公開日:2018/02/08 

背中の肉が流れるとおばさん体型に!脂肪の流れを防いで背中を綺麗に見せるポイントは?

バストの悩みは、大きさや形など歳を重ねるごとに色々と増えていきます。寝転んだ時にバストが背中に流れると、なんだか「おばさん体型」のように感じてしまいます。

今回は、背中に脂肪が流れるのを防ぐ方法や背中を綺麗に見せるブラ選びのポイントについてご紹介しますので、ぜひ参考にして下さい。

脂肪が背中に流れる原因とは?

立っている時はキレイな形を保っているバストですが、寝転んだ時に背中へ流れてしまうのは一体どうしてなのでしょうか。

だらりと背中に流れてしまうと、このままバストの形が崩れてしまうのではないかと心配になる人も多いでしょう。バストが背中へ流れてしまう原因は、「大胸筋の筋力の低下」にあります。

女性のバストは、以下の4つで構成されています。

  • 脂肪組織
  • クーパー靭帯
  • 乳腺
  • 大胸筋

バストの下部にあたるのが「大胸筋」となりますので、この筋力が下がってしまうことで、丸いキレイな形を保つことができなくなります。

立っている時は、重力が下に向いているのでバストが背中や横に流れることはありません。しかし、大胸筋の筋力が低下した状態で寝転ぶと、重力によってバストは横や背中へと流れてしまうのです。

脂肪が背中に流れやすい人は?

バストの特徴によっても、脂肪が「流れやすい人」と「流れにくい人」がいるのです。

バストが背中へ流れやすい人は、「胸が大きく柔らかい人」です。バストが大きいとそれだけ脂肪の量も多いですから、筋力が低下していると脂肪の重みで余計に流れやすくなってしまいます。また、バストが柔らかいと脂肪は流動しやすくなります。

バストが硬い人は多少の筋力低下でも脂肪は流れにくいですが、柔らかい人は少しの筋力低下でも流れやすくなってしまうのです。年齢が進むと誰でもバストの形に悩みますが、「バストが大きい人」「バストが柔らかい人」は特に気を付けた方が良いでしょう。

脂肪が流れを放置するとどうなるの?

では一体、背中に脂肪が流れている状態をそのままにしておくと、どうなってしまうのでしょうか?

  • 胸が実際より小さく見える
  • そのまま放置すると実際に小さくなってしまう

なにもしないでおくと、見た目が小さく見えてしまうのはすぐに分かることですよね。危険なのは、「バストが小さくなってしまう」ということです。

バストを形作っているもののほとんどが「脂肪」です。脂肪は流動的ですから、背中に流れている時間が長ければ長いほど、脂肪が背中に固定されやすくなります。

そのまま放置をしてしまうと、もとはバストだったはずの脂肪が、いつのまにか背中の脂肪へ変わっている、といった状態になってしまうのです。

脂肪の流れを止めるためにはどうしたらよい?

それでは、背中に脂肪が流れてしまうことを防ぐにはどうしたら良いのでしょうか?バストが小さくなってしまう危険性があるとしたら、一刻も早く何か対処をしたいと誰もが感じますよね。

脂肪の流れを止めるには、「大胸筋を鍛えること」が最も効果があります。もともと、大胸筋の筋力低下が脂肪の流れの原因ですから、大胸筋を再び鍛えてあげれば良いのです。

大胸筋を鍛える方法はいくつかありますが、おすすめの方法を2つご紹介しますので、ぜひ参考にしてみて下さい。

トレーニングで大胸筋を鍛えよう!

大胸筋を鍛えるには、毎日トレーニングすることが効果的です。大胸筋に効果があるトレーニングをいくつかまとめてみました。

  1. 腕立て伏せ
    普通の腕立て伏せでOKです。10回を3セットほどやると効果的です。
  2. バストアップのポーズ
    胸の前で手のひらを合わせ、前後、左右、上下に動かします。この時、両手で押し合うようにするのがポイントです。それぞれ5回ずつ動かしましょう。

大切なことは「継続」することです。諦めずに1ヶ月は続けるつもりでチャレンジしてみましょう。

ナイトブラも効果的

「筋トレを継続するのはちょっと苦手…」という方は、ナイトブラを使用してみましょう。ナイトブラとは、寝る時に着用するだけで、バストの形が崩れることを防いでくれる下着です。

寝る時に普通のブラをつけると窮屈な感じがしてしまいますが、ナイトブラは寝ている時につける用に開発されているのでその心配はありません。

背中の肉をバストに変えることはできる?

中には、「もうすでに背中へ脂肪が流れてしまっている!」という人もいるかも知れません。そうなってしまった場合はもう諦めるしかないのでしょうか?いいえ、そんなことはないので安心して下さい。

ちゃんとケアを行えば、背中の肉はバストに戻ってきます。さらに「バストアップ」も期待できるかも知れません。「おばさん体型」を脱出するためにも、これからご紹介する方法をぜひ試してみて下さい。

バスタイムを有効活用!

「脂肪」というのは、温まると流動しやすいことはご存知でしょうか?身体が1番温まる時といえば、「バスタイム」ですよね。湯船につかりながら、背中の肉をバストの方へ流すようにマッサージをしてあげましょう。

この時、お腹の肉も一緒に移動させることで、バストアップも期待できます。滑りにくくてマッサージしにくいという人は、身体を洗う時でも構いません。バスタイムも有効活用しましょう!

自分に合った下着をつけること!

毎日つけている「下着」にも、実は秘密があるのです。サイズの合っていない下着や間違ったつけ方は、バストの崩れに繋がることがあります。

正しい下着選びとつけ方のポイントをまとめましたので参考にしてみて下さい。

  1. 下着を外しても跡がつかないサイズがベスト
  2. 周りのお肉を集めるようにしてブラをつける
  3. 着用した時だけでなく、こまめにブラをつけ直す

背中を綺麗に見せるブラ選びのポイント

背中を綺麗に見せるブラ選びのポイントは、正しいサイズのものを選ぶことだけではありません。背中を綺麗に見せたいときは、着け心地やアンダーベルトのタイプを選ぶなどの考慮しましょう。

以下のポイントもあわせてチェックしてみてくださいね!

まずは着け心地のよいものを

正しいブラジャーのサイズがわかったら、素材にもこだわりましょう。ブラジャーは肌とぴったり合わせて着用するものなので、ほかの衣服に比べ、特に着け心地は重視したいですよね。

着け心地が悪く、体にしっかりフィットしていないとブラジャーがずれてしまったり、摩擦による肌荒れを起こしたりする可能性もあります。

アンダーベルトのタイプにこだわろう

バストをしっかり支えてくれるアンダーベルトは脇高のものを選ぶことで余った肉の盛り上がりを抑えられます。アンダーベルトの締め付けがきつく、幅が狭いタイプのものは、どうしても脇や背中の余った肉がはみ出やすくなり、背中を綺麗に見せることが難しくなってしまいます。

また、アンダーベルトの脇があたる部分にワイヤーが入ったタイプのものもおすすめです。ワイヤーが入っていると体にフィットさせやすくなるため、余分な隙間ができないので背中を綺麗に見せてくれます。

背中を綺麗に見せるおすすめブラ

背中を綺麗に見せるためのブラ選びのポイントをご紹介しましたが、実際に下着売り場へいって、ブラを選ぶとなるとどのような商品を購入すればよいのか迷ってしまいますよね。

ここでは、背中を綺麗に見せたい人におすすめしたいブラをいくつかご紹介します。ご自身のブラ選びの参考にしてみてください。

Wing(ウイング)きれいのブラ

下着メーカーの大手、ワコールが販売しているブラです。縦にも横にも伸びる伸縮性がある生地を使用しており、サイドからバストの中心に向かい肉を寄せてくれるような構造になっているため、背中の余分な肉もすっきりと見せる効果が期待できます。

また、比較的柔らかく、弾力がある特殊なパッドが入っており、バストとカップの間に隙間ができないようになっているため、自然なバストに見せつつ、ボリュームのあるバストにしてくれます。

導-MICHIBIKI-

シェイプアップ効果が期待できる補正下着を多数販売しているセレブウィッチが出しているブラです。脇や背中の肉を胸に集めて寄せる脇肉逆流動システムという独自の機能を持っています。

さらに、背中にはホックがついていないので、背中の肉をしっかり覆ってくれます。ホックをつけたときに生じるわずかな凸凹もないので、背中をスッキリと見せてくれます。

できるだけ早く対処しましょう!

脂肪の流れは、放置しておくと「おばさん体型」を悪化させる一方ですから、早めに対処することがポイントです。

「まだ大丈夫!」と思っている人も、日頃からこまめにケアをしておくことで「美バスト」をキープできるので、ぜひチャレンジしてみて下さいね。

  • 大胸筋の筋力低下はバストが背中に流れる原因になる
  • 背中に脂肪が流れるとバストが小さくなる可能性も
  • 大胸筋を鍛えることで脂肪の流れは止められる
  • 日々のトレーニングやケアが重要
  • ラを買い直す際は着け心地やアンダーベルトのタイプも確認

上記の内容を頭に入れて、バストをいつまでも若々しく保ってくださいね!そして背中が綺麗に見えるように、自分に合ったサイズのブラジャーを選ぶことも大切です。

  • Facebook
    シェア
  • Twitter
    ツイート
  • はてなブックマーク
    はてブ

24