公開日:2017/06/15  最終更新日:2017/09/06

ネイルを長持ちさせたい!マニキュアを長く楽しむ方法とは

せっかく時間をかけて綺麗にネイルを塗っても、すぐにはがれてしまうというお悩みはありませんか?できることなら1週間以上はキレイな状態のマニキュアを楽しみたいものですよね。今回は、マニキュアを長持ちさせる方法についてご紹介します!

ネイルを長持ちさせるための基本を知ろう!

爪のベースを整えるのが長持ちのポイント

ネイルの土台となる爪のベースを整えることがネイルを長持ちさせるポイントです。爪にでこぼこがあると空気が入ってネイルが崩れやすくなりますので、バッフィングをして爪の表面のでこぼこを少しでもなくすようにしましょう。

次に、オイルや汗などが爪に残らないようにリムーバーで拭き取ります。消毒用アルコールや消毒除菌スプレーを使って表面の汚れを完全に取り除くと、さらに長持ちさせることができます。

爪を整えたらいよいよベースを塗るのですが、実はベースの前にワンステップ別のものを塗るとネイルをさらに長持ちさせることができます。

ベースの前に塗ると良いもの、それは「お酢」です。コットンに酢を浸して爪に塗り、完全に乾いてからベースを塗ります。ただ、それだけの方法でネイルの持ちが変わってきます。

ベースコートとトップコートを正しく使用する

マニキュアをきれいに長持ちさせるためには、ベースコートで土台を整えたり、トップコートでマニキュアのカラーを落ちにくくしたりするなどの工夫が必要です。でも、ベースコートとトップコート、透明マニキュアの役割を混同して使ってしまっている方が意外と多いのも事実です。

実は、ベースコートとトップコート、透明マニキュアは違うものです。ベースコートの代わりにトップコートや透明マニキュアを使用すると、それぞれが本来の役割を果たすことができません。きちんとそれぞれの目的に合ったアイテムを用いるようにしましょう。

ただし、荷物が限定される旅行先などでは、ベースコートの代わりにトップコートを塗る程度なら許容範囲といえます。何も塗らないよりは、ずっと持ちがよくなるでしょう。

ポリッシュをきちんと塗るようにしよう

カラーポリッシュを塗るときは、エッジと言われる爪の縁の裏側にもきちんと塗るようにしましょう。エッジを塗らない状態というのは、ポリッシュがただ上に乗っているだけの状態です。

例えるなら、爪とポリッシュの2枚の紙が重なっているようなもので、2枚の間に隙間ができてはがれやすいのです。ラメ入りポリッシュを爪の先に塗って、フレンチネイルのような雰囲気に仕上げても素敵です。

爪の先だけマニキュアがはがれてきたときに、その部分にラメ入りポリッシュをのせてフレンチネイルのように仕上げても、また気分新たに楽しめます。

ラメ入りのポリッシュは比較的長持ちするため、爪の先を壊れにくくするという効果も期待できます。かわいらしさを表現しながら、ゴージャスな感じも楽しめるため、おすすめです。

マニキュアを塗るときのちょっとしたアイデア

硬くなったマニキュアを塗りやすくするには?

古くなって固まったマニキュアを塗りやすくするため、リムーバーをマニキュアに混ぜて使用することがあります。しかし、リムーバーをマニキュアに混ぜても、マニキュアを一時的に使えるようにするだけです。

数回の使用が限界で、それ以上使用すると、リムーバーによって爪の乾燥を促進したり、爪にダメージを与えたりする恐れがあります。マニキュアの持ちも悪くなるので、あまりおすすめの方法ではありません。

固まったマニキュアを薄め、使いやすくするためには、「目薬」を用います。目薬なら目に入れても大丈夫なくらいソフトなマテリアルですから、爪を痛める心配がなく安心して使用できます。

マニキュアは薄く、重ね塗りが長持ちのコツ

マニキュアは何度かに分けて塗ると長持ちします。薄く2~3回重ね塗りすると、トップコートを塗ったマニキュアと同様の状態になり長持ちします。

また、薄く塗ることで乾きが速くなるため、爪を10本塗り終わったころには最初に塗った爪がすでに乾いている状態に。そのまま続けて2度塗りを始められます。

マニキュアの仕上げにはトップコートを塗りますが、仕上げとして次の日にもう1度トップコートを塗ります。そうすると長持ち度が全く変わってきます。

2日に1度のペースでトップコートを塗りなおすことで、マニキュアを長い時間楽しめるようになるでしょう。トップコートは何度塗っても大丈夫です。むしろ何度でも塗ってマニキュアを持続させることが大切です。

マニキュアは端から端まで塗るのが長持ちのコツ

マニキュアを塗るときに、爪からはみ出してしまうからと爪の真ん中だけを塗ってしまうことはありませんか?実は、それはマニキュアが取れやすい状態です。

マニキュアを塗る時、筆の角度をつけすぎると、筆に力が入りすぎて均等に塗れません。ポイントはマニキュアの筆先を爪と平行にして、爪の隅々まできちんと塗ること。爪の端にマニキュアが塗られていないと、そこからポリッシュが浮き上がって剥げやすくなります。

もし、爪からマニキュアがはみ出してしまったら、小さく割いたコットンをリムーバーに浸し、それを爪楊枝の先につけて取り除きます。古いアイライナーの筆を利用するとさらに細かいリペアができます。何よりも大事なのはポリッシュが乾いてしまう前に、速攻で修正することです。

マニキュアを長持ちさせるための日々の工夫

手入れをきちんとするのが長持ちの方法

乾燥した爪に塗ったマニキュアは、はがれるのが早いと言われています。爪も皮膚の一部なので、爪だけが独立して乾燥するわけではありません。爪が乾燥するというのは、手が乾燥しているからなので、日頃のお手入れが大事です。

1日ケアしただけで劇的に変わるわけではありませんが、いつも丁寧な手入れを心がけるようにしましょう。リムーバーでマニキュアをオフしたときは、石けんでしっかりリムーバー液を落とし、よく乾かしてからハンドクリームを塗ると良いでしょう。

「よく乾かす」というのもポイントのひとつです。手を濡れたままで放置すると、乾燥の原因になります。爪だけに潤いを与えたい時は、ネイル用オイルの使用がおすすめです。

家事は手袋を使ってしよう!

日常生活の中には、ネイルが取れやすくなる要因が色々あります。掃除・洗濯、パソコンやスマートフォンの使用など、1日を通して手は常に使用するものです。

とくにマニキュアが取れやすい掃除や洗濯、食器洗いなどの家事をするときは、必ず手袋をはめるようにしましょう。それだけでもずいぶん持ちが違います。

普段の生活で爪を保護するには、爪の部分だけ少し厚くなった特殊な手袋などを用いるのもおすすめです。洗い物や掃除などで爪へのダメージが心配な時は、しっかりケアをしておきましょう。

爪にネイル用オイルなどを塗って、ケアを行うのがおすすめです。爪そのものが元気だとマニキュアも長持ちします。

マニキュアを長持ちさせることのメリット

マニキュアを長持ちさせると面倒な塗り直しの手間が省けるだけでなく、爪の健康を保てるというメリットもあります。長期間マニキュアを長持ちさせることでリムーバーを使用する回数が減りますので、その分爪へのダメージを抑えることができるのです。

リムーバーは爪を痛める大きな要因となりかねません。リムーバーを使いすぎると爪が乾燥して、折れやすくなってしまうこともあります。

爪のダメージが減れば、さらにまた、ネイルが長持ちするというメリットにも繋がっていきます。マニキュアを長持ちさせる努力は、爪を健康で美しくするための努力でもあるといえるでしょう。

ネイルを長持ちさせて1週間以上楽しむ方法

  • マニキュアを塗る前に、爪に残るオイルや汗などを拭き取る
  • マニキュアは薄く何度も塗る
  • トップコートは何度塗っても良い
  • 手入れをして爪を健康に保つことが長持ちのポイント

ネイルを長持ちさせるために、以上の方法を試してみて下さい!

  • Facebook
    シェア
  • Twitter
    ツイート
  • はてなブックマーク
    はてブ

1,643



ページのトップへ