公開日:2017/06/15 

奥二重の美人女優に近づける!?特徴とメイク技を知ろう!

日本人女性の約半数は一重や奥二重の目だといわれています。日本人は目が小さく細いことや、やぼったいことから、目元に魅力が無いといわれることもあるようです。今回は奥二重の美人女優さんのメイクを参考に、奥二重の上手な魅せ方についてご紹介します。

奥二重美人の女優さんからメイクを学ぼう

クールイノセントな雰囲気!の女優さん

適度にユニセックスな雰囲気もする奥二重が美しい、刑事ドラマで主演を務めた女優さん。小顔が特徴でもある彼女のアイメイクは、あまり色を使わないカラーレスです。目はアイラインが特徴で、目尻から目頭まで、細いアイラインを使用して描いています。短く切りそろえた可愛い感じの前髪がよりいっそうアイメイクを引き立てています。

もうひとつのメイク技は眉毛の形で、太眉だと思いきや、目尻は細く整え、眉山はほんのすこし角度をつけて整えており、凛としたムードです。奥二重なので、やはりアイメイクのポイントはまつげです。アイメイクにも色は使わないものの、短い前髪や角のついた眉毛でバランスが取れており、大人の引き算メイクの参考にできそうです。

長めに引いたアイラインがポイント!の女優さん

小さな顔、元気いっぱいの笑顔に特徴のある、信販会社のCMなどでおなじみの女優さん。タラレバな彼女のメイクはカラーレスに近いナチュラルメイクですが、やはり目元やヌーディなベージュに特徴があります。奥二重の目元にはしっかりとカールさせたまつげとマスカラが。カール用やボリューム用のマスカラ下地を上手く使えば、同じようなメイクができそうです。

こちらのメイクの特徴はアイラインです。目尻から目頭まで全域に細いラインを引き、目尻だけを2~3ミリ余分に描いています。こうすることで小さめの目をきりりと涼しげに見せています。

エキゾチックな奥二重美人な女優さん

沖縄出身でエキゾチックな顔立ちで涼しげな目元の奥二重の女優さん。ドラマや映画のほか、コスメのイメージキャラクターにも採用されています。彼女のメイクのポイントは、何といっても小悪魔風メタリックな目元です。

まずアイラインはまつげの間を埋めるようにびっしりと濃い目に塗っていきます。目尻から2~3ミリ外側に跳ね上げることで、小悪魔風な目元が演出されていますね。アイシャドウはアイホールにハイライトカラーを塗り、次にミディアムカラー、最後に締めの濃いめカラーを目尻に置いています。こうすることで立体的な小悪魔風アイメイクの完成です。

このメイクを真似する時は、目元がポイントなのでマスカラはビューラーでしっかりと持ち上げてから、ロングラッシュタイプを塗ります。他のパーツのメイクはニュートラルで控えめにしましょう。ファンデーションなどはあまり艶の出るタイプを使わず、マットな感じのもので仕上げます。

ナチュラルなのに目立つ!奥二重女優メイクの特徴とは?

ナチュラルな肌は実は下地に時間をかけている!

一昔前の女優さんと違い、近年の女優さんは皆それほど厚化粧という印象はありません。最近のメイクのトレンドがヌードカラーを中心としたあまり色のないメイクになっているせいもありますが、薄めのメイクです。それなのに、目を引きつけるのはどうしてなのでしょうか?女優さんだから、もともと顔立ちが綺麗だからでしょうか?実は、女優さんたち専属のメイクアップアーティストたちは、すごく下地に時間をかけているのです。

女優のベースメイクのポイントは透明感、そしてツヤ感です。下地はあまりマットにしすぎないのがポイントです。

まず、コンシーラーでシミやカゲ、小鼻の赤みなどをカバー。ファンデーションは薄めにつけていきます。そして、お粉はできれば2色使いで、目の周りやTゾーンには明るい色を置き、それ以外はダークめの色をおいて立体感を出します。

ハイライトを上手く使って立体的に

女優メイクにはツヤ感と透明感が命です。ハイライトを使ってツヤ感を出し、顔を立体的に見せるメイク技は必須です。ハイライトの入れ方は、まずTゾーンに、そしてアゴ先、それから目尻のCゾーンにも入れます。これだけでもぐっと顔が立体的になってきます。

次に顔となじみがいいピンクのチークを入れますが、斜めに入れるのはもう時代遅れ。今は頬骨の高いところにふんわりと伸ばすのが主流です。

このように、下地に時間をかけてちょっと手を加えるだけで顔が立体的になったり、ほんのりと赤みを帯びてセクシーに見えるのです。メイクアップアーティストの技はすごいですね。

女優は「眉」の整え方も一工夫

眉のと整え方も、奥二重とのバランスがあるのでとても重要です。現在は一昔前のような人工的な眉ではなく、自分の眉の毛の流れを活かすナチュラルな方法で整えます。整えるのは眉の中間から眉尻にかけてのみ、薄くなっている部分をブラウンのシャドウなどで描き足します。もともとの眉が細い場合は、下側を描き足し、やや太めに整えましょう。

実は奥二重の方こそ眉はしっかり描くことで目元が映えるのです。二重の方よりも見える部分が多いのでトレンドの太眉とも相性がぴったりです。

これぞ奥二重女優アイメイクの全行程!

アイラインをインサイドに入れて目ヂカラをアップ!

奥二重が多い日本の美人女優は、何気ないメイクなのにとても魅力的に見えます。アイメイクは普通のメイクとそれほど変わらない感じなのに、何故か目立つ!その理由を探ってみました。

まず、目を際立たせるメイク技としてはアイラインです。それもインサイドラインと呼ばれる目の内側に入れるテクニックを使います。このアイラインはまさに女優メイクのキモだといえます。

まず細いリキッドタイプのアイライナーを使い、まつげの間を、上側から点々と描くように埋めていきます。次に柔らかいペンシルでその上にラインを描きます。ラインの太さは2ミリくらいです。次に同じペンシルでインサイドの粘膜部分にも、まぶたを引き上げたり伸ばしたりしながら線を入れていきます。こうすることで目のフレームがくっきりとし、黒目も大きく見えます。

アイシャドウはグラデーション使いで!

奥二重の女優メイクは、かつてのようにラメのギラギラや、派手なメイクはあまりしません。あくまでもナチュラルに、切れ長の目を活かすメイクが主流です。

アイシャドウはとにかく「グラデーション使い」が命です。1色だとのっぺりして、腫れぼったい感じに見えてしまうので、まずアイホールに淡いベースカラーをのせ、その次にベースカラーよりは濃いミディアムカラーをアイホールよりも、もう少し小さい範囲に重ねます。最後に目尻などにアクセントとなる濃い色を入れると目が引き締まって見えます。

このように顔が立体的に見えるように工夫されているのが奥二重の女優メイクの技なのです。

奥二重女優は、マスカラもナチュラルに

では、アイメイクの最後はマスカラです。現在ではボリュームが出るもの、長さが出るものなど、技術研究の粋を生かしていろいろな商品が出回っていますが、奥二重女優はどんなマスカラを使っているのでしょうか?

実はマスカラは特にどんなタイプでもいいですが、まつげのボリュームや長さが気になる人はやはりファイバー入りなどがいいでしょう。要は付け方の問題です。まず、まつげ全体に均等にマスカラを塗ります。この時、まつげの上側、下側両方共塗るのを忘れずに。次に目尻だけを重ね付けします。ポイント的に目尻に重ね付けすることで、目尻のアイシャドウ同様、ナチュラルに目を強調することができます。

奥二重美人女優のナチュラルメイクとは?

奥二重の美人女優さんのナチュラルメイクは、一般人でも特別な技術要らずで真似できるところが嬉しいです。奥二重女優メイクのポイントをぜひご自身のメイクにとりいれてみましょう。

  • 透明感、ツヤ感を大切にしたコンシーラー使い、薄づきベースメイク
  • ハイライトをうまく使う
  • チークは頬骨にふんわりと
  • アイラインはリキッドでまつげのキワを埋め、上からペンシルで描く
  • アイシャドウはグラデ使い
  • マスカラは上下に、目尻だけ重ね付け
  • Facebook
    シェア
  • Twitter
    ツイート
  • はてなブックマーク
    はてブ

1,850



ページのトップへ