公開日:2018/07/27 

睡眠の質をアプリで測定?睡眠改善におすすめのアプリ3選

ストレスや心配事、不規則な生活習慣などでライフサイクルが乱れると体のあちこちに支障をきたします。

特に睡眠に関する悩みは多く、なかなか寝付けなかったり、十分な睡眠を取ったにも拘わらず、体のだるさや疲れが取れないなど仕事や学業と様々な場面に影響を及ぼしかねません。

ここでは厳選した睡眠の質を改善するために便利な機能が満載のアプリを3つ紹介していきます。

Sleep Meister – 睡眠サイクルアラーム Lite

無料で利用できる睡眠改善アプリの中でも評価が高く、試して頂きたいアプリがSleep Meister – 睡眠サイクルアラーム Liteというアプリです。

人にとって睡眠とはただ横になって目を閉じるだけではなく、寝返りの回数や適切な枕、明るさや騒音などの環境を整える事が大事で、就寝中は誰もが無意識のため呼吸や心拍数、寝返りの回数など知る由もありませんが、この睡眠改善アプリでは入眠時刻や睡眠の質の深さ、浅さを画像にデータ化し睡眠効果が何%かを数値で表してくれます。

グラフを見れば自分の睡眠の状態をグラフで理解する事ができ、就寝してから起床するまでどのような状態かを知れるようになるのです。

また毎朝決められた時刻にアラームを設定して起床されてる方も多いですが、無意識のうちにアラームを止めてスヌーズ機能に頼っていたり、あと1分、あと3分と目覚めの悪い朝を迎えられる方も多いでしょう。

この睡眠改善アプリでは起床する時間が近づくと起床30分前の一番眠りの浅い時に自動でアラームが鳴りますので、たった数分の違いでも目覚めた時のスッキリ感と十分に睡眠を取れた満足感を得る事ができるのです。

言わば自分の体内時計の中の一番目覚めに最適な時間を感知しアラームで知らせてくれますのでベストな時間で起床する事ができ二度寝やスヌーズ機能の心配もありません。

また前日の運動や飲酒などの行動を事前に入力しておくことで、さらによい睡眠を提供してくれますのでお勧めできる睡眠アプリとなります。

Sleep Cycle alarm clock – 睡眠アプリ

Sleep Cycle alarm clockはappからダウンロードできる無料の睡眠改善アプリで不眠や寝つきが悪い方に試してもらいたいアプリです。

このアプリの特徴は加速度センサーが搭載されているので寝返りなどの体の動きを検知し、自分の睡眠状態を理解する事ができます。

また加速度センサーにより起床に最適で眠りの浅い時間に自動でアラームが鳴りタッチ操作だけでアラームを止めれたりスヌーズに切り替えられる設定ができるなどユーザーの事を考えた仕様となっています。

普段の生活環境の違いで深酒、コーヒーを好まれる方もいれば、夜食を摂取したり、運動不足など個人の条件によって睡眠の質が大きく変わってきますので、このアプリでは事前に睡眠の質に支障をきたす項目をデータ化し入力することで、さらに正確な睡眠時のデータを理解できるようになるのです。

多くの方がアラームの音が鳴るとどこか起こされているような感じに苛まれ、渋々眠い目を擦りながら起きているのが現状ですが、このアプリのアラーム音は綺麗で心地よい仕様となっており、目覚めに最適な時間でアラームが鳴るのでただ人を目覚めさせるだけが目的の時計のアラームとは大きく異なるのです。

この睡眠アプリを使用して毎日の睡眠状態を理解し快適で爽やかな朝を迎えてみてはいかがでしょうか。

Runtastic Sleep Better 快眠支援アプリ

androidのgoogle playの中でお勧めでき、Google Play 2015年ベストアプリも受賞した程の睡眠の質を高めるためのアプリがRuntastic Sleep Better 快眠支援アプリです。このアプリは有料ですが200円で購入できます。

このアプリの特徴は驚きの機能が満載枕元に置くだけで計測できたり、月の満ち欠けを理解できたり、就寝中に見た夢から良い、悪いの算出を計れたりと画期的なコンテンツとなっています。

一般的な睡眠改善アプリに搭載されている睡眠をデータ化し、睡眠サイクルや睡眠の浅さ、深さ、効率度も同じように一目で分かり、コーヒーのカフェインやアルコール、運動した行動やストレス度などの睡眠に影響を与える周りからの要因を入力確認する事もできます。

POINT!

睡眠時の眠りの深さをデータ化する事で睡眠時無呼吸症候群などの症状を発見できることにも繋がります。

一人暮らしの方は特に呼吸が止まっていたり、いびきの音などを周りからの忠告も受ける事無く、慢性的な病気に陥る可能性もあります。

しっかりと睡眠をとっても昼間急激な睡魔に襲われたり、疲れやだるさがとれにくい方はこの一度このアプリで睡眠の質を自分の目で確かめてみる事をお勧めします。

また新機能としてスマホを買い換えた場合でも既存の過去のデータを保存、閲覧する事もできるようになりましたし、Meアプリやウォッチ型のデバイスを活用する事により歩いた歩数を外部要因として取り込めますのでさらに睡眠の質を改善できるような機能も搭載されているのも魅力となります。

アプリを使って睡眠の質をデータ化

人は就寝中どのような睡眠を取っているのか理解する事は不可能ですが、睡眠の質を改善するアプリを使用する事でデータを可視化できるようになるのです。

そのため、睡眠の質を悪化させている原因のヒントが分かることもあります。

また睡眠の質を改善するアプリでは目覚めに最も適切な時間を眠りの深さ、浅さから検知しアラームが鳴る機能が搭載されているので、二度寝する事もなく清々しい朝の目覚めを実感できるようになるのです。

  • Facebook
    シェア
  • Twitter
    ツイート
  • はてなブックマーク
    はてブ

212



ページのトップへ