公開日:2018/05/14 

「飲むサラダ」でスッキリ!マテ茶ダイエットの効果的な飲み方とは?

食事を少なくする無理な方法で痩せる場合、ストレスがたまって続けられないので、おすすめではありません。そこでマテ茶を使った、気軽にできる方法はいかがでしょうか?

とにかく飲み方さえ気を付ければ、効果が出たと口コミでも評判です。具体的な飲み方などをチェックしてみました。

ダイエットしやすい効果で世界中からマテ茶が大人気!口コミも反響あり

体を細くさせようとせず、健康にも興味がない人は、マテ茶というお茶をあまり耳にしないでしょう。そもそもこのお茶は外国から入ってきたもので、じつはダイエットにも効果的と口コミで話題になっているんです。

もちろんただ飲むだけならその効果が薄くなりますが、正しい飲み方をすれば、以下のように痩せる効果が出るでしょう。口コミをもとにチェックしてみました。

ペットボトルだから運動のお供に!間食をしても太らなくなった

そもそもこのお茶は日本にあるものではなく、外国から仕入れたものを使っています。だからこそ気軽に手に入れるなら、ペットボトルに入ったものを飲むといいでしょう。

ペットボトルなら外に持ち出して、運動のときに飲んでいるという口コミもよく目にします。

もともと市販で売られているマテ茶は、おいしく作られているので後味がスッキリしており、箱買いしてしまうほどハマったという声もありました。

そして毎日マテ茶を飲んで5年続けた結果、とくに食事制限をしなくても、体重が増えなくなったといいます。

これはマテ茶のビタミンやミネラルがたっぷりで、脂肪をカットする効果があるからです。

他のお茶よりもこれらの栄養が多く入っていることから、飲むサラダと口コミでいわれるようになったほど、たっぷり入っています。

それが毎日の積み重ねで体質が変わっていき、細い体を維持できるようになるでしょう。

1か月飲み続けて便が出るようになった!

他にもよく見られるものといえば、便秘がよくなったという口コミです。これはマテ茶の成分が胃酸や胆汁などに影響して、腸のバランスが正常になり、便が出るようになったのでしょう。

腸が活発に動いてくれるなら、からだ全体の代謝にもかかわってくるので、ダイエットができるわけです。

しかし中には飲んでもとくに効果なし!という悪い口コミがありましたが、これは飲み始めて間もない人の口コミでしょう。いくら他のお茶より栄養が多いマテ茶でも、続けて飲まないと便だって出ません。

1か月を境界線に便の変化があったという口コミもあったので、効果が出るのは数か月単位だと頭に入れておきましょう。

沸かして作るタイプは飲みすぎ注意!下痢や頭痛になることも

ダイエットとして評判がよかったからか、たくさんの量を飲めば短期的にも、すぐ効果が出ると勘違いした口コミもありました。

たしかに栄養がたくさんとれるかもしれませんが、逆に頭痛や下痢になったという結果で、低評価を出す人までいます。これは効果が出るからこそで、飲みすぎると逆効果になるわけです。

ですからいくら結果を出したいといっても、たくさんのマテ茶を飲まないようにしてください。

マテ茶の効果は食事と一緒に飲む飲み方だとダイエットできる

上記のように正しく飲めば、高い効果を発揮できるでしょうが、飲み方を間違えるとあまりよくありません。その正しい飲み方として1番おすすめできるのが、食事をしているときに飲むことです。

とくにお肉などのたんぱく質と一緒に取り入れれば、体に効率よく吸収される効果を発揮して、代謝があがりやすくなるでしょう。

このように飲み方に気を付ければ、上記の効果に加えて痩せやすくなるので、具体的におすすめの飲み方を紹介します。

普段飲んでいる飲みものをマテ茶に置き換える

先ほどのように食事をしているときに飲めば効果がアップするわけですから、普段から飲むものをマテ茶にしておけば、忘れずに栄養を摂取できてしまうでしょう。

とくにペットボトルになっているものを使えば、いつでも持ち運びができるので、気軽に置き換えができます。普段から甘い飲みものなどを飲んでいる人が、マテ茶に切りかえると効果が実感しやすいでしょう。

本格的に痩せるならグリーンマテ茶を飲もう!

ペットボトルならたしかに気軽に飲めますが、さらにマテ茶の効果を出すためには、以下の種類のものを見つけて正しい飲み方をしてください。

ちなみに両方ともペットボトルではなく、ティーポッドを使って茶葉から抽出する飲み方です。さらに濃い成分を飲めるので、上記の効果が出やすくなるでしょう。

◆効果を出すならグリーンマテ茶!飲みやすくするなら水出し

まずダイエットを頑張りたい人は、グリーンマテ茶を選んでください。この種類は茶葉を焙煎する前のものを、そのまま抽出する飲み方をします。だからこそ失っていない栄養が多く、痩せやすくなります。

しかし欠点が多く、口コミでも渋みのある味に苦戦していました。お茶独特の渋みが苦手なら、水出しマテ茶にして渋みを消しましょう。冷やしたもののほうが飲みやすくなります。

◆面倒ならローストマテ茶!紅茶の飲み方をマネて飲もう!

どうしても渋みがダメな場合は、茶葉を焙煎したローストマテ茶がおすすめです。この加工をしたおかげで渋みをさらに消してくれます。

もちろんその分栄養が少なくなっているので効果は薄れますが、それでもペットボトルのものよりは多く摂取できてしまうでしょう。

少しでもその効果を高めるなら、ティーポッドに入れて濃くしたマテ茶として飲みましょう。

マテ茶ダイエットでヘルシーライフを目指そう!

ただのお茶と思って飲み方を無視してしまうと、体調を崩すこともあるマテ茶は、それくらい効果が出るということを頭に入れておきましょう。飲みすぎてしまうと、頭痛や下痢などになってしまいます。

ですから飲みすぎをやめて栄養の少ないローストマテ茶に変えるだけでも、体調不良にならずに効果を高められるでしょう。

さらに普段飲んでいる飲みものをマテ茶に置き換えるなら、ペットボトルに入ったものを使う飲み方をしてください。食事のときに気軽に飲めて、続けやすいのでおすすめです。

これらの飲み方を守れば、野菜のようにビタミンなどの栄養がたっぷりで、ダイエットができてしまいます。

腸を活発にさせて便秘を解消できるのには、数か月かかるでしょうが、飲み続けていたら結果が出るお茶です。飲みやすい飲み方を見つけて、気長に効果が出るのを待ちましょう。

  • Facebook
    シェア
  • Twitter
    ツイート
  • はてなブックマーク
    はてブ

456



ページのトップへ