公開日:2018/02/09 

市販のスムージーでも効果あり!朝からスッキリのスムージーダイエットでキラキラの毎日を!

不足しがちな栄養素を手軽に摂取でき、便秘解消や肌荒れ防止にも役立つスムージーは、ダイエットの定番です。実はまだ挑戦したことがないという方は、今からでも間に合います。スムージーを始めるメリットと市販品の選び方を紹介いたしますので、ぜひご参考ください。

スムージーダイエットは口コミで一気に広まった

海外セレブがおこなっていたグリーンスムージーダイエットが火付け役になり口コミでどんどん広まった美の習慣であり、健康作りに役立つことも相まって、男女問わず人気の高い痩せ方です。野菜や果物に豊富に含まれるビタミンやミネラル、食物繊維が細胞に働きかけて、身体を元気にしてくれます。

美と健康作りに役立つ抗酸化作用

スムージーが注目される理由として忘れてはならない要素が「抗酸化作用」です。仕事や友達付き合いでストレスが溜まったり紫外線を浴びたりすると活性酵素が溜まるのですが、そのまま放置しているとシミやシワの原因となります。そればかりか、血管にダメージを与えて生活習慣病を招くともいわれる健康面でのリスク要因です。活性酵素が溜まることを「身体が酸化する」「さび付く」などと呼んでおり、あらゆる老化の原因として問題視されています。

そこで活躍するのがスムージーにも含まれている抗酸化物質です。腸内環境を整える働きもしてくれるから、お通じも良くなります。朝からスッキリしたい方にもおすすめのスムージー、これだけ良いことがたくさんあれば、話題になるのも当然です。

手作りスムージーの始め方

スムージーの作り方は、野菜や果物を組み合わせてミキサーにかけるだけです。緑黄色野菜やカットフルーツ、ナッツ類などどのような材料を使うのか明確なルールがあるわけではなく、不足している栄養素が含まれているものを補えるレシピなら何でもかまいません。生の果物にこだわらなくても、ダイスカットされた冷凍フルーツを活用すれば手軽です。

アンチエイジングとお通じ改善を重視する方なら、オリーブオイルや亜麻仁油といった良質な油分を取り入れるのも良いでしょう。ダイエットに脂質は大敵と思われがちですが、これらのオイルに含まれている油分は身体に必要な種類です。ビタミンの吸収率を高めてくれたり潤滑油の働きをしてお通じを促したりしてくれるため、適量を摂る分にはうれしい効果がたくさんあります。

身体の冷えが気になるようなら、ジンジャーシロップや唐辛子といったスパイス系を使うのも良いでしょう。市販の本を参考にするだけでも数えきれないほどのレシピがあるため、旬の食材を使ったバリエーションを作っていけば、年間通して楽しめます。旬の食材は栄養価が高くてエネルギーをくれるため、季節感を意識しながら作ってみましょう。

市販のスムージーでもダイエット効果は抜群

本来のスムージーは凍らせた果物や野菜を使いますが、市販品もたくさんあります。さまざまなタイプの商品があり効果に差は出てきますが、選び方を間違えなければ十分効果が得られるはずです。どれにするか迷ったら、このような視点から選んでみましょう。

カロリー・糖質が控えめなもの

ダイエット目的でスムージーを始めるのにカロリーや糖質が高すぎるものでは、思うような効果が出にくくなります。多少カロリーが高くても摂りたい栄養が過不足なく入っていて、他の食事で調整してでも買いたい商品だと思えればこの限りではありませんが、「ダイエット」の表記だけに惑わされて決めるのは良くありません。糖質制限を重視するなら、野菜を中心に作られたグリーンスムージーを選びましょう。

続けやすい価格であること

毎日飲むものだからこそ、継続しやすい価格選びは重要です。朝食にかけられる費用を考えると、検討できる商品の価格帯が見えてきます。お財布事情は人それぞれ異なるため、無理なく続くものを選んでください。

口コミも忘れずにチェック

実際に試した方の口コミを見ると、良い所と悪い所が見えてきます。ドロドロしている、さっぱりとして飲みやすいなど、飲みやすさに関する意見も参考にすると、自分に合うかどうか考えるうえでの検討材料となるでしょう。持ち運びしやすい、腹持ちが良いといった意見も続けやすさを考えるにあたっては意識したいポイントです。

スムージーダイエット初心者さんは飲みやすいものから始めると◎

ダイエットにはグリーンスムージーが良いとはいったものの、野菜だけの組み合わせにしてしまうと飲みにくく感じるはずです。楽しみながら続けるには、ある程度の果物を入れて甘みをつけることがポイント。たとえばこんな組み合わせは、初心者でも気軽に挑戦できます。

◆ほうれん草×バナナ×りんご

野菜のなかでもほうれん草は臭みが少なく、初心者向きの食材です。バナナやりんごは比較的に手頃な値段で調達できるため、コスパとしても優れています。

◆オレンジ×キウイ×トマト

美容効果もダイエット効果もねらいたい方におすすめの組み合わせです。トマトに入っているβカロテンは抗酸化作用が高く、オレンジ・キウイのビタミンとの相乗効果を得られます。

◆小松菜×パセリ×バナナ

そのまま食べることは少ないパセリもスムージーにすればおいしくなります。甘みが強いバナナとなら野菜が苦手な方でも取り入れやすく、朝の素早いエネルギー補給にぴったりです。

市販品のスムージーは、トライアル用の小分けパックも売っています。ドラッグストアなどで気軽に手に入るため、いくつかを購入して実際に試してみると良いでしょう。試したなかから飲みやすく感じたもので継続すれば、「たくさん買ったのに続かなかった」という失敗はありません。

スムージーでキラキラの毎日を始めよう

朝食をスムージーにするだけでカロリーカットできるうえに、必要な栄養素はきちんとカバーして老けない身体を作ってくれます。市販品なら野菜や果物をそろえる必要もなく、朝食の準備も簡単です。1日にひとつでも身体のためになることをしていると、自分を大切にしている気持ちになり、心が豊かになっていきます。いつでも心にゆとりを持ってキラキラした毎日を送るために、スムージー生活を始めてみてはいかがでしょうか。

  • Facebook
    シェア
  • Twitter
    ツイート
  • はてなブックマーク
    はてブ

201



ページのトップへ