公開日:2018/07/27 

国産マットレスは何が違うの?中国産との違いはここだ!

マットレスは原産国によって品質に違いがありますが、何を意識するかによって選択する事が可能です。

使い方によっては安価なものを選択する事も可能ですが、長期間の使用によって健康面や満足度に大きな違いがを産む事になります。

国産、中国産マットレスではどこが違っているか知っておく事も選択時の基準として必要になります。

マットレス原産国の特徴は?

マットレスの原産国は主に欧米産、日本産、中国産があり、それぞれの特徴を知っておく事が望ましいです。

欧米産

欧米産は最もベッドで寝る歴史が古い分、発泡技術も進み品質が高いという特徴がありますが、輸入時に輸入コストが上乗せされる為に割高であるパターンも多いです。

日本産

日本で作られている国産マットレスは、品質や技術力で欧米に追いつこうとしており、きめ細やかさ等では国産は分があり、輸送費がかからない事から高品質かつ安価に手に入れる事が出来る可能性があります。

中国産

中国産は安価な商品が多いですが、コピー品や粗悪品が多い傾向にあり、コピー能力が高まっていて質の良いものがあるものの、ウレタンを混ぜて密度を底上げしたり問題を抱えた商品が多いです。

これらはおおまかな特徴であり、それぞれの原産国だけで区分けしきれない部分もありますが、国内では国産と中国産どちらを選ぶか迷う方が増えてきています。

国産と中国産の違いはどこ?

国産と中国産マットレスの大きな違い

  • コスト
  • 品質

中国は人件費が高騰しているとはいえ、それでも安価なマットレスが多いですから、コスト負担を考えれば中国産を選ぼうとする方が多い面もあります。

国産マットレスと比べて中国産は安いので、コスト重視の方は選ぶのも有効ではありますが、品質面に差がある事は否めません。

最近は情報社会で中国産でも技術向上している面もあるので、全ての中国産の品質が悪いと断言出来るものではないのですが、利益の為に悪い素材を混ぜている商品が多く、粗悪品を掴んでしまうリスクがあります。

国産マットレスは輸入コストもかからず、日本特有のきめ細やかさがありますし、欧米産と同等レベルの技術力を備えながら、それ以上に丁寧に作られているマットレスも多いです。

国産と中国産で迷っている場合は、この二点には注意して選択する事が望ましいと言えます。

国産マットレスが良い理由とは

国産マットレスは高品質である事と、輸送費用が掛からないですからコストパフォーマンスの良いマットレスを手に入れる事ができる可能性があります。

信用できるブランドメーカーも多く、粗悪品を掴まずに安心して購入する事ができるので、自分に合ったマットレスを選ぶ事ができます。

寝心地の確認を行って、適切な硬さのものを探すのも良いですし、何よりも国産商品を選択する最大のメリットは、日本人の体型や環境に合ったものを追求しているという事です。

日本の風土は独特であり、通気性等も考慮して日本の環境に合うマットレスは国産商品が相性良く、品質管理も徹底されており、作り込みも細部まで丁寧という日本職人の特性が反映されています。


原産国だけでなく種類や特徴も知っておく

低反発や高反発、他にも様々な種類のマットレスがあり、それぞれ特徴が違うため、原産地の特徴だけではなくマットレスの種類やその特徴を知っておく事も必要です。

低反発

低反発は寝心地を重視した沈み込む感覚のマットレスであり、腰痛持ちの方には向いていないと言えますが、保湿性が高くて寝心地は非常に良いマットレスになっています。

高反発

高反発は眠る時の姿勢を整え、疲労回復効果が高く、その分寝心地は硬い印象になり、マットレスに使われる素材は商品によって違いますから、寝心地に関してもかなりの差があるものです。

低反発マットレスやポケットコイルよりも寝心地が劣るものの、寝返りを打ちやすくて腰痛予防に繋がる効果があり、近年では人気が高いマットレスとして知られています。耐久性も高いですが、安い商品を選択すると逆効果になる事もあるので、目安としては3万円以上のマットレスを選ぶのが望ましいです。

他にもボンネルコイルは低価格を求める方に向いていて、こちらも腰痛持ちにはリスクがあるマットです。

高密度スプリングは耐久性が非常に高いですが寝心地が固い、ポケットコイルは2人で寝るマットですが、中国産の場合はコイルの数が少なくて耐久性が落ち、国産はコイルの数が多くて造りが精巧です。

ポケットコイルの場合はスプリング部分の硬さが商品によって全く違っており、腰痛を持っている場合は硬い国産ポケットコイルがオススメと言えます。

それぞれのマットレスの種類のメリットやデメリットを知った上で、原産地も考慮する事によって適切なマットレス選びが可能になり、購入後も納得のできる商品を選ぶ事ができます。

安いだけじゃダメ!品質や特徴も大事なポイント

マットレスの種類に応じたメリットとデメリット、原産地によって違う特徴をふまえた上で選ぶ事が重要です。

国産と中国産マットレスの選択に悩む方は増えていますが、コスト面や品質の違い、様々な要素を考慮して選ぶ必要があり、安いというだけで中国産を選ぶのは避けて、国産マットレスの品質の良さや特徴を知った上で選択してみてはいかがでしょうか。

  • Facebook
    シェア
  • Twitter
    ツイート
  • はてなブックマーク
    はてブ

91



ページのトップへ