を絞れるでしょう。

牡蠣ダイエットはダイエットじゃなくても嬉しい栄養と効能がたくさん!

もともと男性よりも女性のほうが、代謝が低くなりがちで、それは栄養の問題があるからなんです。これはダイエットに深く影響があり、食事で補充したほうがいいでしょう。

ところがその栄養を取ろうとすると、たくさんの食事をとらないといかず、意外にこれが大変です。それを可能にできるのが牡蠣を使うことで、不足したものがこれひとつで、補えてしまうメリットがあります。

そして毎日とり続けていると、以下の効能が得られてダイエットに活かせられるでしょう。さらに足りない栄養が取れるというのは、体調にもいいように働くので、健康にもなれて一石二鳥です。

ミネラルタップリで貧血を解決!さらに代謝もあげられる!

まず女性の悩みといえば貧血で、長年これと一緒に人生の大半を過ごさないといけません。

血液が少なくなると、体中に栄養などを送り届けなくなるので、体調が悪くなるのは当たり前でしょう。

それこそ牡蠣を使ってしまえば、タップリの栄養から補給できて、血液を増やせてしまいます。

とくにミネラルが多いので、足りないものを補いつつ、代謝を高められるでしょう。

そしてミネラル以外にも血液を増やす働きのビタミンだってあり、相乗効果で代謝が高まって、冷え性だっておさえられてしまうんです。

いつも以上に寒いと感じたら、貧血を疑って食事に牡蠣を加えるのも、痩せるためにはかなり有効になります。

血液の流れをよくしつつ便が柔らかくなって腸も活発に

もともと女性には腸が弱ってしまう人が多く、これも代謝が低いのが原因のひとつです。

これも牡蠣を使うと状態をよくできてしまい、とくにタウリンという栄養がちょうどいいでしょう。

これは腸と深い関係があり、胆汁酸という成分を増やす効能を使って腸の中で固まった便を、柔くする働きがあるんです。

だからこそスルッと便が出てくれるようになり、止まっていた腸の活動を働かせてくれるので、お腹の代謝がアップします。

もちろん腸というのは栄養を取り込められ、体全体にも影響されるので、積極的に不調をよくしたほうがいいでしょう。

運動の手助けに!たんぱく質が多くて代謝があげやすい!

そもそも先ほどの栄養もそうですが、牡蠣にはたんぱく質がタップリ入っているんです。

この栄養は筋肉の材料となってくれるので、運動と一緒にとるようにすれば、自然とダイエットに活かせられるでしょう。

筋肉は毛細血管がビッシリで、さらに伸び縮みする働きがあるので、体中に血液を送り届けられるようになります。

そして筋肉が増えていくと自然に代謝が高まって、ダイエットしやすくなるでしょう。牡蠣をとるだけでダイエットに活かしやすい効能が得られるので、積極的にとっておいてください。

牡蠣ダイエットにおすすめの牡蠣レシピ

そもそも食事によって体を絞ろうとする場合は、毎日続けてその食材をとっていかないと、その効能を活かせられません。

とくに牡蠣は血液に関するものなので、途中でやめてしまうと、また貧血になってしまう可能性があります。

だからこそおいしく食べられるように、レシピを考えるのがベストです。そんな続けやすいレシピがあるので、作ってみるといいでしょう。

きのこの栄養も使えばもっとダイエット可能!牡蠣の炒めもの

    <材料>
  • 牡蠣
  • 舞茸
  • オリーブ油
  • オイスターソース
    <作り方>
  1. きれいに牡蠣を洗って、舞茸を食べやすくカット
  2. オリーブ油をフライパンに入れて、牡蠣を強火で炒める
  3. いい具合になってきたら、舞茸と酒を投入
  4. 牡蠣が食べられそうなら、オイスターソースで味付けして完成

ダイエットのために牡蠣を使うわけですから、それと一緒に使う食材も、痩せやすい効能があるものだと効率がよくなります。

とくにキノコ類は脂肪を体にため込ませない効能が高く、ダイエットの組み合わせとしては、ちょうどいいんです。

そして手っ取り早く作れるように、炒め物にして食べるようにしたらいいでしょう。

冷え性なら鍋に牡蠣を!中華風キムチ鍋

    <材料>
  • 中華ダシ
  • キムチ
  • 白菜
  • じゃがいも
  • 玉ネギ
  • ごぼう
  • 牡蠣
  • ノンオイルツナ缶
  • しょうゆ
    <作り方>
  1. それぞれ食材を食べやすくカットしておく
  2. 鍋に水を入れて、中華ダシと一緒に沸かす
  3. 沸騰したら野菜を入れて、蓋をして中火より強めで5分放置
  4. 牡蠣とツナ缶、キムチとしょうゆに酒を入れたら弱火で5分放置
  5. 最後に塩を入れて味をつけたら、3分煮込んで完成

体温が低くなっている場合は、基本的に代謝が下がっている状態です。つまり脂肪がもえにくくなっているわけですから、どんな食事をしてもそのまま体にたまってしまうでしょう。

そこでその代謝を高められるように、体が温まりやすい鍋に牡蠣を入れると、痩せるためにはピッタリのレシピになります。

ガッツリ食べたいならコレ!ヘルシー牡蠣グラタン

    <材料>
  • 牡蠣
  • じゃがいも
  • マッシュルーム
  • 豆乳
  • バター
  • 黒こしょう
  • チーズ
  • 生パン粉
  • パセリ
  • コンソメ
    <作り方>
  1. マッシュルームを薄くきって、牡蠣をしっかり洗っておく
  2. 鍋にバターを入れて弱火で加熱したら、牡蠣を投入
  3. マッシュルームを入れて炒め、豆乳を入れて煮こむ
  4. コンソメを入れて溶けたら、調味料で味付け
  5. さらに煮込む間に、じゃがいもをつぶしてマッシュポテトに
  6. お皿に入れたら、煮込んだ鍋の中身を注ぎ込む
  7. チーズとパセリをかけたら、予熱で200度に設定したオーブンに
  8. 15分ほど加熱して、色がついてきたら完成

お腹が空いているとたくさんの量をとってしまうでしょうが、ガッツリ食べなくても、少量でもお腹がいっぱいになるレシピを使うとカロリーを少なくできます。

そこで豆乳を使ったグラタンに、牡蠣を入れるとちょうどいいでしょう。バターも無塩のものを使うと、さらにヘルシーになって食べても問題ありません。

牡蠣ダイエットで体の元気がみなぎる!

体に必要な栄養がタップリで血液を増やしつつ代謝が高められ、健康にもいい牡蠣を使えば、ダイエットもしやすくなるでしょう。

そこにはたんぱく質が入っているので、運動を組み合わされば、さらにその効能を活かせられます。

女性特有の悩みで体調が悪くなっているなら、牡蠣を使ったレシピで整えつつ、ダイエットを両立させてみてください。

  • Facebook
    シェア
  • Twitter
    ツイート
  • はてなブックマーク
    はてブ

218



ページのトップへ