公開日:2018/08/22 

マヨネーズ大好きさんはダイエット中にマヨを我慢する必要はもうない!?

なにかを食べる際に味が薄くなってしまうと、どうしてもおいしくない…と感じてしまうでしょう。

そこでマヨネーズを使って味を濃くしようとするかもしれませんが、ダイエットをしているとそれさえも控えようとするはずです。

もともとこの調味料は太りやすいと耳にしますが、実際は食事の方法によってはマヨネーズはダイエットに役立ちます。

ウソみたいな本当の話!糖質制限中でもマヨネーズは食べられる!

味付けが濃くなってしまうと、太ってしまうというイメージが強いため、食事では気を遣っている人が多いでしょう。

その中でもマヨネーズはおいしくてやめられないほど、味が濃く作られています。しかしダイエットをしていてもその邪魔にならず、むしろ痩せやすくなるというんです。

これは食事の方法によって大きく変わっていきますが、基本的には脂肪になりにくいものと思っていいでしょう。

ダイエットによくないのはカロリーが問題だった

もともとマヨネーズは油などで作られており、脂肪になりやすいのは有名な話にです。

これは見る数値によって大きく違っており、じつはカロリーに関しては高くなっているからなんです。

油からマヨネーズができているといいましたが、この油である脂質がカロリーを高くしており、控えるのが無難とされてきました。

しかし今ではカロリーだけを見てダイエットをする方法ではなく、糖質だけをチェックして痩せようとする方法だってあるでしょう。

この方法で食事をしていると、マヨネーズを食べても脂肪になりにくいので、無理に我慢する必要がありません。

その糖質は100gで4.5gしかなく、なんとしょうゆよりも少ない数値であり、とくに問題なく食べられるわけです。

ちなみに大さじ1杯だけで約100kcalもあり、意外に高い数値です。これだけ高いカロリーだと、ダイエットをしている人からしたら避けたくもなるでしょう。

食べすぎなければ脂質のおかげでお腹がいっぱいになるのが持続できる

たしかにカロリーが高いですが、これだけ数値を上げているのは、マヨネーズに入っている脂質です。

このおかげで逆に消化に時間がかかって、お腹がいっぱいになりやすい効果も発揮できます。

食べすぎを抑えられる

つまり無駄な食欲が減ってくれるために、食べすぎを抑えられるというわけです。

しかも調味料ですから単品で食べる機会が少なく、一緒にとる食事の内容によってはかなり使い勝手のいいものになるでしょう。

少量でもお腹がいっぱいになれば、マヨネーズの欠点であるカロリーは脂肪になりにくくできます。

代謝を高められるたんぱく質だって入っている

マヨネーズの色は黄色くなっていますが、これは卵が使われているからで、この食材にはたんぱく質がたっぷり入っているんです。

つまりマヨネーズだけでもたんぱく質をとれてしまい、これは代謝を高められる栄養でもあります。

筋肉の材料となってくれるので、少し体を動かすだけでも、体中に血液が流れやすくなるんです。

ダイエットとしては重要な栄養なのに、それを調味料からとれるのはマヨネーズくらいでしょう。

うまく使えば体が温まって、ダイエットしやすい効果を上げられるようになります。

お酢のおかげで疲れをとって腸も元気になれておすすめ

実際に使ってことがある人はわかるでしょうが、マヨネーズは卵以外にもお酢が使われているんです。

お酢は腸を元気にする

この調味料もさまざまな食事で使われますが、腸を元気にする効果は変わりません。

腸というのは便を外に出す働きがあり、さらに栄養だって体にとり込められる貴重な部分です。

しかし便がたまりすぎると、その栄養がうまく吸収されずに、代謝を落としてしまいます。

だからこそ便を出すのはダイエットとして基本であり、マヨネーズだってそれができるでしょう。

さらにお酢によって疲れをとりやすくできるため、ストレスだってとれやすくなって、代謝をアップしやすい効果が高くておすすめです。

ダイエット効果の高いマヨネーズを使った食事方法

見方によっては太ってしまう特徴が強く見えてしまいますが、食事の内容を変えてしまえば、そのデメリットをなくせられます。

とくに糖質を中心に食事を減らしていけば、脂肪がたまりにくくなり、逆にダイエットしやすくなるでしょう。

しかしそれをうまく利用するためには、正しい方法を守っていくと、もっとダイエットにマヨネーズを活かすことができます。

直接食べものにかけずにつけて食べすぎを防ぐのが正しい食事法

たしかに糖質が低いですが、カロリーが高いのには変わりがありません。

つまりマヨネーズをとりすぎると脂肪になりやすいわけですから、体にとり込む量を減らすためにつけて食べるといいでしょう。

糖質が低いからとたっぷりとかけてしまうと、カロリーの影響でそのメリットが帳消しとなり、マヨネーズが原因で太ってしまいます。

例えば野菜スティックのようなものだと、野菜が中心となるため、マヨネーズで太る心配もなくなるわけです。

カロリーが少なめになったマヨネーズを朝に食べてうまく調整

それでもカロリーが少なくなったわけでないので、食べるのは不安…と思う人だっているでしょう。

カロリーが低いマヨネーズを選ぶ

そこでカロリーを少なくしたダイエット専用の種類を選べば、そのデメリットがさらに低くなります。

100kcalだったものが半分の数値になるものだってあり、それを見ればさらにマヨネーズが太るものというイメージがなくなるはずです。

もちろん食べすぎるのはよくありませんが、安心できること自体が、ダイエットでは大切になります。

どうしても心配なら朝にマヨネーズを食べると、体を動かす時間を多くとれるので、どこかで運動を知れば失敗を減らせられるでしょう。

サラダに使うと味がおいしくカロリーがカットが抑えられる

マヨネーズは使い勝手のいいものであり、ダイエットに関してもどんな食事で使おうか、迷っている人だっているでしょう。

それこそ野菜がたっぷりのサラダに使う基本的な使い方が、ダイエットとしてもちょうどいい方法です。

野菜は食欲が減らせられる効果も高く、固いものが多いので、よく噛んでさらに食べすぎをカットできます。

マヨネーズの効果と似ており、相乗効果でダイエットしやすくなるというわけです。

ちなみに野菜そのものもカロリーが少なくて、ダイエットの邪魔にもならず、マヨネーズのいいところだけが活きてくるでしょう。

マヨネーズ大好きさんはダイエットでマヨネーズを我慢しなくても良い!

太ってしまうというイメージが強いものは、いくら痩せられるという情報を知っても、避けてしまいがちです。

しかもマヨネーズにはファンが多く、ダイエットをしていても避けたくない人が多くいるのではないでしょうか。

しかしカロリーが高いだけで、それ以外はむしろちょうどいい効果も多く、続けているとダイエットしやすくなる調味料です。

食べすぎには気をつけて、朝に食べればデメリットを調整できるようになるでしょう。

  • Facebook
    シェア
  • Twitter
    ツイート
  • はてなブックマーク
    はてブ

192



ページのトップへ