公開日:2018/04/12  最終更新日:2018/08/27

ながらダイエットは続けやすい?ズボラさんにもオススメの部分痩せ

「ズボラな性格だからダイエットが続かない」と諦めていませんか?

『ながらダイエット』は文字通り何かをやり『ながら』行うことができる続けやすくて効果的なダイエット法のことです。多くの人が望む部分痩せを中心に紹介します。

ながらダイエットとは?

「ダイエットをしたいけれど、いつも3日坊主で、気がづけばソファーにごろり、テレビを見ながらウトウト…。」そんな自分に嫌気がさし、ついつい食べ過ぎてしまうという悪循環にハマってしまいます。

そんな時は、テレビを見ながらでも、料理をしながらでも、はたまた食べながらでも行える『ながらダイエット』へ切り替えてみましょう。

ながらダイエットは、毎日なにげなく行っていることと同時進行でできる、画期的なダイエット法です。

ながらダイエットがオススメの理由

ダイエットを成功させるには、なによりも『継続』が大切です。無理な食事制限や急激な激しい運動は、一時的になら体重を落とせるかもしれませんが、健康被害が出る可能性が大きく、なにより続けていくことができません。

ながらダイエットは、始めたからといってすぐに劇的に痩せるものではありません。

しかし、毎日の生活でダイエットを意識して動くことで、自然に続けていくことができます。苦痛を感じることなく、健康的にダイエット実績が積み重なっていくという理想的な方法なのです。

ながらダイエットで腹筋を鍛える方法

多くの人が悩むお腹の脂肪を落とすために、腹筋をしたいと思っていても、辛くて続かなかったという苦い経験をしていませんか?腹筋を鍛えるのも『ながら』なら続けられるかもしれませんよ。

テレビをみながらエクササイズ

何もない部屋で、地味に腹筋をしているのでは苦行感が高まります。そんな時は、テレビをみながら腹筋を鍛えてしまいましょう。

腹筋の前の部分だけでなく、横の部分も鍛えることができれば、ぽっちゃりお腹だけでなくクビレ対策にもなります。

  1. 体育座りの状態で上半身を後ろに倒し気味にし、手はお尻の横に付く
  2. 脚を片方ずつ、下方にペダルを踏むようにして伸ばし、曲げている方の脚は胸に引き寄せる
  3. 1.2を10~30回ほど繰り返す
  4. 1の状態に戻り、膝を付けた状態で骨盤を左右に5~10回ほどひねる
  5. 1~4を数セット繰り返す

エクササイズグッズのながらウォークを活用

『ながらウォーク』は、床に置いて座って3分間ゆらゆらするだけで、『骨盤のゆがみを整えてくれるダイエットグッズ』です。前後・左右・8の字などに動くことによって、腹筋が鍛えられます。

ヒップフィットクッションが腰をしっかりと支えてくれるので、自然に骨盤が立ち、インナーマッスルの強化にもつながります。

自力での動きに自信がない人は、コンパクトで邪魔にならない『ながらウォーク』を、テレビ鑑賞や読書のお供にしてしまいましょう。

ながらダイエットで太ももを鍛える方法

普通に歩いているだけでは、ほとんど鍛えることができないと言われているのが『太もも』です。太ももは、多くの筋肉が集まった部分なので、ぜひ鍛えましょう。

椅子に座りながらエクササイズ

太ももを鍛えるなら立ってではなく、あえて座った状態でエクササイズを行うことで、次のようなメリットがあります。

  • 安定感があるので上半身のブレが起きにくい
  • 下半身にのみ集中して行える

いずれも間違ったフォームで行うと筋肉を傷めてしまいます。姿勢に気を付けましょう。

太ももの前側に効くエクササイズ
大殿四頭筋と呼ばれる太ももの前側を鍛えるエクササイズです。

  1. 椅子に腰かける
  2. 膝を両手で抑えた状態で片足を浮かせる
  3. 膝下をしっかり伸ばし上に上げる

目標回数は左右各15~20回を2~3セットですが、無理のないように行いましょう。

内転筋に効くエクササイズ
太ももの内側の筋肉である内転筋を鍛えるエクササイズです。

  1. つま先を平行に揃えて椅子に座る
  2. 膝の間にドリンクの入った状態のペットボトルを挟む
  3. 潰すようにギューッと力を入れて15秒ほどキープ
  4. 2~3を3セット繰り返す

美脚の要は内転筋です。女性の憧れ、少し隙間の空く内太ももを目指しましょう。

ながらダイエットで脚を鍛える方法

太ももの引き締めもよいけれど、脚全体を鍛えたい人に、おすすめのながらダイエットがあります。ゆったりとした動きですが、やり終わるころには脚全体がポカポカしてきます。

ヨガの要素を取り入れた動きなので、リラックス効果も期待できます。

布団に寝ながらエクササイズ

ダイエットの概念を大きく覆す、布団に寝ながらできるエクササイズを2つ紹介します。まずは、『太ももほっそりカエルのポーズ』からトライしてみましょう。

  1. うつぶせに寝る
  2. 足を上げて手で持ち引き寄せる
  3. お腹を床に押し付けて上体を持ち上げる
  4. 太ももは床に付けておく

これを5セットほど繰り返します。太ももに効いてる!と感じるでしょう。無理のないように行いましょう。

次は、下半身のむくみを取りたい人におすすめの『脚痩せベッドヨガ』です。

  1. 仰向けに寝て、足の裏を合わせる(ひし形を作るように)
  2. 息を吸いながら腰を上げていく。背中や首まで無理のないように。
  3. かかと同士を押し合う
  4. 首・背骨・お尻の順に下ろしていく

これを5セットほと繰り返します。

ながらダイエットに有効な運動器具

ながらダイエットは普段の生活の中で、何かをしながらできる運動が中心になります。

しかし、もっと筋肉を鍛えたいという人や、自分だけのながら運動が続きにくい人、見た目に大きく変化を感じたい場合には『運動器具』の力を借りてみるのもおすすめです。

スレンダートーン

元日本プロサッカー選手の城彰二さんが、スリムで引き締まった腹筋を取り戻したことでも知られる『スレンダートーン』は、ながらダイエットの代表格と言える運動器具です。無理な運動も食事制限もいりません。

スレンダートーンをお腹に巻いて、『EMS』という低周波シグナルを筋肉に送ることができるため、腹筋を数百回したのと同じ状態になれます。

50年以上に渡って医療、理学療法の分野で活躍してきたBMR社が開発したダイエット器具なので安全性も確かです。

スクワットマジック

『スクワットマジック』は筋トレの王様とも呼ばれる、スクワットの補助器具です。

スクワットを行うと下半身の筋肉が鍛えられ、体全体の代謝をあげてくれるため、多くの人が取り組むのですが挫折してしまう人が多いことも事実です。

スクワットマジックを椅子のようにお尻の下に置き、座るだけで正しいスクワットのポジションが完成します。その位置からスクワットを行えばOKです。1セットたった1分の手軽さで3段階に強度を変えられます。

バランスサンダル

『バランスサンダル』は、別名『ダイエットスリッパ』とも呼ばれている、かかとの部分がなくヒールが高くなっている履物です。

ほとんど運動をしない人や、とにかく運動が苦手で億劫になってしまっている人でも、家の中で『履いて立って家事をして過ごすだけ』でダイエットをサポートしてくれる優れものです。

つま先立ちの前傾姿勢という普段はなかなか取らない姿勢をするため、腹筋や背筋を鍛えることにつながり、ふくらはぎの運動量が増えることによって血流が促進されて代謝もアップします。

ながらダイエットなら時間のない人でも鍛えることができる

ダイエットに本気で取り組むとなると、食事制限や運動が思い浮かびます。しかし、実際にジムに通ったり、食事指導を受けられるエステに通ったりするには時間がないという人は多くいます。

ながらダイエットであれば、家事をしながら、テレビを見ながら、通勤途中に、仕事をしながらと24時間、常にダイエットができます。

「今ダイエットをしているんだ。この動きがいつの間にか効いてくる」と意識を高く持って、ながらダイエットに励みましょう。

  • Facebook
    シェア
  • Twitter
    ツイート
  • はてなブックマーク
    はてブ

525



ページのトップへ