公開日:2017/05/26 最終更新日:2017/06/16

オイリー肌を改善!化粧水でベタつかないサラサラ肌をめざそう

しっかり洗顔しているのに、いつもベタついている気がするという「オイリー肌」に悩んでいる方も多いのではないでしょうか?そんな方でも化粧水の選び方や使い方次第で、サラサラのさっぱり肌を手に入れることができます。化粧水であなたの肌を変えてみませんか。

そもそも「オイリー肌」の原因は?

「オイリー肌」とはどんな状態?

そもそも「オイリー肌」とは、どんな状態のことを指すのでしょうか?例えば、肌がテカりやすい、毛穴の開きが目立つ、赤ニキビができやすいなど、皮脂が過剰に分泌されている肌のことです。そんな症状で悩まされている方は、いつも肌が「ベタついている」と感じているはずです。

そんな「オイリー肌」になってしまう原因は人それぞれですが、主に、遺伝的な体質、洗顔のしすぎなどによる肌の乾燥、油モノや甘いものを摂りすぎた食生活、ストレスなど。当てはまると感じた方は、生活スタイルの改善はもちろんですが、それより先に化粧水をはじめとした正しいスキンケアで改善できるかもしれません。

「オイリー肌」の改善法

悩みの「オイリー肌」を少しでも改善するためには、どんなことを行えばよいのでしょうか?まずは、食生活の改善が大切です。今まで脂っぽいものや甘いものを多く摂取していた方は、その量を少なくする、皮脂の分泌をコントロールする栄養素(ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンCなど)を摂取するということを心がけましょう。

また、生活スタイルの改善も行いましょう。タバコをやめる、ストレスを溜めない、適度に運動する、暴飲暴食をしない、きちんと眠るなど、ほんの少しの心がけでできることもあります。そして洗顔や保湿などのスキンケアの改善です。日々のスキンケアを工夫することで、悩みの種である「オイリー肌」を改善できるのであれば、それが1番うれしいですよね。

化粧水の働きを知る

毎日のスキンケアの必需品である「化粧水」は、肌の油分を整え皮脂を適度に保ってくれる働きがあります。特に、皮脂コントロールができず過剰に分泌している「オイリー肌」の方にとっては、スキンケアの必需品と言えますね。

肌がベタつくから保湿をしないという考えは、実は不正解です。ベタつくからこそ、保湿はとても重要なポイントとなります。きちんと保湿をしてあげないと、肌は乾燥しないように皮脂の分泌を増やします!そのため、化粧水と乳液でしっかり保湿をして、肌の油分と水分のバランスを整えてあげることが必要です。

正しい化粧水の選び方

選び方1:有効成分配合

「オイリー肌」の方は、有効成分が配合された化粧水で効果が期待できます。「オイリー肌」に有効な成分として、「ビタミンC誘導体」と「保湿成分」が挙げられます。

リン酸アスコルビル酸やパルミチン酸リン酸アスコルビルと表記されている「ビタミンC誘導体」は、皮脂の分泌を抑えてくれたり、毛穴の開きを予防してくれる働きがあるといわれています。

そして、ヒアルロン酸やコラーゲン、セラミドといった「保湿成分」は、肌の乾燥を防いでくれたり、「オイリー肌」特有のインナードライ状態を防いでくれる働きがあるといわれています。この2つの成分を意識して選ぶといいですね。

選び方2:さっぱりタイプ

よく化粧水に明記されている「さっぱりタイプ」と「しっとりタイプ」。さて、一体どちらが「オイリー肌」に向いているでしょう?その答えは「さっぱりタイプ」です!これは皆さん、分かりやすい質問だったのではないですか。

肌の水分と油分のバランスを整えてくれる化粧水ですが、分泌される皮脂が多い「オイリー肌」には油分の少ないタイプが向いています。どうやって選べばいいのか分からないという方は、パッケージに「さっぱりタイプ」や「オイルフリー」と書かれているものを選びましょう。そのような化粧水を選んだら、あとは保湿のためにたっぷり肌に与えてあげてください。水分補給はとても大切なポイントです。

【選び方3】医薬部外品(薬用)

特にニキビで悩んでいる「オイリー肌」の方は、「医薬部外品」や「薬用」という表記のある化粧水がおすすめです。よく耳にする「医薬部外品」とは、医薬品のような効果や副作用はないですが、おだやかな薬理作用が認められた成分が配合されているものを指します。そして化粧品と違い、有効成分として成分名や効果効能を表示することもできます。

その中でも「ノンコメドジェニック製品」がおすすめです。ニキビになりにくいことを確認するテスト済みの製品のことで、ニキビ予防が期待できます。通常の化粧水をたっぷり与えても保湿は十分に可能ですが、ニキビができてしまうくらい皮脂の分泌が激しい「オイリー肌」の方は、皮脂分泌減少が期待できる成分を配合した「医薬部外品」がおすすめです。

正しい化粧水の使い方

洗顔後はすぐにつける!

「オイリー肌」の方は特に注意してほしいことですが、乾燥した洗顔後の肌には、保湿のために1秒でも早く化粧水をつけてあげましょう。本当ならば、浴室内の湿度が十分にある状態でつけるのが理想ですが、なかなか化粧水を持ってお風呂に入る方はいないかと思います。そこで、タオルドライをした後はすぐに化粧水を手に取り、肌のつっぱり感を感じてしまう前に化粧水を与えてください。

肌がつっぱる感じがするということは、すでに乾燥している状態です。洗顔後に感じるのであれば、もしかすると皮脂の洗いすぎかもしれません。少し成分の優しい石鹸に変えたり、ゴシゴシ洗いすぎないなど、洗顔方法にも少し気をつけてみてくださいね。

数回に分けてたっぷりつける!

一度にたくさんつけて終わるよりも、少しずつを数回に分けてつけるほうが効果はあがります。1回につける適量は、化粧水や肌の状態によって異なりますが、基本的に500円玉大くらいが目安です。

つける回数も肌の乾燥状態によって変えましょう。1回つけるごとに吸収スピードや保湿感を確かめ、足りないようであれば追加、もう大丈夫かなと思えばストップします。次から次へと与えるのではなく、1回1回きちんと染み込むまで、手の平で顔全体を軽く押さえながらつけましょう。

よく、パシャパシャと叩きながら化粧水をつける方がいますが、刺激を与えるよりも優しく包み込むように染み込ませてあげるほうがいいですよ。

コットンよりも手でつける!

化粧水はコットンを使ってつけていますか?直接手でつけていますか?おすすめは手でつけてあげることです。顔全体は手の平を使い優しく包み込むように、そして目の周りや小鼻などの細かい箇所は指先を使い、たっぷり化粧水を与えてあげます。

また、コットンパックは避けましょう。本来肌が持っている水分も奪ってしまい、逆に乾燥を招いてしまう可能性があります。手でつけるのは抵抗があるという方は、コットンにたっぷり化粧水を染み込ませてつけるのはOKですが、パックのように長時間肌に放置しておくのはおすすめしません。どうしてもパックしたいという方は、5分以上時間をかけないように気をつけてくださいね。

「オイリー肌」にも個人差はある!

一言で「オイリー肌」と言っても、その原因や状態は人それぞれさまざまです。

  • 「オイリー肌」の原因を知りましょう
  • 正しい化粧水の選び方を知りましょう
  • 正しい化粧水の使い方を知りましょう

毎日のスキンケアで少しでも改善されるのであれば試してみる価値あり!化粧水を上手に使い「ベタつかない肌」に近づきましょう。

  • Facebook
    シェア
  • Twitter
    ツイート
  • はてなブックマーク
    はてブ

1,014