公開日:2018/07/27 

ドルメオの評判をチェック!口コミ高評価のカビにくさとは?

心地の良い眠りを得るためにはやはり寝具というものがとても重要となります。

特に布団やマットレスに関しては寝姿勢に多大な影響を与えるため、腰痛などの原因にもなる可能性があるため、寝姿勢に影響を与えにくい寝具の利用が必要となります。

ドルメオはその寝姿勢を理想的な形に保ちながら睡眠が出来るとても優れたマットレスとなっています。

ドルメオ(FUTON DO4520 二層タイプ)の価格調査!基本スペック

価格(各サイズ) セミシングルサイズ 37,900円(税抜)
シングルサイズ 39,900円(税抜)
セミダブルサイズ 49,900円(税抜)
ダブルサイズ 59,900円(税抜)
厚さ 10センチ
構造 2層ウレタン構造
コイルの種類
生産国 イタリア

ドルメオのココがいいというポイントは、やはり2層構造による寝姿勢の安定性と、多孔質構造による通気性の素晴らしさ、クッション性と復元性の両立ではないでしょうか。

2層構造にすることで体圧分散をバランスよく行えるようになっています。それによる腰への負担軽減は、腰に何らかの不安を抱えている人にしてみれば非常にあり難いことですし、常に寝姿勢を正しい状態、負担の無い状態で眠れるということは睡眠の質も大幅に向上しますので疲れの取れ具合も格段に良くなります。

通気性に関しても汗かきの人にしてみれば非常に優れた機能だと言えますし、通気性の良さにより熱なども逃げやすくなるため、寝ている間の寝苦しさも改善できて非常に寝ることが楽しみになる商品に仕上がっています。

ドルメオの人気の理由は?3つのチェックポイント

睡眠の質をあげる

ドルメオでは睡眠の質を上げるために寝姿勢を安定させるということだけでなく、睡眠時の不快な汗による湿気や熱をマットレスに出来るだけ篭らせないといった工夫もしてあります。

人は寝ている間に寝返りを打ちますし、汗もかき、それによりどうしても睡眠の質が低下してしまうということがあります。

しかしドルメオの場合は睡眠の障害となるものを限りなく除去することで睡眠の質を向上させることに成功したマットレスに仕上がっています。

工夫は2種類の固さのウレタン、それによる体圧分散、そして多孔質構造による通気性が大きな特徴となります。

腰痛改善

寝ている間に腰痛になるというケースも非常に多いわけですが、ドルメオの場合は腰痛改善をコンセプトに掲げていますので使用することで腰痛を改善することも可能となります。

その工夫に関しては体圧分散に拘ることで、寝ている間に腰に集中しがちな耐圧をバランスよく分散させることに成功しています。

この優れた体圧分散性能は安眠をもたらすと共に腰への負担も大幅に軽減してくれますので、腰痛改善効果も高く理想的な寝姿勢での睡眠が可能になります。

通気性・耐久性

耐久性に関してはドイツの工業規格「LGA-GERMANY」を取得しているためその耐久性は疑うところも無く非常に長期間の耐久性が保証されています。

ふとんタイプのドルメオ(FUTON DO4520 二層タイプ)は3年間の保証が付いていますし、マットレスタイプのものであれば12年間の保証を実現しているほど耐久性は高いものとなります。

通気性に関しては多孔質構造を取り入れることで睡眠時の汗などを拡散して逃がす作用があるため、快適な通気性の中睡眠を行うことが出来ます。

ドルメオのこだわりはココ!

ウレタンタイプの高反発マットレスに起きがちな、カビやダニといったトラブルを防いでくれるのがドルメオ。

体圧分散はもちろん、通気性にもこだわっているので快適さも◎ただし、厚さが10cmとそこまでの厚さはないが惜しい所。

クッション性と復元性を兼ね備えた新素材「エコセル」

体圧分散には非常にこだわっており、2種類の固さのウレタンを組み合わせて使用しているほどのこだわりようです。

この素材は新素材のエコセルと呼ばれるもので、クッション性と復元性の両方をバランスよく兼ね備えた高反発ウレタンフォームとなっています。

このエコセルの使用によりドルメオは体圧分散が理想的なものになったといっても過言ではありません。

抗菌防臭・防ダニ効果に優れたサニタイズ加工

マットレスやふとんは使用していくうちに衛生面で大きな問題が生じることがありますが、ドルメオは抗菌防臭・防ダニ効果に優れたサニタイズ加工という衛生加工を施してあります。

その為菌や臭いを寄せ付けず、ダニもシャットアウトできるため常に快適な使用感で使用し続けることができます。カバーは簡単に取りはずせて自宅で洗濯できるためさらに衛生的に使用できます。

多孔質構造で通気性を確保

寝ている間の汗や体温というものはどうしても布団などの内部に篭りやすくなりますし、それが快適な睡眠を妨げる原因にもなります。

しかしドルメオは多孔質構造にこだわりそれを取り入れることにより、睡眠時の汗などを発散し熱なども外部に逃がしやすい構造にしてあります。

このことにより他のマットレスとは比較にならない通気性を確保することに成功しています。

好みの硬さを選べる2層構造

ドルメオの特徴でもある2層構造ですが、これは2種類のウレタンを組み合わせることで初めて実現した構造となっています。

片方には柔らかいウレタンを用い、もう片方には硬めのウレタンを用いることで、2つの硬さをチョイスして自分の好きな固さの面で睡眠をすることが可能になっています。

その為マットが柔らかすぎる、逆に硬すぎるといった不満も解消することができます。

使い勝手は良いけど、厚さは他社より薄め?

ドルメオはサイズもセミシングルからダブルまで幅広く取り揃えてありますし、三つ折にして押入れに収納することも出来る非常に使い勝手の良い商品です。

特に腰痛持ちや最近腰が痛くなってきたといった人にはオススメですし、良い睡眠がなかなか取れないという人も、体圧分散による理想的な寝姿勢を維持できますので、通常の布団を使用するよりも遥かに良い質の睡眠をとれるようになります。


通気性などにも問題はありませんし、何より軽く運びやすいためどの部屋ででも使用可能な持ち運びできる高反発マットレスとなっています。

価格は一見高額に見えますが、その性能のことを考えればむしろ安いと感じるほどの睡眠を約束してくれますので、非常にオススメなマットだと言えます。


ドルメオは様々な優れた性能や工夫が見受けられるとても使いやすい製品ですが、残念な点はやはりその厚さにあると言えます。

ドルメオは高反発マットレスの部類に入る商品なのですが、ドルメオ(FUTON DO4520 二層タイプ)に関してはその厚さが10cmしかないため、13層やすらぎマットレスなどの高反発マットレスと比べると少々薄い印象も受けます。

体圧分散にこだわっているとはいえ、どうしても同じ場所で寝ることが多くなるためその部分が徐々にへこんでくるのがドルメオの欠点だといえるでしょう。

  • Facebook
    シェア
  • Twitter
    ツイート
  • はてなブックマーク
    はてブ

74



ページのトップへ