公開日:2017/09/20  最終更新日:2017/12/01

ニードル脱毛は針や電気を使うから痛いってホント?その施術方法に迫る!

現在の医療脱毛ではレーザー脱毛が主流です。しかし、このレーザー脱毛が広まる前から存在していた、ニードル脱毛(針・電気)の存在をご存じでしょうか?1980年代までは、このニードル脱毛が主流の脱毛方法でした。昔の脱毛は高額で時間がかかるというイメージがありますが、実際はどのようなものなのでしょうか?

そこで今回は、ニードル脱毛(針・電気)の施術方法と効果についてご紹介します。

ニードル脱毛は針と電気を使った脱毛方法

ニードル脱毛とは、毛穴に針を刺して直接毛母細胞に電気を流し込み、毛根を破壊していく脱毛方法です。ただし、毛穴に針を刺すため痛みを伴い、人によってはかなりの痛みを感じる場合もあります。1つ1つの毛穴に針を刺し施術していくため効果は高いのですが、時間が掛かるのも特徴です。
フラッシュ脱毛や光脱毛の痛みは一瞬でおわりますが、ニードル脱毛の場合は針を刺して10秒程度電気を流すため、長時間痛みを感じなければなりません。もちろん施術部分は冷やしてもらえますが、炎症を伴うこともあります。

また、ニードル脱毛は毛穴から毛の生えている場所に針を刺すため、毛を生やした状態で施術することも特徴です。針は1本1本使い捨てになるため、施術費用も毛1本単位で価格が決められています。店舗によって異なりますが、1本130円~500円程度掛かるため、決して安価とは言えません。

現在ニードル脱毛は、おおまかにブレンド法とショートウェーブ法の2種類の方法があります。ブレンド法は高周波と電気を組み合わせた施術方法。ショートウェーブ法はブレンドよりも電気を流す時間が短く、現在主流の施術方法となっています。

ニードル脱毛の効果

ニードル脱毛は毛根1つ1つを破壊していく施術のため、永久脱毛にかなり近い形の施術と言えます。施術後すぐに抜ける毛もありますが、ほとんどは毛が抜け落ちてくるまでに1~2週間の時間が必要です。しかし、次の毛が生えてくるまでに2カ月ほどかかることもあり、すぐに効果を得たい方にはうれしい施術と言えるでしょう。
1本1本毛の生えている場所に針を刺していくため、レーザーやフラッシュのように機械の当て漏れなく施術が受けられます。しかし、施術者の技量も必要になるため、未熟な医師の施術だと痛みが強く時間もかかる場合があるようです。

ニードル脱毛のメリット・デメリットとは

効果が高い反面痛みや時間を伴うニードル手術ですが、レーザーやフラッシュでは脱毛できない施術も可能と言われています。上記にあるように、ニードル脱毛のメリットといえば、永久脱毛に近い脱毛ができることや施術漏れが少ないことなどが挙げられます。
反対にデメリットはやはり、施術時間や費用面、そしてかなりの痛みを感じる点でしょう。麻酔を導入しているクリニックもあるため、そこで麻酔をしてもらえれば緩和はされます。
それでは、ニードル脱毛のメリット・デメリットを詳しく見ていきましょう。

メリット

ニードル脱毛では、フラッシュやレーザー脱毛では施術のできない色素沈着している部分にも施術が可能です。フラッシュやレーザー脱毛ではホクロやシミやアザは施術できませんが、そういった部分の施術を受けたいという方にニードル脱毛はおすすめです。

光を当てる施術とは異なり、日焼けをした肌やもともと肌の濃い方でも施術が可能です。また、毛穴に針を刺して施術をするため、他の脱毛では難しいと言われる産毛にも効果があります。さらに、肌が荒れている部分やアトピー性皮膚炎にもニードル脱毛であれば施術可能です。

フラッシュやレーザー脱毛は、上記の条件に当てはまる場合は施術不可能です。または避けて施術しなければなりませんが、ニードル脱毛では上記に書かれていることに関わらず施術が受けられるため、肌質を選ばない脱毛法と言えます。

デメリット

ニードル脱毛は、毛を2mm~2cmほど伸ばさなければ施術ができません。毛を生やしておかなくてはならない、肌の露出が多い夏場の施術は避けたほうが良さそうです。

また、施術を受けた日は施術した箇所がポツポツと赤くなってしまったり、炎症を起こしたりすることもあるため、肌が落ち着くまで施術箇所を露出しづらくなってしまいます。

1番のデメリットは、費用が非常に高くつくため、全身脱毛には向いていないことです。全身で脱毛しようとすると、100万円近くかかってしまいます。

施術や針の代金以外にも、クリニックによっては麻酔代金や血液検査をする必要があるため、費用がさらに追加されることが予想されます。やはり、ニードル脱毛は経済的余裕がないと受けにくいのが実情と言えるでしょう。

ニードル脱毛は自分に合っている?

今回は、ニードル脱毛(針・電気)の施術方法と効果についてご紹介しました。ニードル脱毛は、痛みを伴うかわりに効果はしっかりと実感できることが分かりました。しかし全身脱毛となると、痛みを我慢できるか施術された方次第ですし、それなりの時間と費用も必要です。近年は安価に全身脱毛ができるため、ニードル脱毛はどちらかというと部分的な脱毛に向いているでしょう。

どうしても永久的に脱毛したい箇所や、レーザーやフラッシュでは効果を得られなかった部分、施術の受けられない部分にはニードル脱毛をおすすめします。

  • Facebook
    シェア
  • Twitter
    ツイート
  • はてなブックマーク
    はてブ

2,572



ページのトップへ