公開日:2018/07/27 

高反発マットレスにはどんな種類がある?種類とメリットの違い

睡眠を出来るだけ良いものにするためには寝具がとても重要な役割を果たすことになります。睡眠の際に使用するマットレスにも様々な種類があり、その種類により特徴も大きく異なります。

その為、高反発マットレスの特徴を正しく理解して自分の体に合ったものを使用することが安定した睡眠、良質な睡眠を得るために必要不可欠となります。

反発力が高いウレタンタイプ

高反発マットレスの中で最も多いのがウレタンタイプの高反発マットレスとなります。

ウレタンタイプには低反発と高反発があり、低反発は体の形にウレタンが変形して大きく沈み込むタイプのマットレスとなりますが、それ以外のウレタンマットレスを高反発マットレスと言います。


ウレタンタイプの特徴としては非常にクッション性、反発力が高く体をしっかりと支えることが出来るため寝姿勢を安定した状態で維持することが可能になります。

ウレタンは安価にマットレスを作ることが出来るという点もあり、高反発ウレタンマットレスには非常に安価な数千円程度で購入出来るものも存在しています。

しかしウレタン素材というものにも色々な種類があるので、全ての高反発ウレタンマットレスが安価なわけではありませんし、安価なウレタンの場合は耐久性に問題があるなどメリットだけでなくデメリットもあります。

CHECK!

ウレタンタイプは玉石混淆という側面もあるため、製品をしっかりと確認しないと自分に合ったマットレスを選べず失敗したと言うことも起きやすくなります。

通気性に関しても発泡の度合いで全く通気性が変わりますが、ウレタンそのものの通気性はそれほど高いものではありませんし、日の下で干してしまうとウレタンが固くなるという性質もあるので干して乾燥させると言うことが出来ません。

もちろん水洗いも出来ません。他の素材と比べて反発力がどの部分でも一定という特徴もあるので、人によっては固すぎると感じることもあるでしょう。

しかし購入しやすい点ではウレタンタイプが秀でていますし、色々な種類から選べるのでその点を考えるとメリットも大きい素材だと言えるでしょう。


通気性が良い樹脂タイプ

樹脂タイプの高反発マットレスは空気を非常に多く含むため非常に通気性が良いと言うのが特徴となります。

ウレタンの場合は密度が高く詰まっていますが、樹脂タイプは樹脂を発砲させたものや樹脂を繊維状にしてマットレスの形にしたものがほとんどですので、90%以上が空気で出来ているという商品も多く、汗などを内部に溜めることなく素早く乾くと言った優れた特徴があります。

POINT!

ウレタンの場合は水洗いできませんが、樹脂タイプの場合は水洗いOKとなっている商品もあり、洗うことで清潔に保つことが出来るというメリットもあります。

反発力に関してはウレタンに負けず劣らずで体圧分散性能も高いですし、それによる寝姿勢の安定と寝返りの打ちやすさも優れていると言えます。

しかし樹脂タイプにも弱点となる特徴があり、樹脂性のため非常に熱に弱いというデメリットがあり、電気毛布などの使用をしてしまうと樹脂が熱により溶けて固まってしまうことになります。

その為、熱源が近くにある場合にも、その熱の影響を受けて反発力が無くなってしまう恐れがあります。

90%以上が空気という作りのためウレタンに比べて、その寿命が短くヘタりやすいのも樹脂タイプの弱点ですし、ウレタンのように安価に製造できないため、マットレスの価格が高いと言う特徴もあります。

それと一見軽そうなイメージの樹脂タイプですが、実際にはウレタンの倍くらいの重量があるため非常に重く、納める際の負担が大きいのもデメリットとなります。

しかしウレタンには無い通気性や優れた反発力は良い睡眠を与えてくれるプラスの要素となります。

体圧分散に優れたコイルタイプ

コイルタイプは樹脂製やウレタン製とは異なり、内部に小さな金属製のコイルを敷き詰めた形のポケットコイル型と、らせん状のコイルスプリングを連結させてあるボンネルコイル型があります。

ボンネルコイル型

ボンネルコイル型の特徴はスプリングが連結しているため体を面で支える構造となっており、寝た場合の感触が固いという特徴があります。

揺れに関してもコイルが連結しているため揺れが伝わりやすいといえます。

ポケットコイル型

一方のポケットコイル型はコイル一つ一つが独立してマットレス内部に敷き詰められているため、体を点で支えることができ、体圧分散も非常に優れている特徴があります。

近年のコイル型高反発マットレスはこのポケットコイル型が主流ですので、ポケットコイル型を選べば寝姿勢が安定した状態で睡眠を得られやすくなりますし、揺れに関してもボンネルコイルとは異なり、ほとんど揺れが感じられないため安心して睡眠を行えます。

ただしコイル型のマットレスは金属コイルを使用しているためその重量がとても重たいと言う特徴があり、一旦設置してしまうとウレタンや樹脂製のように簡単に動かすことが出来ません。

それと金属のコイルを大量に敷き詰めているという構造上、どうしてもコスト面での負担が大きく価格がとても高額になるというデメリットもあります。

POINT!

しかしコイルを使用しているためマットレスの厚みが確保できるので安定した形状を維持できますし、見た目にも高級な印象のマットレスとなるのでその点においてはウレタンなどとは一線を画すマットレスと言えます。


自分に合ったマットレスを選んで安定した睡眠を

マットレスにも色々な素材が使用されており、それぞれに一長一短あります。その為、ウレタンや樹脂、コイルの特徴を正しく理解し、それぞれの使用感がどのようなものかを知っておく必要があります。

健康な場合と腰痛などを患っている場合とでもマットレスが合う、合わないということもありますし、予算的な問題もマットレスを購入する際には必ず絡んできますので、自分の体の状態や支払える予算と相談して、その中で最も使いやすくメリットのあるマットレスをチョイスすることで、安定した睡眠を得ることが可能になるのではないでしょうか。

  • Facebook
    シェア
  • Twitter
    ツイート
  • はてなブックマーク
    はてブ

232



ページのトップへ