公開日:2017/06/15  最終更新日:2017/06/20

ヘアメイクさんの秘密兵器!綿棒の簡単便利な使い方とは?

普段、耳かきに使っている綿棒は、メイクをする時にも使えるってっご存知でしたか?メイクが苦手な人でも、綿棒を使うことでメイクが楽しくなりますよ。プロのヘアメイクさんも使う秘密兵器「綿棒」を使ったメイクの裏技とはどのようなものなのでしょうか?

毎日のお手入れに!耳だけじゃない綿棒の使い方

綿棒は種類豊富!用途に合わせた選び方

綿棒は、使い捨てなので細菌の心配がなく清潔です。でも、種類が豊富なのでどれがいいか迷ってしまいますよね。綿棒の軸は、紙とプラスチックの2種類あります。好みにもよりますが、紙軸の方がしっかりしているので使いやすくおすすめです。プラスチック軸は柔軟性があるので、力を入れると簡単に曲がってしまいます。

ヘアメイクの秘密兵器として使うなら、太さや先の形も重要です。一番細いベビー綿棒は、アイラインを描く時に便利。一番太いシャワー綿棒は、ふっくらとしているので、ノーズシャドウを入れる時におすすめ。最近では、メイク用の先が尖った綿棒もあり「メイクブラシよりも使いやすい」と人気です。

まぶたについたマスカラの落とし方

マスカラが乾く前にまばたきをして、まぶたにマスカラがついてしまうことはありませんか。そんな時は、綿棒にゲル状のリップクリームを適量つけて、付着したマスカラを優しく擦って落としましょう。ティッシュや指で擦っても落ちないマスカラも、リップクリームをつけた綿棒なら、力を入れなくてもきれいに落とせます。

同様に、失敗したアイラインもリップクリームと綿棒で修正することができますよ。リップクリームに限らず、手持ちの乳液やクリームでも落とせるので、朝急いでいる時でも焦らずにメイクの修正ができますね。お肌にダメージを与えない上に、スキンケア効果も期待できるのでおすすめです。

ピアスホールや爪のお手入れ、つけまつげも

穴が完成している場合に限りますが、先が尖っているメイク用の綿棒があれば、ピアスホールを簡単にきれいにすることができます。方法は、綿棒に消毒液を軽く染み込ませて、尖っている方でピアスホールをクルクルと擦るだけです。

同じく、穴ができあがっている場合は、入浴時に泡立てたアミノ酸石鹸を綿棒につけて、ピアスホールを洗浄するのもおすすめです。たんぱく質の力で汚れがきれいに取れて、コットンパフよりも、ピンポイントでピアスホールを消毒できます。

爪の表面は、メイク用の綿棒にオリーブオイルなどの美容液を染み込ませて、お手入れしてみましょう。角までしっかりケアすることができます。綿棒にリムーバーを浸して、落としにくいつけまつげのグルーを落とす、といった使い方もおすすめです。

ネイルやメイク、口紅を塗った時のガサガサにも

綿棒を使ったふんわりドットネイル

ベースとなる色を塗ったら、綿棒に好きな色のマニキュアをつけて、とんとんと軽くはたくような感じで、色をのせていきます。綿棒につける前に、アルミホイルなどに少し出しておくとやりやすいですよ。これだけで、ふんわりかわいいネイルの完成です。ネイルが苦手な人でも気軽に挑戦することができますよ。1色使いが無難ですが、何色か使うのもおしゃれででかわいいですね。

綿棒で色をのせる場所を変えるのも、違った印象になって面白いですね。仕上げに、ラメのパーツをつければ華やかネイルも楽しめます。クリアベースでも応用できるので「ネイルはきれいに塗れない」という人でも大丈夫です。スポンジを使ったぼかしネイルは、後からはみ出たネイルを落とす必要がありますが、綿棒ならはみ出す心配もありません。

綿棒があればアイラインが上手に引けない人でも大丈夫

ペンシルライナーの芯を綿棒で擦って色をつけます。まぶたを軽く持ち上げるようにして、目頭から目尻へと綿棒でラインを引きましょう。先の尖ったメイク用綿棒がない場合は、ベビー綿棒か、通常の綿棒の先端を潰して細くすると、描きやすいですよ。アイラインを引くのが苦手な人も、綿棒を使えばナチュラルなアイラインが引きやすくなります。

また、インラインにジェル状のアイライナーを使用した時に、綿棒で余分な水分をオフすると、インラインがぼやけずにきれいに馴染みます。アイシャドウを塗る時も、綿棒を使うとブラシよりもきれいな発色効果が期待できるので試してみてください。

口紅を塗った時に目立つ唇の皮も綿棒で解決

唇のターンオーバーは、顔などの皮膚よりもサイクルが早く、約1週間といわれています。しかし、丁寧に口紅を塗っても、皮がまだらにむけていると気になりますよね。そんな時も綿棒の出番です!ワセリン入りのリップクリームを多めにつけて、唇をクルクルすると、皮を簡単に取り除くことができます。

綿棒は、口紅を塗る時にも使えます。綿棒でポンポンと色をのせていくように塗ると、立体的な唇を演出できるのです。口紅がはみ出てしまった時も、綿棒で手軽に修正することができて便利。普段から、化粧ポーチに綿棒を入れておけば、歯に口紅がついてもサッと落とすことができます。

ちょっとした整形メイクにも綿棒が大活躍

綿棒で肌にやさしく自然な二重メイク

アイプチなどは、皮膚の薄いまぶたに負担をかけてしまいます。綿棒を使えば、肌にやさしくて自然な二重メイクを楽しむことができますよ。

  1. アイライナーを使って、まぶたに二重のラインを入れます。自然に見えるように、ブラウンのアイライナーを使用しましょう。
  2. ベージュ系のアイシャドウを二重幅に塗っていきます。アイライナーで描いた線まで塗るのがポイントです。
  3. 最初のアイライナーより、もう一段明るめのアイライナーで二重のラインをなぞります。
  4. 綿棒を使って二重の線をぼかします。
  5. 二重のラインを自然に馴染ませるために、ベージュ系のアイシャドウを綿棒の先につけて、さらにぼかします。

アイシャドウとアイライナーの色をベージュ系とブラウン系にするのがポイントです。

目力メイクにも綿棒が大活躍!

アイブロウペンシルで、自分の眉よりも2~3mm下げて、眉頭を描き足します。次に、綿棒を使って鼻筋に沿って眉頭をぼかしていきます。これだけで、目に強い意思を持った表情に仕上げることができます。アイブロウペンシルは、明るめのブラウンがおすすめ。眉頭も綿棒でぼかすと、さらに立体感が出て、鼻を高く演出できますよ。

まぶたが重い印象になってしまいがちな奥二重の人は、目尻だけにアイラインを引きましょう。まぶたを引き上げ、まつげの根本にもアイライナーを小刻みに動かしてアイラインを引きます。にじまないように、綿棒で軽くなぞるときれいに仕上がります。

綿棒があれば涙袋も自然につくれる

表情がやさしくなり女性らしさを演出できる涙袋は、目を大きく見せたり、小顔効果もあったりと、メリットだらけです。

そんな涙袋も、綿棒があればメイクで簡単に作れます。方法は、明るい色のブラウンのアイシャドウで涙袋に沿ってカーブを入れたら、綿棒でぼかすだけ。涙袋のカーブは、笑顔を作りながら描くと、ぷくっとした自然なラインになります。腫れぼったくならないように、目のキワから5mmくらいの位置がおすすめ。

目頭にハイライトを塗ると、さらに大きな目を演出できます。慣れてくると、濃く描きたくなってきますが、あくまでも自然な涙袋が一番です。

綿棒でヘアメイクの幅が広がります

綿棒は、耳の掃除以外にも色々使えるヘアメイクの秘密兵器です。

  • ピアスホールや爪のお手入れ、つけまつげにも
  • 間違ってまぶたについたマスカラ落としにも
  • アイラインが上手に引けない人にも
  • 目力メイクにも綿棒が大活躍

1本ずつ小分けになっていて、美容オイルや水分を含んでいる携帯に便利なタイプもあります。用途に合わせて使い分けましょう。

  • Facebook
    シェア
  • Twitter
    ツイート
  • はてなブックマーク
    はてブ

2,376



ページのトップへ