公開日:2018/05/15 

海外セレブや人気モデルに大人気のレモネードダイエットの方法

今の時代はどこに行ってもおいしい食べものが手に入って、空腹に困ることはありません。しかしその影響で胃腸に負担がかかって、代謝を悪くさせています。

そこでレモネードを使ってダイエットをする方法が、口コミでも評判です。その方法を見てみましょう。

レモネードを使うダイエットで効果を出す正しい方法

体を細くさせたいと思ったら、すぐにでも結果を出したいものです。少しでもそう思うのならレモネードを準備して、ダイエットに挑戦しましょう。

基本的に断食に似た方法を使って、痩せさせます。しかしなにも口にしないわけでなく、断食中はレモネードを飲むことができますが、逆にこれしか口にできません。

ですから正しい方法を守らないと体調を悪くしてしまうので、しっかり頭に入れてダイエットに挑戦しましょう。

1週間前くらいから準備期間!消化のいいものを食べよう

断食というのは胃の中に、なにも食べものを入れない方法のことをいいますが、さらにレモネードダイエットは腸のお掃除をするためにレモネードを飲みます。

ですから先に消化のいいものを食べておいて、胃腸を休ませておくのがベストです。

さらに効果を出す場合は先に腸をきれいにするために、デトックス効果がある飲みものも飲み始めているといいでしょう。カモミールやミントなどのハーブティーがおすすめです。

とくに前日はこの飲みものを、多めに飲んでおいてください。腸がきれいになって、本番が楽になります。

腸内をきれいにしてからが本番!3日を目途に終了!

このダイエットの本番当日が来たら、とにかく腸をきれいにするために、起きてすぐに塩水を使って腸をきれいにしましょう。1リットル飲むのを目標に飲みきってください。

すると柔らかい便が出始めるので、これが腸をきれいにしている最中なわけです。

そしてお腹が空いたと感じたら、腸がきれいになったと思っていいでしょう。そこでやっとレモネードの出番になります。以下の方法でレモネードを作っておいてください。あとでチェックしておきましょう。

このレモネードを1回に300ml飲むといいのですが、毎日2時間おきに飲むのがルールです。そのときの環境によっては飲めないかもしれませんが、最長で3日続けてください。

もちろん体調が悪くなったのなら、すぐにやめてしまって大丈夫です。

徐々に食事を元に戻そう!フルーツジュースから始めてみては?

最長で3日間続けられたら食事をとるようにして、胃腸をいつもの状態に戻す作業が必要です。徐々に戻していくため、最初は酵素がたっぷりの100%フルーツジュースなどで様子を見ます。

そして温かい具が入っていないスープを飲むようにし、甘くない糖質少なめのフルーツ、次は重湯を食べておかゆに変えていきましょう。

それでも体調に変化がないのなら、脂肪が少なめの食事を加えていき、やっといつのも食事に戻すことができます。

いってしまえば、これは断食の副食と同じことをしているので、それを参考に食べものを選ぶのもいいでしょう。とにかく消化にいいものを食べるのが基本です。胃腸の負担がかからないものを食べてください。

レモネードを使ったダイエットで成功した口コミが多い正しい作り方

上記の方法が一見きつそうに見えますが、味がおいしかったらストレスが全然違います。

じつは上記の方法でも紹介しましたが、とにかく飲む量がすごく多くなるうえに断食中というのもあって、このレモネードしか飲めません。

ですから作り方を間違ってしまうと、栄養がうまく取れなくなる場合もあるので、しっかり正しい方法を守って作ってください。

もちろん分量さえ間違わなければ、とくに難しいものではないので、覚えておきましょう。

  • ミネラルウォーター 300ml
  • メイプルシロップ 大さじ2
  • レモン果汁 大さじ2
  • 唐辛子パウダー 小さじ10分の1

とにかく材料が重要!上質なものを使えば問題なし!

上記の分量を間違わないのもすごく大切なことですが、さらに注意するべきなのは、これらの質の高いものを使っているかどうかも確かめるべきでしょう。

それはこの方法では断食を取り入れていることが、ポイントとなっているからです。

断食中は他のものを口にせずに、このレモネードだけを飲み続けます。だからこそ体に吸収されやすく、質が悪いものを使ってしまうと、体調を崩したという口コミもありました。

質が悪いというのはわかりにくいかもしれませんが、栄養がたっぷり入っているかというのが大きな分かれ道です。

栄養をレモネードでしかとれていないので、質が悪いいわゆる栄養価が低いものだと、2日目くらいから体調を崩している人が大半でした。

とくにメイプルシロップは栄養に差が出るものなので、グレードがB以上の無添加のものを準備しておきましょう。

つまみ食いをしたら3日目でフラフラしたという口コミ多数

断食というのは胃腸を休ませている反面、急に消化に悪いものを食べてしまうと、負荷をかけてしまいます。

たしかにレモネードしか口にしていなかったら、お腹が空いて食べものに手を出してしまうかもしれません。

もちろん口コミでも、家族に作っていたから揚げやごはんを、1口だけ食べてしまったという声がありました。すると体力が落ちて息切れをして、疲労感を感じたようです。

それだけならいいのですが、これだけがんばったのに、体重が2kgしか変わりませんでした。フラフラになってまでやったダイエットで結果が出ないのなら、やりがいも感じません。

必ず断食中はレモネードだけを飲むようにしてください。

1回するだけで効果は確実!起きたときにお腹がスッキリ!

もちろんしっかり正しい方法を実践できていたら、この短期間で体重が少なくなるのはもちろんのこと、お腹がスッキリしたといいます。

口コミでも多数ありましたが、健康的にダイエットができてしまうのが、この方法のいいところです。

1か月に1回レモネードダイエットをスケジュールに入れて、毎月やっているとかなり細くなれるという期待のある口コミが、かなり多くあります。

とにかくすぐにダイエットしたい人には、方法さえ守っていれば、効果が実感できるでしょう。

レモネードはじつは歴史的な治療法でもあるダイエットだった!

そもそもこの方法で痩せようとするのは、体にいいことをするうえに、痩せられるのでおすすめです。それもそのはずで、昔からある治療法の一種でした。

健康法としてもちょうどいいものなので、とくに便秘で悩んでいるならやってみる価値があるでしょう。

始める前に消化のいいものを食べて、断食本番には塩水で腸をきれいにしてから、レモネードを飲んでください。そしてつまみ食いをやめるようにして、ひたすら2時間に1回を守って、腸をきれいにしましょう。

  • Facebook
    シェア
  • Twitter
    ツイート
  • はてなブックマーク
    はてブ

22



ページのトップへ