公開日:2017/06/15 

体型が気になる方の水着選び!悩み別ポイントをまとめて紹介

海やリゾート地に、欠かせないファッションの1つが水着です。華やかな水着姿は、女性らしさをアピールする絶好の機会でもあります。一方でスタイルに自信がない、という方も少なくないのでは?そこで、気になる体型別の水着選びのポイントを紹介します。

体型隠しばかりを気にしていませんか?

パーカーやTシャツが手放せない!?

体型が気になってしまい、堂々と水着を披露できない。そんな方も多いことでしょう。せっかくの水着も、パーカーやTシャツを着て、体型と一緒に隠してしまったままになっていませんか?

体型隠しだけでなく、過度な日焼けを防ぐためにパーカーやTシャツを利用される方も多いのではないでしょうか。手放せないパーカー、Tシャツなら、いっそのこと開きなおって、水着とのトータルコーディネートを考えてみるのもおすすめです。

体型隠しを意識し過ぎると、水辺での態度も引っ込みがちになり、十分楽しむことができません。スタイルをカバーしているのはでなく、こういうファッションなのだと、堂々とすることで一層楽しい時間になること間違いなしです。

トータルコーデでオシャレ感アップ!

水着と体型カバーを一緒に考えるなら、最初からトータルでデザインされたものを選ぶのがおすすめです。手持ちのTシャツを利用すると、どうしても間に合わせ感が漂ってしまい、おしゃれからはかけ離れていきます。市販の水着でも、体型が気になる方向けのデザインや、トータルコーディネートができるようにセットになったものがあるので、そのような水着を探しましょう。

また、露出を減らして、かわいらしく見せるなら、タンキニがおすすめです。ビキニの水着に、上がキャミソールっぽくなったもの、下がショートパンツ風にデザインされたものがセットになった製品が、使い勝手のよいアイテムです。他にも、サロペットが付属した水着も、カジュアルな雰囲気で人気があります。

スッキリ見える色、デザインを心がけよう

ぽっちゃり体型をカバーしたいなら、紺や黒、ブルーなどの色が引き締まってみえます。普段の洋服選びでも寒色系、暖色系は意識されると思いますが、水着選びでも同様です。また、ストライプデザインも体型を強調してしまうので、避けた方がいいでしょう。

もう1つ、デザイン選びで知っておきたいのが、メリハリをつけるということです。まんべんなく、体型全体をカバーしようとすると、シルエット全部が大きく見えてぼんやりした印象になります。強調するところ、スッキリさせるところを作ることで、メリハリができ、全体の印象が締まって見えます。ポイント別のコツは、次項以降で紹介していきます。

ピンポイントな悩みに対応した水着選び

胸が小さくて気になる方の水着選び

女性が体型で気になる箇所としてバストの悩みも挙げられます。ここでは、胸の小ささをカバーする水着選びを紹介します。

おすすめは、ブラがチューブトップになったビキニです。このタイプの水着は、胸の形をきれいに強調できる点が特徴です。普段の服装では意識されにくかった胸を、きれいに強調して見せることで、女性らしさをアピールすることもできます。さらに、胸元にフリルやリボンがついた、フンワリデザインもおすすめです。上半身にボリューム感を持たせることで、全体のバランスをきれいに見せることができます。かわいらしいパステル調や、花柄のデザインもよく似合うことでしょう。

胸が大きくて悩んでいる方の水着選び

胸が大きいと、ジロジロ見られたり、冷やかしてくる男性もいて、不快な思いをすることもあります。そんなこともあって、隠してしまいたくなりますが、無理に隠そうとするとかえって形が崩れて、全体のシルエットもマイナスになってしまいます。強調し過ぎることなく、自然に見せることが水着選びでは大切です。

胸が大きな方におすすめの水着は、ホルターネックタイプの水着です。ホールド力もあるので、邪魔になることも少ないです。濃い色を選び、スッキリと見せるようにしましょう。下半身にフリル付きのデザインや、パレオ、スカートタイプのデザインを選ぶと、全体のバランスがよくなり、胸が目立ちにくくなります。

下半身が気になる方の水着選び

お尻が大きい、足が太いなどの悩みを持つ方は、シンプルなビキニパンツがおすすめです。色も濃いめの引き締め色がよいでしょう。フリル付きなどのボリューム感のあるデザインは、かえって下半身を強調してしまうことになります。上半身に明るい色、派手めのデザインを使い、下半身をシンプルにすることで、全体のバランスを取ります。

それでも、下半身を露出することに抵抗があるなら、パレオもおすすめです。お尻や太ももだけが気になるなら、短めのパレオを、下半身全体が気になるなら、長めのパレオといったように使い分けてもいいでしょう。寒色系の色で、縦方向の模様や図柄のパレオを選べば、下半身がスッキリした印象になり、女性らしさも強調することができます。

水着選びで気をつけておきたいこと

水着を選ぶ前に自分のサイズを知っておこう

体型をカバーするための水着選びのポイントを紹介してきましたが、水着選びではもっと大切なことがあります。それは自分のサイズにあった水着を着用することです。洋服ならゆったりめで選ぶこともありますが、水着で大きめを選ぶと水中で動きにくくなったり、ずれてしまうこともありえます。購入前に、自分のスリーサイズとアンダーバストをきちんと把握し、適切なサイズの水着を選ぶようにしましょう。

そうはいっても、女性の水着の場合、バストはちょうどいいけど下半身が小さい、あるいはその逆のパターンも少なくありません。このような時は大きめの部位に合わせて、水着を購入しましょう。バストが大きめならバストに合わせるようにするのが鉄則です。

水着選びは見栄えが大事なの!?

洋服選びでも、デザインの好みに加えて、その洋服が自分に似合うかどうかを検討することは大切なことです。水着は、洋服よりもより身体にフィットするので、スタイルの影響が強く出てきます。そのため、デザインよりも、それを着用したときにどのように見えるかの、見栄えを重視することが大切です。

体型の気になる箇所をカバーしたり、逆に自信のある場所を強調したりするのも、全体の見栄えを考えてのことです。見栄えをチェックするなら、試着の必要がありますが、水着の試着は結構大変です。試着は下着の上からというお店もあります。そのような場合はサイズを正確に確かめることができないので、あらかじめサイズを測っておくことが必要です。

体型カバーに貢献する小物を活用!

体型をカバーする目的や、スタイルをもっとよく見せるためには、水着だけでなく、小物も積極的に活用してみましょう。例えば、高めのヒール付きサンダルはスラッと脚を長く見せてくれます。デザイン性に富んだ、かわいいビーチサンダルもいろいろ市販されているので、ぜひ検討してみてください。砂浜や濡れた場所を歩くことが多いので、ミュールよりもデザイン重視のビーチサンダルがベターです。

帽子やヘアアレンジに凝ることで、体型から視線をそらすのもアイデアの1つです。水着選びと一緒に、小物も併せてコーディネートすることで、体型も自然にカバーでき、見た目にも一層映えることでしょう。

体型カバーは楽しみながら、考えよう!

これまでをまとめると、以下のようになります。

  • 体型隠しはトータルのコーディネートで考えよう
  • デザイン、色、模様など総合的な検討が大切
  • スタイルに合わせた水着選びがポイント
  • 小物も積極的に活用しよう

水着選びは、体型カバーばかり考えずに、楽しみながら検討するのがポイントです。

  • Facebook
    シェア
  • Twitter
    ツイート
  • はてなブックマーク
    はてブ

476