公開日:2018/07/23 

シジミにたっぷり含まれるあの成分で痩せる!オルニチンダイエットの効果

痩せたいのはわかっているけど、体が重くて運動をしたくない…という人は多いでしょうが、それは疲れがたまっている証拠です。それを解消しつつダイエットができてしまうのが、オルニチンダイエットになります。

その効果は口コミでも評判で、お酒のお供とされていたイメージを、覆すほどの威力があるようです。

口コミで注目されているオルニチンダイエットの『オルニチン』とは?

オルニチンは肝臓に働きかけることで有名で、お酒のあとにとるのがいいとされてきました。たしかに次の日が大きく変化が出てきますが、使い方によってはダイエットだってできてしまいます。

口コミでも挑戦した人は痩せられるといっていましたが、そのうえに目覚めがよくなったという効果を先に体感して、そこからダイエットもできるかも…と期待している人がたくさんいるんです。

体の調子がいいから運動を始めたら汗をかく量が増えた

この成分はたんぱく質からできており、そのおかげで代謝を高くして脂肪をもやすのに使われています。

お酒に効くイメージが強いオルニチンですが、実際はこの代謝を高めるのが得意で、運動したあとの汗の出方が全然違うという口コミがいくつかありました。

汗をかくのは体が温まっている状態で出るもので、それほどオルニチンは代謝を高められるわけです。もちろん運動をしての汗もあるでしょうが、相乗効果でたくさんの汗をかいていると思っておきましょう。

じつはこの効果が出ているのがとくにわかるのが、寝ているときなんです。

寝る前に飲んでいると体が熱くて脂肪がもえているのがわかる

この代謝を高める効果があるのは、すべて体から出されているホルモンが関係しています。とくに寝ているときに多く出るようになっていて、睡眠の質も関係しているんです。

しかしオルニチンをとり込んでいると、脳に指令を出してこのホルモンを多く出すようにしているので、寝る前から体が熱くなっているのがわかるという口コミが多くあります。

◆代謝がよくなるといいことずくめ

それほど代謝がよくなっているわけですから、運動をしているときであっても、汗がたくさん出るのがすぐにわかるでしょう。

体を活発にしているため、さまざまな機能を働かせてくれるだけでなく、とくに筋肉を増やす効果だって高められるんです。

筋力がついた気がする声多数!これもオルニチンの効果!

とくに激しい運動をしていないのに筋肉が増えて、オルニチンを飲んでいてよかった…という口コミもあります。これがホルモンを多く出しているからこその効果で、代謝が高くなっているだけではありません。

このホルモンには筋肉を増やす補助ができる効果があり、これによりいつもと同じ運動をしても、筋肉が鍛えられるようになります。そもそも筋肉とダイエットはすごく重要になってくるので、オルニチンはとっておいて損がないんです。

それは筋肉が代謝を徐々に高めてくれるので、筋力ができてくると、ちょっとした運動でも汗をかくほどの代謝が高まります。つまり効率よくダイエットができるようになり、さらに体まで引きしめられて、見た目もきれいになるでしょう。

オルニチンダイエットの理想的な摂取量はどれぐらい?

飲むだけでも効果が高いこの成分は、うまくこれを活かすためにも、とる量も気にしたほうがいいんです。それは体の機能上しかたがないことで、効率よく効果を出したいのであれば、覚えておくべきでしょう。

逆に効果が高いからと、1度にたくさんとってしまうと、副作用だって起こる可能性があります。お腹が痛くなって下痢になれば、それはオルニチンの影響だと思っておきましょう。

基本的に1gまで!ダイエットで使うのなら2gまで!

まず副作用を起こさないようにするのは、適量といわれる摂取量を守るのが重要です。理想とされているのが1日に1gまでとされており、これくらいだとうまく体にとり込めて、効果を高められます。

しかしそれだけだと実感できないという口コミもあり、そんな人は2gまでなら問題ありません。

ダイエットとなると代謝を高めないと効果がないため、基準よりも多くとらないといけないようです。もちろん2gくらいなら副作用も出ないので安心してください。

たくさんとってしまったというのは、1日に7gほどとされているので、2gだとかなり少なくなっています。

またちょっとしかとっていないのに体調が悪いと思ったら、それはアレルギーの可能性があるでしょう。オルニチンは基本的に貝からとっており、そのアレルギーがある人は要注意です。

1度にたくさん飲むと外に流れてしまうなら少しずつ分けて飲む

副作用が出ていないし、7g以内ならたくさん飲んでもいいか…という考えがあるなら、それもやめておくといいでしょう。

それは必要以上の量をとったオルニチンの栄養は、すべて体から外に流れてしまう性質があるためで、たくさん飲んでも無駄になってしまいます。

せっかくオルニチンで代謝を上げようとしても、栄養が外に出てしまったら効果がありません。うまくホルモンを出させるために使うのなら、1日にちょっとずつ分けるのが、1番効果を出すポイントです。

合計で2gになるように飲むのがいいとされているので、それを基準にオルニチンをとっていきましょう。

代謝を上げるのなら寝る前!筋肉をつけたいのなら運動前!

そしてさらに効果を高めたいのなら、とるタイミングもかなり重要になってきます。上記でも紹介したように代謝を高めるのが得意な栄養ですから、それを引きだすなら寝る前に飲んでおくといいでしょう。

しかし血液のなかに糖がたくさん入っていると、うまくホルモンが出ないという研究もあり、食事のタイミングも気にしたほうがよさそうです。睡眠に入る3時間前には食事を済ませておき、寝る前にオルニチンをとっておくといいとされています。

◆運動前に飲むのもおすすめ

さらに筋肉を増やすこともできるこの成分は、運動前にあらかじめとっておくと筋力アップもできるでしょう。もちろん運動をする暇がない人でも、外に出歩くだけでも体を動かしていることになるので、その前に飲んでおくのもひとつのポイントです。

お酒で有名なオルニチンでなぜダイエットができる効果があるの?

お酒にピッタリというこの栄養は、そもそも体調管理に役立つのも知名度も高いでしょう。これとダイエットとどんな関係があるのか気になるでしょうが、人間の体で代謝を使っている割合は、肝臓が多く占めているんです。

代謝が高くなると脂肪を少なくできるので、肝臓を元気するのは重要であり、この成分はそれができてしまいます。さらに代謝だって高められて、筋肉を作りやすくする効果もあり、ダイエットのポイントをしっかりおさえられているんです。

疲れが出て体調が悪いのなら、肝臓が弱っている可能性もあり、その意味でもオルニチンを使ってみるのもいいでしょう。

  • Facebook
    シェア
  • Twitter
    ツイート
  • はてなブックマーク
    はてブ

267



ページのトップへ