公開日:2018/05/16 

カフェごはんのようなおしゃれな食事で北欧ダイエットはじめませんか?

日本人が大好きな和食というのは、外国から見てヘルシーで魅力的に見られているようです。しかしそれによく似た北欧の食文化も、どちらかというと似ていて、さらにダイエットにもなると評判になっています。

どんな方法で痩せられるのか、具体的なレシピと一緒にチェックしてみましょう。

この方法は北欧の伝統的な食事を食べるだけのダイエット

とにかく食事をいかにヘルシーにできるかが、ひとつのポイントになります。しかしどんなものを選べばいいのか、わからない人も多いでしょう。

そんな人こそ北欧料理を食べる、この方法を使ってみてください。どんなものか具体的に見てみることにしましょう。

こだわりがあるから痩せられる!ヘルシーなものを食べる!

基本的にこの方法は、食事の見直しをすることから始めます。どんなものにするのかというと、健康にいいとされているものを中心に、使う食材を決めていくんです。

健康的とはどんなもの?と思うでしょうが、これは栄養科学をもとに、食べていいものを絞っていきます。

積極的に食べていいものの一例をあげると果物系や野菜はもちろんのこと、日本でも健康ブームで話題になっている全粒粉を使ったものや魚類は、この方法で使えるでしょう。

北欧と耳にするとおしゃれなイメージですが、医療が発達している場所でもあるので、健康に関しては意識が高くなっています。

それを見習って変えていくと、自然とヘルシーな食事に変えられて、痩せられるようになるわけです。

ちなみにお肉類は食べられないのか少し不安に思うかもしれませんが、たんぱく質も大切な栄養ととらえられているので、脂肪が少なめの鶏肉は食べてもかまいません。

しかしあまり積極的に食べるものではないので、どちらかというと頻繁に食べるものではないという考えで使うようにしましょう。

砂糖などとにかく健康に悪いものは避ける!

では逆に北欧ではおすすめされていない、避けるべき食べものはどんなものか気になるところです。

これは日本でもあまり食べないほうがいいとされているものが多く、砂糖がたっぷりのお菓子や、添加物類も食べてはいけません。

そして鶏肉以外の豚肉や牛肉などの赤身肉も、なるべくやめておきましょう。これは脂肪分が入っているからで、北欧ダイエットでは基本的にNGです。

加工されたお肉もダメで、ハムやベーコンもやめておいてください。加工されているものは、内臓に負担がかかって代謝を悪くさせるからです。

不健康になるものは、体に負担がかかってしまうため、ダイエットに向いていないという考えが大切になります。

基本的に和食と似ている?魚や野菜をメインにするといい!

このような内容を見てみると、どこか日本食に似ているところがないでしょうか?日本人に親しみが深い和食は、魚を中心に野菜メインのレシピが多くて北欧と似ています。

お肉メインのものもありますが、使う機会は少なめで、それがダイエットにもつながっているわけです。

北欧料理でも魚や野菜をメインにできており、それに加えてチーズやヨーグルトも使えるので、現代の若者が好むものが食べられます。見た目が洋食になることで、若い女性にはうれしい方法といっていいでしょう。

北欧ダイエットで試して欲しい北欧レシピ

使っているものは日本の食事に似ていますが、よく見ると洋食になっているのが、この北欧料理の特徴です。つまり食材はヘルシーなので、痩せられるレシピとして相性がいいでしょう。

しかもおしゃれに見える料理なので、写真映えもして楽しみながらダイエットができてしまいます。そんなレシピを紹介するので、やってみてください。続けやすくするために、簡単なレシピに絞ってみました。

和食でもよく見る鮭を洋風にアレンジ!ヨーグルト漬けサーモン

北欧といえば鮭をよく使うのですが、日本人にも親しみが深いものなので、ダイエットに取り入れやすいレシピのひとつです。

それを普通に焼くのではなく、洋食にするのが北欧料理になるので、ヨーグルトを使います。もちろんハーブ類を使ってもいいので、それはお好みで追加しましょう。

  • 乾燥バジル
  • オリーブオイル
  • ヨーグルト
  1. 鮭に乾燥バジルをつけていく
  2. 保存容器に塩とヨーグルトを入れる
  3. その中に鮭を染みこませて、1晩放置する
  4. オリーブオイルをフライパンでのばして、鮭を焼いて完成

体の内側から温まる!きのこがたっぷりのクリームスープ

とにかくダイエットでポイントとなるのが、いかに脂肪を少なくできるかです。運動でそれもできますが、レシピで活用するなら温かいものがちょうどいいでしょう。

そこで北欧でよく作られる、クリームスープを作ってみてください。味に差をつけるために、独特のローレルを使うと日本にはないものになるので、調達してきましょう。

  • ローレル
  • 玉ねぎ
  • 牛乳
  • 薄力粉
  • しめじ
  • しいたけ
  • バター
  • コンソメ
  • 黒コショウ
  • マッシュルーム
  1. バターを用意して鍋で溶かしたら、ローレルを入れて玉ねぎを炒める
  2. そこにキノコ類を入れて、バターが絡まるまで、再び炒める
  3. 火を弱火にして、薄力粉を投入
  4. 1分火にかけたら、火を止めて牛乳と水を混ぜたものを、少しずつ入れる
  5. コンソメを入れて、トロトロになるまで煮こむ
  6. 塩と黒コショウで味付けをして完成

たまにはお肉も食べたくなる!チキンステーキ

さすがに魚や野菜ばかりになると飽きてくる時期が来るので、この方法で唯一使える鶏肉を使って、マンネリを少なくさせましょう。もちろん脂身を少なくするのがポイントなので、そのあたりもよく見て使ってください。

油は基本的にオリーブオイルではなく、菜種油やキャノーラ油を使うといいでしょう。

  • 鳥もも肉
  • にんにく
  • ディル
  • 菜種油
  • クレイジーソルト
  • 好みの野菜
  1. お肉を酒につけて数分放置
  2. 水分をふき取ったら、ディルとクレイジーソルトをお肉に付ける
  3. 野菜をカットして食べやすくする
  4. 菜種油をフライパンにしいて、にんにくを投入
  5. お肉と野菜を入れて、しっかり焼けたら完成

食べる事を我慢せずにほっこりした気分になれる北欧ダイエット

無理に食事をぬくことがないこの方法は、ストレスを感じずに痩せられて、人気を呼んでいます。しかも日本よりも北に位置する北欧は、その気候のせいか体が温まる料理が多いんです。

代謝をあげられるので、ダイエットとしてちょうどいいでしょう。

基本的にヘルシーな食材を中心に食べて、お肉や砂糖など体に悪いといわれているものは避けるべきとされています。

健康的に痩せられて、見た目もおしゃれに作れてしまうので、若い女性はやってみてください。写真映えしてSNSでも利用できるでしょう。

  • Facebook
    シェア
  • Twitter
    ツイート
  • はてなブックマーク
    はてブ

446



ページのトップへ