公開日:2017/10/20 

乳首をピンクに!黒ずみ解消法

乳首の黒ずみ解消アイテム!美白クリームとボディーソープの効果

自分で出来る黒ずみ解消!美白アイテムでピンク色の乳首に

乳首の黒ずみの解消方法として、皮膚科等のクリニックで手術をしたり、処置してもらうという選択肢があります。ですが、そこでネックになるのが、担当医に見られたり触られたりするということ。医者とはいえ、デリケートな部分なので抵抗があるものです。治療費が高く、通院するのも面倒というデメリットもあります。

もっと気軽に、なおかつ効果も期待できる方法として、乳首の黒ずみを治したい方にオススメなのが、美白アイテムの使用です。自宅で使用でき、口コミでも効果を実感している方が多数います。

美白クリームとボディーソープの効果と特徴

代表的な物として、肌を白くする美白クリームやボディソープ等の石鹸があります。では、それぞれの特徴を見ていきましょう。

美白クリーム

まずは美白クリームからですが、そもそも乳首の黒ずみはメラニン色素の沈着が原因です。加齢や摩擦、生まれつきはなかなか改善されないと言われてきました。しかし、最近の治療法では効果がある美白クリームが登場しました。

そのクリームの特徴は、トレチノインとハイドロキノンの2種類で、皮膚科や美容形成外科などでも使用されている色素沈着に効果のあるものです。トレチノインとハイドロキノンを使う事によって薬剤が表皮の深い層へ働きかけメラニン色素を薄くしていきます。実際に使った人は、約1ヶ月でほんのりピンクになり、2ヶ月くらいにはしっかりとした効果を実感している人が多いです。
おすすめの美白クリームはコチラ>> 乳首の黒ずみスッキリ解消|乳首をピンクにする方法

ボディーソープ

ボディーソープでも乳首の色素のケアは可能です。では、ボディーソープの特徴は、乳りんの古くなった角質を除去し、毛穴の汚れを取り除くと肌のターンオーバーをする事ができます。そして、どんどん生まれた頃のようにキレイな角質が表面に出てくるのです。

そして、乳首の肌深部にあるメラニンも肌が表面に押し出されやがて排出していきます。さらに、専用のボディーソープですとこの効果がさらに上がります。また、実際に使った人の口コミでも徐々に黒ずみが消えていったと評判も良いです。

日頃からケアする習慣が大事!

いくら効果のあるクリームやボディーソープを使ったとしても、たまに塗るだけでは効果がありません。クリームやボディーソープもたくさんの種類があるので、自分にあったものを使う事が大事です。ですが、どれも日ごろから毎日ケアすることが改善する秘訣。こまめにケアしていきましょう。

乳首の黒ずみは日ごろの生活や、ケアである程度改善する事が出来るので、毎日大変でも続けていきましょう。このように、乳首の黒ずみで悩んでいる人がいたら、ケア商品で改善していくと良いです。是非試してみてください。

ヨーグルトは乳首の黒ずみにオススメ?ホエーパックの効果検証

ヨーグルトで美白!ホエーが黒ずみ解消に効果がある理由

乳首の黒ずみで悩んでいる女性はすごくたくさんいるのですが、実はホエーという成分で改善する事が出来ます。ホエーとはヨーグルトを食べるときに上に浮いてる液体の事で、邪魔だからと捨ててしまう人もいます。ですが、この成分は乳首の黒ずみを改善するにの使える大事なものなのです。捨てないようにしましょう。このホエーは、なぜ黒ずみの解消に効果があるのでしょうか?

ホエーを使ったパックの方法

ホエーをパックにして美白ケアが出来るので、これを使った乳首の黒ずみを解消する方法を紹介します。

まず、ヨーグルトのホエーだけ取り出します。そして、ホエーをコットンに浸し、乳液にコットンを巻きつける上からラップで密着させ、5分から10分置いてからよく洗い流します。これだけで、黒ずみが解消されるので、ぜひ試してみる事をオススメします。
ホエーなら本来捨てるはずのヨーグルトの液体を取っておけばいいので、ヨーグルトをしょっちゅう食べるという人にはすごく便利な方法です。

本気で治したいならホエーはおすすめしない理由

このように、ヨーグルトに含まれている成分で、乳首の黒ずみが改善する事が分かってきました。しかし、すべての人がヨーグルトを食べるわけではありませんので、ホエーのために食べないヨーグルトを買うのはもったいありません。美白効果も期待できますが、あくまで補助的なものと考えたほうがよさそうです。この方法をメインとした場合、効果にがっかりしてしまうかもしれません。

本気で黒ずみの解消を考えている人は、乳首用の専用アイテムでケアするのがベストでしょう。本来、乳首の黒ずみを治したければ、乳首用のクリームを塗る必要があるのですが、効果なりの価格は覚悟しなければなりません。そこまでお金をかける気もなく、ヨーグルトを日常的に食べている方には、ホエーパックはおすすめ。ですが、本気の方は専用のアイテムを使用しましょう。もしくは両方を併用して、更に効果アップを目指してもよいですね。

生活習慣を改善して乳首をピンクにする方法って?

普段の生活から実践できる乳首の黒ずみ解消法

乳首の黒ずみで悩んでいる人は多いのですが、美白ケアや治療をする前にできることがあります。それは生活習慣の改善です。黒ずみの原因は様々ですが、不摂生な生活は黒ずみにも大きな影響があるのです。普段の生活を見直し、肌のターンオーバーを正常に戻してあげることが大事です。そうすることによって、黒ずみが良くなる可能性がありますので紹介します。

乳首の黒ずみで注意したい3つの生活習慣

  • 体に合ったブラをつけ乳首への刺激を減らす
  • まず、体に合ったブラをつけ乳首への刺激を減らす事も大切です。体に合わないブラを付けていると知らないうちに必要以上に刺激を与えています。例えば、ブラが小さいサイズのブラだと押し付けられてしてしまいますし、ブラが大きいと胸がカップの中で揺れてすれてしまいます。ですので、胸の大きさをきちんと測ってもらって体に合うブラをつけると良いです。

  • ホルモンバランスを整える
  • ホルモンバランスか乱れるのも大きな原因になるので、整える事で黒ずみが改善されます。ホルモンバランスを整えるには、ストレスや不規則な生活、睡眠不足などで簡単に乱れてしまいます。ですので、体を動かしてストレスを解消したり、睡眠をきちんと取ったり、改善をしていきましょう。仕事でどうしても不規則な生活になってしまう人は、休みの日だけでも気をつけるだけでも違います。

  • バランスの良い食生活を心掛ける
  • 食生活も大きな原因と言われています。まずは、一番大切なのはバランスのとれた食事をする事が大切なのですが、乳首の黒ずみに効果的な食べ物があります。まず、メラニン色素の生成を防ぎ、コラーゲンの生成を働きがあるビタミンCです。また、新陳代謝を促して、肌のターンオーバーを促進してくれるビタミンEも取ると良いです。健康的な肌を手に入れるためには、脂肪や糖質の取りすぎに注意する事も必要です。

日常生活の少しの注意から黒ずみ解消へ

このように、普段の生活習慣に気をつければ、乳首の黒ずみを少しでも改善できます。本人が気づかないうちに黒くなる原因を作っている場合もあるので是非参考にしてみてください。また、洗い方も大事で乳首が黒いからといってゴシゴシ洗うのはよくありません。

過剰なゴシゴシが刺激となり、黒ずみの原因になってしまうので洗うときはきめ細かい泡で優しく洗うことがポイントです。乳首がピンクになりたい人は出来るだけ生活を改善して行く事をオススメします。

トレチノインとハイドロキノンは乳首の黒ずみ解消に効果的?

トレチノインとハイドロキノンとはどんなもの?その特徴

トレチノインとは、シミやシワ、ニキビの効果のある塗り薬になっています。肌の角質をはがす効果があり、その上で、皮脂の過剰分泌を抑え、コラーゲンを増やす効果を期待する事ができる事から、効果があると言われているのです。

ハイドロキノンにおいては、非常に強い漂泊作用を持っている塗り薬になっています。その為、肌の漂白剤とも言われており、シミや黒ずみを消してくれる効果を期待する事が可能になっています。

これら2つの薬においては、基本的に医師の指導の下で使用する事が望ましい、非常に強い薬になっています。 その為、個人の判断ではなく医師の判断の上、使用する事でトラブルなどを起こすことなく使用する事ができる薬になっています。

乳首の黒ずみに使用した場合の効果

乳首の黒ずみの原因は、主に体内で自然に生成されたメラニンと言う色素成分の沈着によるものになってきます。その為、乳首の黒ずみが気になる場合、肌の角質をはがす効果があるトレチノインの使用や、漂泊成分の高いハイドロキノンの使用が効果的だと言われています。

その為、黒ずみの解消において、よく使用されているのがトレチノインとハイドロキノンです。
トレチノインの場合、使い方の注意としては、皮膚炎の発症があります。それでは、せっかくの黒ずみ対策に使用しても、また、新たな黒ずみを作りかねません。その為、ハイドロキノンの方が効果を期待する事ができるとも言われていますが、この場合も過剰に塗ってしまうと危険です。その為、自分の肌の様子を確認しながら使用する事で、皮膚炎などを起こすことなく、乳首の黒ずみ除去を成功させる事も可能になってきます。
しかし、ハイドロキノンの場合、効果を実感する為には、長期的な使用が必要です。

皮膚科で治療する場合と自分でする場合の違い

トレチノインとハイドロキノンを使用し、皮膚科で治療する場合と自分でする場合の大きな違いは2つ。

まず、1つ目が医師の指導の下で行う事ができるかの有無になってきます。トレチノインとハイドロキノン両方、非常に強い塗り薬になっています。塗り薬の場合、軽視しやすい部分もありますが、誤った使い方を行う事で、肌に大きな傷跡を残してしまう事も考えられるのです。

そして、もう一つが費用の違いについてです。皮膚科に受診した場合、もちろん、診察費用が薬代に加算される事になります。反対に個人輸入などで薬を手に入れた場合、この診察費用は必要なくなってきます。その為、費用の事を考えた場合、皮膚科に行かない方が治療費を抑える事ができると言う事になってくるのです。安全性を取るか、費用をとるか、よく考えて決めましょう。

  • Facebook
    シェア
  • Twitter
    ツイート
  • はてなブックマーク
    はてブ

53