公開日:2018/06/21 

糖質をカットしている時期でもOK!マンゴーなら安心してダイエット可能!

とにかく食事の量を少なくして、体を絞ろうとしている人は、ストレスでリバウンドする可能性があるでしょう。それが気になるならマンゴーを準備して、ダイエットに活かしてみてください。

果物は糖が多そうなイメージですが、じつは痩せるための効果も高く、サプリなんかもあるくらいです。

マンゴーダイエットは糖質をとっていない時期でも安心して食べれる

果物全般にいえることですが、甘い味がして糖分が高そうと誰でも思うでしょう。マンゴーも独特の甘さがあり、ダイエットになんか向いてないと思うはずです。

たしかに糖質は100gで15gもあり、ダイエットにならない数値になります。

ところがこれを上回る効果をもっているため、食べ方を守っていれば、全く問題ありません。

とくにその効果の高さからサプリにしてまで販売されているようなので、そのあたりの効果について見てみることにしましょう。

体にたまった脂肪を減らせられるたんぱく質が入っている

まずダイエットでポイントとなるのが、体にため込まれてしまう脂肪を、いかに少なくできるかが焦点です。

糖質が多くなるのは痛手ですが、それよりもその脂肪を減らせられる栄養がタップリなのが、マンゴーを使うメリットでしょう。

本来体にたまったものを減らすのは面倒で、運動をして代謝を上げるのが普通です。ところがマンゴーを食べるだけでそれができてしまい、その栄養で脂肪を少なくできます。

さらに以下の栄養もあることで代謝を高められるので、マンゴーでダイエットをするには、ピッタリなわけです。

出にくい便を出しやすくする栄養もあり!腸を元気に!

これはマンゴーに限らず繊維質なものにある効果ですが、それによって腸にたまった便を外に出して、腸以外の体の機能を高められるようになります。

もともと腸はさまざまな臓器とつながっており、栄養を体に取り込む働きや、いらないものを外に出すこともできるんです。

だからこそその機能がうまく働くように、マンゴーのような腸を元気にするものは必要になります。とくに食事のよってダイエットをするなら、影響が出るものなので、便をしっかり出して代謝を高めておくべきです。

腸以外の老廃物だって出せる!むくみがなくなる!

体の機能を邪魔するものは、基本的に便以外もあります。それが体の中にたまる老廃物で、むくんでいる人はそれがたまりきった状態です。

それを外に出せる栄養もマンゴーには入っており、とくに不要な塩分を外に出してくれるでしょう。

そもそもなぜ塩分がたまるのかは、日ごろの食事を意識していればわかります。今の食事には知らない間に、塩分をとってしまう環境が多いんです。

そしてそれが体にたまりすぎると、体のなかで薄めようと水分を多くとろうとさせるでしょう。無意識のうちに水分が増えてしまうので、不要なものがむくみとなって出てしまうんです。

そこでマンゴーで塩分を外に出せば、その水分をとらなくなるので、自然とむくみも少なくなります。そしてむくんでいると血液の流れを邪魔するので、ダイエットしにくい体になっているわけです。

腸と一緒に体にたまった老廃物を外に出せてしまえば、代謝が上がりやすくなってダイエットしやすくなるでしょう。

効果UP!マンゴーダイエットのマンゴーは冷凍がおすすめ!

これらの効果によって体質だって変わっているでしょうから、ちょっとした運動をしても、すぐに痩せられます。

ところがそれ以上に早く効果を出したいのなら、マンゴーを冷凍されて食べるといいでしょう。これには以下の効果があるからこそ、効果を高められてしまいます。

栄養を劣化させずに保存可能!吸収もよくなって魅力的

もともとマンゴーは南国にあるイメージでしょうが、だからこそ冷やしているだけでも、味がおいしく感じるでしょう。

それだけでも楽しみになって続けやすいですが、それ以上に効果が高められるのが、この食べ方のメリットになります。

これにはしっかり理屈があって、栄養を凍らせていることで、劣化を防いでくれるからです。そして体に取り入れやすくなるので、さらにいい効果が早く出ます。

さらに劣化がないということは、保存できる期間も増やせられるので、気軽に続けられるでしょう。食べ方としても、そのまま食べてもアイスのようにおいしいので、アレンジもしやすくて評判です。

マンゴーそのものを見つける手間もなくて、スーパーなど身近なところで手に入ります。

味や食感などの使い勝手もアップ!

先ほども紹介しましたが、本来のマンゴーの食感が変えられるのも、ダイエットとしてうれしい効果でしょう。本来マンゴーはドロッとしている食感ですが、冷凍させると少し固くなります。

これが食べやすさにつながり、気軽に続けられるポイントとなるでしょう。

もちろんそのまま食べなくても、デザートとしての材料としても役に立ち、スムージーやヨーグルトに入れるだけでワンランク上のものとなります。

冷凍したほうが使い勝手がいいわけですから、普通のマンゴーに飽きてきたら使ってみるのもいいでしょう。

体が冷えやすくなるから食べすぎは注意!

ところがこの食べ方にもデメリットがあり、冷やしているからこそ、代謝を下げてしまう場合もあります。食べすぎなければ問題ありませんが、もともとマンゴーは体を冷やす特徴を持っているんです。

暖かい南の地域で作られている果物だからこそ、ダイエットの邪魔をしてしまう可能性もあるので、食べる量には注意してください。

体が冷えてしまうと血流の流れを悪くさせてしまうので、脂肪を減らしにくい環境になるわけです。

ちなみにこの果物は甘いのがメリットであり、ストレスを少なくするために使う目的があります。つまり間食としても使えるため、体を冷やさないためにも量には注意したほうがよさそうです。

マンゴーダイエットのサプリまである!

体の代謝を高めるのに使えるうえに、腸を元気にできてしまう効果によって、体を細くできてしまうのがこのダイエットの特徴になります。

その効果が高いからこそ、マンゴーのサプリを出しているところもあり、味がどうしても苦手ならこちらを使ってみるといいでしょう。

もともと外国から来ている果物なだけに、作られている衛生面や安全性は、気を付けてチェックしてください。そしてマンゴーが入っている量も、確認しておいたほうがよさそうです。

さまざまな果物を使っていて、その中にマンゴーが入っているだけなら、マンゴーそのものを食べていたほうが効果も高いでしょう。

  • Facebook
    シェア
  • Twitter
    ツイート
  • はてなブックマーク
    はてブ

279



ページのトップへ