公開日:2018/07/10 

本当に大丈夫?一日一食ダイエットの不安を解消して知られざる効果を検証!

もともと体にとり込む量が問題で、痩せられるかのポイントがわかれるでしょう。そこでたくさん食事をとっている人は、一日一食ダイエットをして口にする量を少なくしてみてください。

単純な方法だからこそ効果が高くでますが、不安に思うところもあってなかなかできないものです。それがなくなるポイントも、じつは単純で覚えやすいでしょう。

一日一食ダイエットは食事の回数を減らして体の機能をうまくさせる方法

無理に食事を減らして、体を絞ろうとした人はたくさんいるはずですが、体調が悪くなってやめた経験も多いはずです。それは体に栄養が足りなくなって、内臓などが機能しなくなったからでしょう。

しかしそのデメリットを減らしたものが、この一日一食ダイエットになります。今までのダイエットと違いがあるのかといえば、体調を見て慎重に減らしていくのが、この方法のポイントです。

いきなり一食にしたら大変!ちょっとずつ量を少なくしたほうがいい

体調を悪くさせていたダイエットとは、精神論でひたすら食事を我慢していましたが、一日一食ダイエットは理論をもとに少しずつ減らしていきます。

◆様子を見ながら少しずつ減らす

まず他の食事のなかで量が少ない朝食に目を向けて、1食分食べずに様子を見て、まだ少なくできそうなら、さらにもう1食抜いていくんです。

つまりいきなり1食にするものでなく、無理なく進めていくのがこの方法の特徴であり、うまくいくようにちょっとした方法も、取り入れていきます。

しかし簡単にいいましたが、これが意外に難しくて、お腹が必ず空いてしまうでしょう。そこで以下の方法をうまく活用してください。

噛む回数や順番を決めて食べるとうまくいきやすい

今まで3食しっかりとっていると、1食でもお腹が空いてしまうのが、健康的な体をしている証拠です。

ですからお腹が空くのを悔やまず、食事の際は噛む回数を増やしてみるのも、一日一食ダイエットになれるポイントになります。

◆噛む回数は何回?

噛むというのは口をしっかり動かして、飲みこむ作業のことで、1回口にいれたら30回は噛んでください。

これを続けていたら、口周辺の筋肉が鍛えられて代謝が高まります。そしてお腹がいっぱいになったと、脳が勘違いをしてくれるでしょう。

◆よく噛むものを先に食べる

さらに野菜などのよく噛まないといけないものを、先に口にしておくのも、お腹をいっぱいにさせるコツです。

とくに野菜は噛む回数だけでなく、消化に時間がかかる特徴があり、いっぱいになったのを持続させてくれます。もちろん野菜をたくさん食べるのもいいですが、以下の方法も守りましょう。

一食だからこそ栄養のバランスを考えてとろう

ただ食事の量を減らすためだけに食べる方法を変えているなら、野菜中心の食事にすればいのですが、一日一食ダイエットに挑戦しているならバランスも考えないといけません。

バランスというのはとくに栄養の面で、野菜がたくさんだと、体に必要なたんぱく質などが足りなくなってしまいます。

かといってたんぱく質ばかりだと、腸が元気でなくなってしまって、あまりよくありません。

しかしたんぱく質は筋肉を作る特徴があり、メインで持ってきたほうがいいので、糖質を少なめにして野菜もしっかり取るようにしたらバランスがとれるでしょう。

そこにお腹がいっぱいになりやすい固めの食材や、体を温める汁物などを加えるなど、うまく栄養がとれるような工夫も一日一食ダイエットでは大切にしておきたいところです。

一日一食ダイエットで集中力UPの効果も!

食べる量を調整して脂肪を少なくできるのはたしかですが、健康に近づきつつ痩せられるのがこの方法になります。

もちろんそれには以下の効果があるからで、ただカロリーが少なくできるというメリットだけでありません。

好きなものを食べていると、お腹がいっぱいで頭がボーっとするでしょうが、それは糖が原因になっているでしょう。

糖は血液中にたまっていき、処理しきれなくなったら体調を悪くさせるケースもあり、それでボーっとさせているケースもあります。

それを知ってか集中したいときには、なにも食べない人も数多くいるようです。

しかし一日一食ダイエットなら、どの栄養もとりすぎがなく、体調の面でもいい効果が味わえます。

体の中を休ませて体調をよくしつつカロリーが減る

まず食事に頻度が減らせられるわけですから、疲労感がある人がやると、スッキリできるでしょう。これは食事で体が働きすぎているのが原因で、内臓が休まって体調がよくなるケースです。

食事を少なくして休まるのは胃腸だけに留まらず、毒素を和らげている肝臓だって休憩ができるなど、さまざまな意外な体の機能が休まるでしょう。

もちろん食事をしないわけですから、その分体に脂肪がたまらないので、ダイエットとしても効果が高いわけです。

精神的な面も回復できる!ストレスが減れば代謝アップも

体の機能が休まるのは、食事と関係ないところも影響が出るでしょう。それは血液の質が変えられるからで、とくにその影響を受けやすいホルモン系や自律神経です。

これらの箇所は精神的なところとかなり関係しており、よくイライラするなど精神的に不安定な人なら、効果が表れやすいと思っていいでしょう。

今の食事には脂質が多く入っているため、ドロドロになるばかりか毒素だって入っている場合が多く、脳にまで影響します。それを少なくできれば血液が変わり、ストレスが少なくなるんです。

ちなみにストレスは血液の流れを悪くしてしまうので、ダイエットをしているなら気を付けてください。

お金や時間ができるから違う面でも助かる

さらに一日一食ダイエットは、別の面でストレスを少なくしてくれます。それは食事でのお金の悩みで、3食あるうち1食にするわけですから、かなり節約できるでしょう。

そして料理だって作る時間がなくなるわけですから、空いた時間とお金でストレス解消だってしやすくなります。

もちろん運動だってできる時間があるので、一日一食ダイエットとしてなら、相乗効果が狙えるわけです。

一日一食ダイエットに慣れるまでは間食もOK!

とにかく理にかなった方法で、食事の量を少なくできるので、メリットは数多くあります。とくにストレスに関したらいくつもあり、体に負担から精神的なところまで、悩みがあるならやってみたほうがいいでしょう。

ところが急に一日一食ダイエットをしてしまうと、体調を悪くするので徐々にするのが、今までの量を減らすものと違います。

朝食をぬくことから始まり、無理だと感じたら間食も入れていいわけです。

もちろんダイエットにならない甘いものやスナック菓子などは論外ですが、スルメやナッツ類など、噛む回数が多くなるものならちょうどいいでしょう。

慣れてしまえば一日一食ダイエットを続けてしまえば、太ってしまう心配もないので、スタイルの維持にもピッタリです。

  • Facebook
    シェア
  • Twitter
    ツイート
  • はてなブックマーク
    はてブ

47



ページのトップへ