公開日:2018/07/27 

高反発マットレスで睡眠の質を向上!睡眠改善マットレスランキング

最近よく寝れない、疲れが取れない…という時は寝具の柔らかさをチェック!高反発マットレスといえば、疲れの取れやすさや熟睡度合いなど、睡眠の質を改善してくれる効果が魅力。

そんな高反発マットレスのなかでも、特に睡眠の悩みを改善してくれるのはどれ?睡眠の質を改善するための寝具選びのポイントと合わせてランキング形式で紹介します。

ぐっすり眠るための寝具選びのポイント

身体の沈み込みを抑えた寝心地の良さ

快眠を得るのに、今話題となっているのが高反発マットレスです。少し前までは低反発マットレスが主流でした。

確かに低反発マットレスはフワフワで寝転がると気持ちいいのですが、睡眠中に腰や背中がマットレスに沈み込んでしまい、腰痛などの原因となってしまうことが多いのです。

そこで、寝具メーカーがそういった弱点を改善するために作った商品が、高反発マットレスです。

行き過ぎた身体の沈みこみを抑えて、まるで立ったまま寝ているような状態で眠ることができます。ようするに、腰や背中への負担を大幅に減らすことができるのです。

寝返りのしやすさ

さらに、高反発マットレスは就寝中に最も重要な動作、寝返りにも最適です。

もしかすると寝返りと聞くと寝相が悪いというイメージをお持ちの方もいるかもしれませんが、実はどんなに寝相が良いと思われている方でも、身体を半回転させるような寝返りを、就寝中に何度も行っているのがわかっています。

実は体温調整や、同じ姿勢をとり続けることによる筋肉の硬直の回避など、寝返りには様々な役割があります。

今までの流行の最先端であった低反発マットレスは、背中や腰が沈み込んでしまうため、寝返り動作がしにくいという欠点がありました。

しかし、高反発マットレスは反発力が高く、背中や腰の沈み込みは最低限なので、コロンと軽く寝返りを打ち、身体に優しい体制で眠ることが可能なのです。

温度調整機能が高い

寝心地も良く、寝返りもしやすい高反発マットレスは通気性にもとても優れています。

低反発マットレスは通気性が悪く、沈み込んだ部分が蒸れてきたりして、フワフワしているのにすごく寝心地が悪いと思っていた方も多いようです。

高反発マットレスは、低反発マットレスに比べて通気性が良く、温度調整機能が高いという特徴を持っています。

また、高反発素材に加えてコイルなどの素材を使っている高反発マットレスは、他のマットレスに比べて更に通気性が良いのです。

通気性の悪いマットレスは、ダニやばい菌の温床となり、子供の健康を害すると考えられていますので、必ず通気性の良いマットレスを選ぶようにいたしましょう。

睡眠の質を上げるならこれ!高反発マットレスランキング

評価
価格
98,000円+税(送料無料)
素材
独自素材クラウドMAXウレタン
注目
驚きの13層構造
厚さ最大級の27cm

寝心地も身体への負担も段違い!1位は13層やすらぎマットレス!

寝返りのうちやすさ、温度調節、そしてバツグンの寝心地で見事1位に選ばれた13層やすらぎマットレス。

身体の疲労をとる高反発マットレスには寝心地があまり良くないものもありますが、こちらのマットレスはウレタンとコイルを両方使うことでふわふわの寝心地を実現。

体を自然なカーブの状態にキープするため体の負担が少なく、気持ちよく寝れるという絶妙なバランスで極上の眠りへと誘います。

温度調節機能もしっかりしているので、少々値は張りますが、毎日の睡眠のことを思えば買って損なしのオススメ高反発マットレスです!


評価
価格
39,204円(税込)
素材
エリオセル
注目
手軽さと厚さの両立が嬉しい16cmウレタン

2位のマニフレックスは「睡眠のクオリティアップ」がテーマなだけあって睡眠改善効果も◎

13層やすらぎマットレスほどのふわふわ感はありませんが、程良い反発力がしっかり快眠をサポートしてくれます。理想的な睡眠時の姿勢をキープし、血流をよくしてくれるので疲労回復にもぴったり。

ウレタン系のマットレスにありがちなムレや熱が篭ることもないため、夏場も冬場も快適に眠ることができるウレタンタイプの中ではイチオシのマットレスです。


評価
価格
22,800円(税抜)
素材
ナノブリットR&ファイバークッションの二層構造
注目
お手軽価格で水洗いも可能

あまりコストをかけずに睡眠改善をしたい人にオススメなのがトゥルースリーパーセロ。

1位の13層やすらぎマットレスのような劇的な睡眠改善には向きませんが、手頃な価格のため今のマットや布団にちょっとプラスしたい場合に便利です。

トゥルースリーパーセロは裏表で違う素材を使用しているため、夏冬で使い分けが可能。丸洗いもできるので、暑がりで汗をかきやすい人にもオススメです。


眠りの質を上げるなら13層やすらぎマットレスがオススメ

これまで高反発マットレスの良い面をたくさんあげてきましたが、これらの特徴を全て満たすような高反発マットレスは存在するのでしょうか。もしかすると既にテレビでのこの商品に似たものを見たことがある方も中にはいるかもしれません。

一時期話題となり、連日テレビで報道されていた「雲のやすらぎ布団」を作ったメーカーが開発した「13層やすらぎマットレス」です。ちなみに後者も連日報道、楽天ランキング1位など、輝かしい経歴を持っています。その厚みはなんと大ボリュームの27㎝。

さらに、メーカーが出している図解を見ればわかるのですが、本当にマットレスの中の密度が高いことがわかります。加えてコイルを使用していますので通気性も抜群なのです。もちろん寝返りも楽に打てますし、寝心地も良いので本当にオススメの商品です。



中国製は中身が水増しされている可能性があるかも?

ひとくくりに高反発マットレスと言っても、なかにはオススメできないような高反発マットレスも存在します。そういった商品は広告などで判別できます。

「密度がすごい!」と、このように書かれているのに、詳しく言及していないのは粗悪品の疑いがあります。厚みを減らせば、いくらでも密度は高まります。厚みはマットレスの耐久性で重要な要素です。

また、中国で生産されているマットレスは、カタログスペックは良くとも、中身が水増しされている場合もあります。

密度良し、厚み良しと思っていたら、実は変な素材が中に入っていて、壊れた拍子に中が見えたときなどに、驚くことがあります。

POINT!

マットレスに関しては、歴史のある欧米のものか、安心できる日本製を選んだほうが良いでしょう。


  • Facebook
    シェア
  • Twitter
    ツイート
  • はてなブックマーク
    はてブ

226



ページのトップへ