公開日:2017/05/26  最終更新日:2018/07/18

目力の決め手は下まつげ!便利な下まつげ用マスカラをご紹介

大きく印象的な瞳を作るためには、下まつげにもしっかりとマスカラを塗って、ボリュームをアップさせることが大切です。

今回は、下まつげに使えるおすすめのマスカラや、下まつげをより美しく仕上げるポイントなどをご紹介していきます。

下まつげにもマスカラを!

下まつげメイクのメリット

上のまつげにはしっかりとマスカラを塗るけれど、下まつげにはマスカラを塗らないという方も多いのではないでしょうか。しかし、大きく印象的な瞳を作るためには、下まつげのメイクが非常に重要です。

小顔効果

下まつげの長さやボリュームがアップすると、目の縦幅が広くなるため、丸く大きな瞳に見せることができます。

下まつげをつけて目を大きく特徴的にするということは、目の割合が増え、下まつげから下の顔の面積が減るので、小顔の効果を期待することができます。

顔全体の印象が変わる

丸く大きな瞳と、目から下の長さが短い顔立ちは、若々しくキュートな印象を与えます。そのため、下まつげメイクは老けて見えがちな顔立ちの方に特におすすめです。

下まつげのボリュームをアップさせるだけで、目だけではなく顔全体の印象がガラリと変わりますよ。

下まつ毛にマスカラを塗るときのコツとは

下まつげにボリュームをつける方法にはマスカラのほかにも、まつげエクステ、まつげパーマ、つけまつげなどのさまざまな種類があります。

その中でも、最も手軽でまつげに負担がかかりにくいのが、マスカラを使ってボリュームアップさせる方法です。

しかし下まつげは上まつげよりも細く短いため、マスカラが塗りにくい部分でもあります。そこで、下まつげにきれいにマスカラを塗るコツをご紹介します。

マスカラを塗るコツ
  1. マスカラのダマができないよう、マスカラ液を軽くティッシュオフする
  2. あごを引いて鼻下を伸ばし、目線をやや上向きの状態にする
  3. 下まつげは浮き上がりやすいため、まずは毛先のみにマスカラを塗って重みをもたせる
  4. まつげの根元から毛先に向かってマスカラを塗っていく
  5. 目尻や目頭などの塗りにくい部分は、マスカラブラシを立てて一本一本丁寧に塗っていく

下まつげ専用のマスカラが便利!

普通のマスカラではどんなに塗り方に注意してもうまくいかない…という方には、下まつげ専用のマスカラがおすすめです。

下まつげ専用のマスカラは、普通のマスカラよりも小さなブラシで作られているため、塗りやすいように小回りがきくのが特徴。

下まつげの特徴である細く短いまつ毛までもしっかりと捉えて、長さとボリュームをアップさせてくれます。もちろん下まつげだけでなく、上まつげの目尻や目頭などにも使えます。

また、ブラシが大きいマスカラだと液がつきすぎたり、まつげが束になってしまうことも。こうなってしまっては、いくらマスカラをつけてボリュームアップしても汚い目元に見えてしまいます。

ブラシの小さな下まつげ専用のマスカラを使えば、細く短い下まつげにも自然なボリュームを出すことができ、目を大きく見せることができるでしょう。

下まつげにつけるおすすめのマスカラ3選

下まつげに塗るのに、おすすめのマスカラをご紹介していきます。

クリニーク ラッシュ パワー カーリング マスカラ

まずご紹介するのはクリニークの「ラッシュ パワー カーリング マスカラ」。クリニークが日本人女性特有の目に合わせて開発したマスカラです。

小さくて、緩やかなカーブの三日月型ブラシを採用しているので、短いまつげもキャッチしやすく、まつげ一本一本をきちんとセパレートした繊細な仕上がりになります。

また汗や皮脂、涙にもにじみまないのがクリニークならでは。マスカラを落とす際は、ぬるま湯で優しく洗い流すだけで簡単に落とすことができます。

デジャヴュ タイニースナイパーa

次は「塗るつけまつげ」で有名なデジャヴュの「タイニースナイパーa」です。従来の塗るつけまつげシリーズと同じく、汗や皮脂をはじいてにじまず、お湯でオフできるタイプのマスカラとなっています。

タイニースナイパーaは、下まつげだけでなく目尻や目頭にも塗りやすい、部分用マスカラです。極小のブラシに絶妙な角度がつけられており、目尻や目頭に入り込みやすい作りのマスカラになっています。

また、メイクをする際に握りやすい長グリップを採用しているので持ちやすく、短く細いまつげにも塗りやすいと評判の部分用マスカラです。

メイベリン ラッシュニスタ ケアプラス

最後にメイベリンニューヨークの「ラッシュニスタ ケアプラス」。こちらの商品もクリニーク同様、日本人の目に使いやすいように設計されたマスカラのため、ブラシがとてもコンパクトになっています。

コンパクトブラシだから一本一本のまつげをしっかりととらえて、きれいに塗ることができます。ダマのない美しい仕上がりにしてくれます。

また、まつげをケアしてくれるヘアケア成分も配合されているので、マスカラを塗っているメイク中でもハリやコシのあるまつ毛のケアにつながります。

下まつげを美しく仕上げるために

まつげがダメージを受ける原因とは

まつげが極端に短かったりすると、どんなにマスカラを塗ってもボリュームを出すことができません。

まつげは、毎日さまざまな原因でダメージを受けています。美しい下まつげに仕上げるためには、まつげそのものを綺麗に保つことも大切です。

まずは、まつげへのダメージをできる限り減らすことを意識していきましょう。まつげがダメージを受ける原因には、以下のようなものがあります。

ダメージの原因
  • 紫外線
  • 睡眠不足、ストレスからくる影響
  • ビューラーの使い過ぎ
  • 目をこする癖などからくる刺激
  • マスカラやアイメイクの落とし残し
  • まつげエクステの接着剤や、まつげパーマ液の刺激

美容液を使って美しいまつげに

健康で美しいまつげを保つためには、まつげ美容液がおすすめです。まつげ美容液には、紫外線などによる刺激から保護し、まつげを太く丈夫にする成分が配合されています。

まつげに有効な成分とは
  • ハリやコシを与える成分:海藻エキス、褐藻エキス、パンテノール
  • 保湿作用のある成分:ヒアルロン酸、コラーゲン
  • 血行を促進させる成分:オタネニンジン根エキス、シルクアミノ酸
  • 発毛をサポートする成分:アセチルデカペプチド、ビオチノイルトリペプチド-1

まつげ美容液の成分は、商品の裏面の成分表示の他にも、公式サイトの情報等でも確認することが可能です。

気になるまつげ美容液を見つけたら、まずはその商品に上記のような成分が含まれているかチェックしてみましょう。

まつげが伸びるマッサージ法

まつげの抜け毛が多かったり、新しいまつげがなかなか生えなかったりする方には、まぶたのマッサージがおすすめです。

まぶたをマッサージすることによって目元の血流を促進してむくみや小ジワ、クマなどを解消させ、まつげが育つ環境を整えてあげることができます。

まつげが伸びるマッサージの方法は、以下の通りです。

マッサージを行う前に、ホットタオルでまぶたを温める
親指の腹で、眉毛の下の部分を骨に沿って内側から外側へ押していく
目の下の骨を、目の真下⇒顔の内側⇒顔の外側と移動させながら押していく
人差し指と中指でこめかみ周辺をマッサージして、鎖骨へ流す

目元の皮膚は、ほかのパーツと比べても薄く繊細なので、強く押さずにやさしく丁寧にマッサージすることを心がけましょう。

下まつげにもマスカラをつけて顔の印象を変える!

下まつげにマスカラを塗るだけで小顔効果が得られたり、顔の印象が変わったように見せられたりと、さまざまなメリットがあります。

もちろんマスカラには目を大きく見せてくれる効果もありますから、メイクに取り入れてみるのもいいのではないでしょうか。

ご紹介した方法を参考に、下まつげのメイクに一工夫を加えて、魅力的な自然で美しい下まつ毛にしていきましょう。

  • Facebook
    シェア
  • Twitter
    ツイート
  • はてなブックマーク
    はてブ

1,951



ページのトップへ