公開日:2017/05/26  最終更新日:2017/06/06

オイリー肌の方必見!ファンデーションが崩れないメイク方法

オイリー肌で、いつも夕方にはファンデーションが崩れてしまうという方は、どんなファンデーションを使えばいいのか悩んでいるはず。そこで、オイリー肌におすすめのファンデーションを紹介。そして崩れにくくするためのメイク方法も紹介します。

オイリー肌におすすめのファンデーションは?

どんなタイプを使えばいいの?

ファンデーションを大まかに分けると、パウダータイプ、リキッドタイプ、クリームタイプ、ルースタイプの4タイプがあります。オイリー肌でメイクが崩れやすいという方は、どのタイプのファンデーションを使うのが1番いいのでしょうか?カバー力もあり化粧崩れもしにくいという理由で、リキッドタイプやクリームタイプを選ぶ方が多いかと思いますが、油分が多いので特にオイリー肌の方にはあまりおすすめできません。

しかし1番軽いつけ心地のルースタイプは、カバー力も弱く化粧崩れをしやすいので、こちらもあまりおすすめできないのです。そこで残ったのがパウダータイプです!さらりとした触感でノビもよく、化粧直しも簡単ということでおすすめと言えます。

オイリー肌には「ミネラルファンデ」

実は紹介した4種類の他に「ミネラルファンデ」というものがあります。この「ミネラルファンデ」は、パウダータイプの進化系とも言える存在で、オイリー肌の人に1番おすすめしたいタイプなのです。ミネラルファンデーションの特徴は、酸化チタン、酸化亜鉛、酸化鉄、マイカという、水分や油分を含まない天然の鉱物で成り立っているということです。肌に刺激となりやすいとされる成分が入っていないため、つけたまま眠れるというほど!つけ心地はとても軽く、石鹸で軽く洗うだけで落とせるものもあるので、皮脂を洗いすぎるという心配もありません。

それだと、ルースタイプと同じくカバー力もないのではと思うかもしれませんが、「ミネラルファンデ」はカバー力もバッチリ。軽いつけ心地でカバー力もある頼れる存在は、オイリー肌におすすめです。

コンシーラーはパウダータイプ

目の下のクマや顔のシミを隠すために、コンシーラーを使う方も多いはず。しかしオイリー肌の人は、コンシーラーを使った部分が浮いてきたり、よれたりする心配がありますよね。そんなオイリー肌の方には、油分の多いコンシーラーではなく、パウダータイプがおすすめ。

通常は、コンシーラーはファンデーションの前に使いますが、パウダータイプであればファンデーションを塗った後に使って大丈夫です。気になる部分に、小さな筆を使いのせてあげるようにつければOK。油分の多いスティックタイプコンシーラーを何度も重ねて隠した結果、時間が経つと浮いてしまい、反対に目立ってしまったという失敗もないので安心です。

メイク前に行いたい3つの下準備!

【準備1】洗顔石鹸を使い、乾燥予防

オイリー肌とひとことで言っても、その要因はさまざま。一見オイリーだと思っていても、実は乾燥による皮脂の過剰な分泌が原因かもしれません。そんな方に共通して言えるのが、皮脂の取りすぎ、いわゆる洗いすぎの可能性。現在、洗顔フォームを使って洗顔している方は、刺激の少ない洗顔石鹸に変えてみることをおすすめします。

多くの洗顔フォームには、食器洗いなどにも含まれている、合成界面活性剤という成分が配合されている場合が多いす。食器洗いをした時に、どんな油汚れもキュキュっと音がするほどキレイになりませんか?その成分が入っている洗顔フォームを使うと、皮脂だけでなく必要な保湿成分まで洗い流してしまう恐れがあります。合成界面活性剤の入っていない洗顔フォームか洗顔石鹸に変えて、洗いすぎないことを心がけましょう。

【準備2】徹底した保湿で潤いを!

洗いすぎないことを意識して洗顔した後は、しっかり保湿してあげましょう。オイリー肌にならないためには、このスキンケアがとても重要なのです。高価な化粧水ではなく、ドラッグストアで売られているような化粧水で構いません。その化粧水をたっぷり惜しみなく肌に与えてください。1回でたくさんの量をつけるのではなく、少量を数回に分けてつけるほうが効果的です。コットンよりも手の平で直接包み込むようにつけます。その際に手の平で顔を覆ったまま、数秒間キープしてあげるといいですよ。

そうしてたっぷりの化粧水を与えた後は、かならず乳液やクリームを塗りましょう。ベタベタしそうなので化粧水だけしかつけないというのは逆効果です。かならず最後は乳液かクリームでお肌に必要な水分と油分をとじ込めましょう。

【準備3】ティッシュオフの習慣を!

このままメイクを行う場合は、乳液やクリームを塗った後にかならず化粧下地を塗ってください。その際は、下地を塗る前に1度ティッシュオフする習慣をつけましょう。このまま就寝する際も同じく、軽くティッシュオフしてあげるといいですね。ティッシュオフすることで、余分な皮脂を取り除くことができます。そしてその後のメイクのもちも良くなります。

べたつくなと感じた時は、あぶらとり紙ではなくティッシュを使うように意識しましょう。あぶらとり紙で皮脂を取りすぎると、逆に皮脂の分泌を促す場合があります。ティッシュを1枚軽く肌にのせて押さえるだけで十分です。

オイリー肌のための正しいメイク術

【ポイント1】化粧下地は必ず使う!

オイリー肌だから、化粧下地もつけないほうがいいのではと思っている方も少なくないかもしれませんね。その考えは実は危険。本当は、きちんと化粧下地を使用することで肌とファンデーションが密着し、その結果化粧崩れしにくくなります。ファンデーションの密着効果、お肌の保護効果を期待できる化粧下地は必ずつけましょう。

オイリー肌の方は、油分が少ないもの、そして毛穴を塞ぐ成分が入っていないものを選ぶようにするといいですね。ファンデーションをキレイに仕上げてくれる下地を使うことで、化粧崩れを防ぐことができます。洗顔後のスキンケアが終わったら、必ず下地を使うようにしてください。

【ポイント2】スポンジは常に清潔に保つ!

コンパクト型パウダーファンデーションなど、最初からスポンジがセットされているものが多いですが、このスポンジを繰り返し使うのはおすすめしません。毎回使っているとスポンジにファンデーションや油分が付着し、その結果雑菌が繁殖します。

最近は、お手頃価格でスポンジ単品を購入することも可能ですので、自分で何個か替えを用意しておいてローテーションで使うか、使ったら洗ってローテーションするようにしましょう。スポンジをこまめに替えるということは、衛生面でも大切ですが、ファンデーションをキレイにつけるという意味でも大切なポイントです。清潔なスポンジでつけたファンデーションは崩れにくく、きれいに仕上がります。

【ポイント3】中心から外側に向かって伸ばす!

スポンジやブラシを使い、顔の中心から外側に向かって、くるくる回すようにつけます。スポンジを使ってつける際は、無駄に力を入れすぎず、軽くスライドさせるようにして、摩擦で肌に負担がかからないように気をつけましょう。

油分を吸収しやすいパウダーファンデーションは、ついつい多くつけてしまいがちですが、首との境目がはっきり分かってしまうので、その際はスポンジやブラシでぼかしてあげてください。また、あまりつけすぎると、皮脂が分泌した際によれやすくなり、化粧崩れの原因となります。どうしてもテカリが気になりそうという方は、最後にTゾーンのみ軽くルースパウダーをのせてあげるのがおすすめです。

日々のお手入れ方法から見直しを

表面的な部分だけを見てするメイク、実は間違っている可能性があります。

  • オイリー肌におすすめのファンデーション
  • オイリー肌のメイク前下準備は3つ
  • オイリー肌の正しいメイク術

ファンデーションがよれてしまって仕方ないという方は、ぜひ今回紹介したポイントを頭に入れて、暑い季節も快適に乗り切ってください。

  • Facebook
    シェア
  • Twitter
    ツイート
  • はてなブックマーク
    はてブ

1,387



ページのトップへ