公開日:2017/06/15  最終更新日:2018/02/01

羽織るだけでオトナ女子!「ロングガウン」コーディネート

さまざまなコーディネートに合わせることができる「ロングガウン」。1枚羽織るだけでオトナのコーディネートに変身させてくれる魔法のアイテムです。そんなロングガウンを使ったコーディネートをシーズンに合わせてご紹介します。

爽やか「春」ガウンコーディネート

画像引用:http://wear.jp/mmk0056/6810226/

薄手のニット素材でかるく羽織る

気温の上下が激しい春。その時々に合わせて脱いだり着たりできるのが薄手ニットの魅力です。折りたたむとコンパクトになるので、カバンの中に小さく収納できる点が、春のアウターの条件には欠かせません。長袖や半袖などのシンプルなTシャツの上から羽織るだけで一気にオシャレ度が上がるのがロングガウンのポイントですね。

寒暖差が激しいからこそ、手軽にそして簡単にコーディネートのアクセントとなってくれるオシャレアイテムです。シンプルな無地は特に使い回しに優れているため、おすすめです。

インナーの柄で無地のロングガウンを引き立てる

春らしい白のロングガウンに合わせるインナーは、チェック柄の衿つきシャツがおすすめです。無地のロングガウンの魅力は、どんなインナーにも合わせやすく、オシャレにコーディネートできるところです。

柄物のインナーと合わせることで柄を引き立たせ、コーディネート全体のバランスをとってくれます。無地のインナーとも相性が良く、シンプルな着こなしが好評です。チェック柄の他にも花柄やドット柄、ボーダー柄などその時の気分によってインナーの柄を変えて楽しんでも良いでしょう。

柄が派手すぎるかな?と感じた時に、ロングガウンを羽織ってコーディネートのバランスを取るのも良いでしょう。普通のカーディガンやジャケットよりも、ワンランク上のコーディネートを作ることができると人気があるようです。

ロングガウンをしっかりアウター使い

春はまだまだアウターが必要な季節。厚手の素材でロングガウンメインのコーディネートもまだまだ使えます。ウール素材だと重苦しい雰囲気になりがちですが、厚手のニットやトレンチコートに使うギャバジンに変えるだけで印象がガラリと変わります。

色味を明るい春カラーに変えると、肌寒い春先でも爽やかで温かみのあるアウターコーディネートに大変身します。インナーは薄手でもアウターがしっかりしていれば、肌寒い春先でもオシャレに過ごせます。

定番のGジャンやレザージャケット、コートとは違う雰囲気を作ることができるのが、ロングガウンの魅力であり、ヘビーローテンションできる理由でもあります。

日よけもバッチリ「夏」ガウンコーディネート

画像引用:http://wear.jp/yukieiura2015/9972504/

レースで涼しげなロングガウンコーディネート

全体的に無地の白で統一されたコーディネートのポイントになるのが、1番上に羽織るレース地のロングガウン。5分袖なので真夏の暑い時期にも涼しく、オシャレに着こなすことができます。

シンプルなシルエットですが素材にレースを使うことでコーディネートのアクセントになっています。インナーはシンプルなものを選び、レースのロングガウンをメインにコーディネートするのがおすすめ。

薄着でシンプルになる夏だからこそ1枚羽織るだけでアクセントになるレース地のロングガウンが使いまわせます。また、レースの柄を、大柄なものや小柄なものと変えていくだけで雰囲気も大きく変わります。

日よけ対策としても大活躍するロングガウン

気温が上がり、肌の露出が増える夏。それに伴い気になり始めるのがスキンケアです。夏の日差し、紫外線はお肌の大敵、そんな時に便利に活躍してくれるのが薄手のロングガウンです。

シフォンや薄手のニット素材を使ったロングガウンは、露出された肌を日差しや紫外線から守ると共に、肌をダイレクトな日差しから避けることで体感温度を下げるといわれています。

日焼け止めや日傘などケアアイテムもたくさんありますが、コーディネートに取り入れるだけでオシャレに日焼け対策ができます。また、色もアイスグレーや、ミントグリーン、オレンジ、イエロー系の明るい爽やかな色を選ぶと、夏にふさわしい爽やかなコーディネートを作ることができます。

花柄シフォンでノスタルジックなコーディネート

夏場に活躍する白のTシャツ。コーディネートに欠かせないヘビーローテーションアイテムです。そんなシンプルなアイテムを引き立たせ一気にオシャレなコーディネートに変身させるのが「花柄」です。

シンプルなコーディネートを華やかでノスタルジックな印象に仕上げてくれます。花柄も、モノトーンで大柄なものを選ぶとシックなオトナのコーディネートに、ポップな色味で小花柄を選ぶと可愛らしい印象になります。

また、エスニックな花柄を選ぶだけで、どんなカジュアルスタイルもノスタルジックな印象に仕立ててくれます。普通のカーディガンなどでは演出できない、ロングガウンだからこそ楽しめるコーディネートバリエーションです。

肌寒い時におすすめ「秋」ガウンコーディネート

画像引用:http://wear.jp/miyacha0317/8574277/

残暑が残る日もロングガウンで秋色コーディネート

秋の始まりは暑さも残り、肌寒さもある難しい季節。そんな時もロングガウンを取り入れたコーディネートでオシャレに乗り切れます。合わせるインナーは、ニットや薄手のウール。

春のようなライトグレーではなくダークグレーやグレージュ、スモーキーカラーを取り入れると一気に秋色コーディネートを作ることができます。暑い時はインナーだけで過ごすも良し、肌寒い時はロングガウンで秋コーディネートにするも良し。

その時々に合わせて簡単に脱ぎ着できるのもロングガウンの魅力です。季節感を大切にしたコーディネートで一歩先のオシャレを楽しめます。

デニムとブーツで秋ロングガウンコーディネート

インナーにちょっと厚手のデニムシャツとショートブーツを使ったロングガウンコーディネート。中に合わせるインナーを薄手のものから少し厚みのあるものに変えるだけで一気に秋の雰囲気に。

ロングガウンが少し明るい色であっても、インナーを秋仕様に変えることで簡単に印象を変えることができます。また、ロングガウンとのバランスを取りながらも、秋の雰囲気を作り出してくれる大切なアイテムが「ショートブーツ」です。

目線が下に行きがちのロングガウンですが、ショートブーツだと足元に重い印象を作ることなく秋のコーディネートを演出してくれます。パンツスタイルにもスカートスタイルにも合わせることができる万能アイテムです。

柄物ストールとシンプルロングガウンで秋色スタイル

幅広いコーディネートに使えるロングガウン。使い回しができるからこそ、ついつい無地を選びがちになります。

そんなロングガウンにアクセントを加え、さらにオシャレにしてくれるアイテムが柄物のストールです。インナーが似たような素材や柄になると代わり映えしませんが、そんな時はアクセントにストールを使ってみてはいかがでしょうか?

素材の厚みや柄でその日の気温や気分に合わせたコーディネートができ、首元にアクセントを作ることで足元に重みの出やすいロングガウンとのバランスをとることができます。肌寒い季節や、首元が寂しくなりがちなコーディネートととても相性が良いアイテムです。

アウターに使える「冬」ガウンコーディネート

画像引用:http://wear.jp/komasan1106/8506601/

しっかり素材のロングガウンでアウター使い

冬本番、吹く風も冷たくなり身体の中から冷える季節が始まります。そんな時は、厚手の素材を使ったロングガウンでオシャレに防寒コーディネートを楽しみましょう。

オーバーサイズデザインのロングガウンを使えば厚手のGジャンを中に着込むこともできるので、さまざまなバリエーションを楽しむことができます。

厚手のニットが増える冬場はオーバーサイズのアウターが使いやすくなります。通常のジャケットやコートなどはスリムですっきりとしたデザインが多く、ついつい中に着られるものが決まりがちに。

それに比べ、ロングガウンはゆったりとしたデザインが多く、腕回りや背中などゆったりと使えるアイテムですので、選べるインナーも幅広くなります。

冬定番のカウチン柄で楽しむロングガウン

冬になると必ず1度は目にしたことのある「カウチン柄」。プルニット、ファッション雑貨など、さまざまなアイテムに使われる人気のテキスタイルです。そんなカウチン柄をロングガウンに使うだけで冬らしいコーディネートを作り出してくれます。

カウチン柄はニットの織り目で模様を作る場合が多く、伸縮性に優れています。そのためインナーに着るものは薄手のカットソーから厚手のネルシャツなど、冬には欠かせないアイテムを幅広く選ぶことができます。

柄とも、無地とも合わせることができるカウチン柄は人気も高く、使い回しも効くため、ロングニットとして持っているだけでコーディネートの幅が広がり、ワンランク上のオシャレをを楽しむことができます。

ロングガウンをチラ見せさせるオシャレ上級者スタイル

一般的には1番外側に着ることが多いロングガウンを、あえて別のアウターの中に着込み、コーディネートのアクセントに使うこともできます。通常のカーディガンやパーカーではなかなか作り出せない縦のシルエットを作ることができ、着膨れしがちな冬のコーディネートをすっきりとしたシルエットに変えてくれます。

また、マンネリ気味の冬のコーディネートにアクセントを加えることができ、袖口や裾のしたからチラ見せすることでレイヤードスタイルを演出できます。何枚も着る季節だからこそ、重ね着を楽しむコーディネートで周りと差をつけた冬スタイルを楽しみましょう。

オールシーズン使えるロングガウンを上手に使うために

ロングガウンの利点をまとめてみました。

  • 薄手の素材を選べば持ち運びもできる
  • 季節に合わせた素材選びが重要
  • 夏場はスキンケア対策にも使いやすい
  • 色選びで季節感を演出する
  • オーバーサイズ仕様のロングガウンは沢山着込めるアウターとして、冬場に重宝する

ぜひ、ロングガウンを使ったさまざまなコーディネートを楽しんでくださいね。

  • Facebook
    シェア
  • Twitter
    ツイート
  • はてなブックマーク
    はてブ

2,130



ページのトップへ