公開日:2018/06/05 

栄養がタップリの乳酸キャベツの作り方とダイエットの方法

過激な方法で痩せるためには、食べるものを減らすしかない…なんて声もあり、苦戦することでしょう。

しかしそんな苦労をしなくても、乳酸キャベツを使っていれば、無理をしなくてもかまいません。ダイエットしやすい効果が活躍するので、口コミでもよく見かけます。

どんな方法なのかチェックしてみました。

口コミで乳酸キャベツの話題ばかり!?女性にうれしいダイエット

日本人は汗水流して努力をするのが美徳とされており、痩せるのも似たようなことをしたほうが、効果があるのではないか?と思うはずです。

しかしそんな方法では効果が出にくいと、おすすめしている口コミだって多くあります。

それは食事を無理に少なくしてストレスをためる方法ではなく、乳酸キャベツを取り入れるだけで、痩せられたという声も数多いからです。

食べる量を少なくしないで、痩せられる方法とはどんなものなのか見てみましょう。

毎日80gを食べるのが基本!腸が元気になって代謝アップ

この方法は基本的に、乳酸キャベツを食べるだけでいいとされており、それだけで効果があったという声が多く存在します。

もともと発酵させてそれを食べるだけでよく、簡単な方法でやせられるのですが、それには腸が元気になる効果があるからです。

キャベツそのものにも栄養がタップリで、さらにそれを発酵させているので、腸内の細菌を増やす効果が働きます。

そして腸が元気になると、体にたまった老廃物を外に出してくれるので、お腹がスッキリして体重が減らせられるでしょう。

食べすぎるとせっかくの効果が台無しに…むくみが出るかも

じつはそれだけでなく、キャベツには腸だけでなく、体にたまった老廃物を外に出してくれる効果だってあります。

それはカリウムといわれる栄養が関係しており、なんとむくみとなってたまっている老廃物も外に出すことができるんです。

しかし乳酸キャベツを作る際に塩を使う必要があるため、いくら痩せられるという口コミがあっても、食べすぎてしまうと逆にむくみを作ってしまうでしょう。

食べすぎなければ、代謝が悪い女性にはピッタリの方法です。

上記でも紹介したように80gの量を超えないように食事に取り入れれば、たまった老廃物を外に出して、代謝をアップする効果で痩せられます。

普段通りの食事にプラス!ストレスがなくて美肌にもなれる

さらにこの方法では、食べものの内容も心配しなくて大丈夫なんです。つまり普段通りの食事をして、ちょっと乳酸キャベツを加えるだけでも、効果を高められます。

無理に食事を少なくしてストレスを抱えることなく、食べるだけでも痩せられる方法だということです。

もちろん普段からたくさんの量を食べてしまうような食事をしていると、それを自重しないといけませんが、少しでもそれを少なくできればいいでしょう。

しかもキャベツにはビタミンも入っているので、肌もきれいになれます。美容に関心がある人でも続けやすいこの方法を、気軽に取り入れれば安心でしょう。

乳酸キャベツダイエットの方法とその作り方

気軽な方法で痩せると、どんな人でも続けられて結果が出てきます。そうするためには食事の量も関係していますが、根本的に作り方が簡単でないと、現実的ではありません。

乳酸キャベツそのものの作り方は簡単で、しかも材料としても身近なもので作れてしまいます。すぐに準備して作ってみるといいでしょう。

  • キャベツ
  • 砂糖
  • ローリエ
  • 黒こしょう
  • 赤唐辛子
  • 保存用の袋

材料がそろったら作ってみよう!その作り方は簡単!

  1. 千切りにしたキャベツを、保存用の袋に入れる
  2. しっかり袋のうえからもんで、空気を抜いて密閉する
  3. 袋のうえに2kg弱の重しを置いて、常温で2,3日放置
  4. 泡立って酸っぱくなっていたら成功!保存容器に入れ替えて完成!

とにかく作り方が簡単なのは、キャベツを切って発酵をさせるように調味料を入れれば、それだけで乳酸キャベツが作れてしまいます。

どの発酵食品の作り方でもそうですが、殺菌をしていないと失敗しやすくなるので、注意して作りましょう。

具体的なことは上記を見て、チェックしてみてください。

ちょっと不安?正しい作り方を守るために注意する点

もともと発酵というのは保存容器の中で、長期間漬けていないと成功しません。だからこそ雑菌が増えやすくなっているため、最初の煮沸したところで、容器を消毒しておくといいでしょう。

さまざまな容器があるでしょうが、外の空気と触れにくいガラスの瓶を使ってみてください。

これがしっかりできていると、乳酸キャベツは1か月ほどもつようになります。逆に失敗しているようなら、数日で腐敗した臭いが出て、使い物になりません。

必ず消毒をして、たくさんの量を作っておくといいでしょう。

その方法は普段の料理に加えるだけ!おすすめレシピ

食べものの量を少なくせずに痩せられるというこの方法は、基本的にレシピに加えて、毎日このキャベツを食べないと効果がありません。

ですから食事のレシピをしっかり考えていたほうがいいでしょう。もちろん難しいルールもないので、気軽にとり入れてみてください。

食べるタイミングも普段どおりでいいので、そこも人気になっているひとつの理由でしょう。毎日とったほうがいいのは変わりがないので、使いまわしのコツを知っておくと比較的楽になります。

◆効果と相性がいい食材と一緒に!ひじきのサラダ

  • だいこん
  • コーン缶
  • ひじき
  • ツナ缶
  • 乳酸キャベツ
  • ヘンプシードオイル
  • マヨネーズ
  • 黒こしょう
  1. だいこんを千切りにして、缶詰の中身の水分をよくきる
  2. ひじきが乾燥しているなら水で戻して、乳酸菌キャベツと食材を一緒に
  3. 調味料を混ぜ合わせたら、その食材の上にかけたら完成
  4. 乳酸菌キャベツのお汁も一緒に使うとおいしい!

◆朝ごはんピッタリ!ホットサンド

  • 食パン
  • 乳酸キャベツ
  • マスタード
  • スライスチーズ
  • 黒こしょう
  • ツナ缶
  • バター
  1. ツナ缶の水分を切って準備しておく
  2. 食パンの上に乳酸キャベツ、次にチーズ、ツナとのせていく
  3. もうひとつの食パンに、バターを塗って焼く
  4. 焦げ目ができたら完成!
  5. 乳酸菌を活かしたいのなら、あまり焼かないのがおすすめ

乳酸キャベツダイエットは葉酸効果もあるので妊活中の方にもおすすめ

腸が元気になる方法なので、そっちに目がいってしまうでしょうが、基本的に栄養がタップリ入っていてダイエット以外にも効果的です。

とくに葉酸などの栄養もとれてしまい、女性にはうれしい効果がたくさんあるでしょう。

それくらい栄養たっぷりだからこそ、健康に気を使いながら痩せたいという人にも、ピッタリのダイエットです。

しっかり消毒をしてまとめて乳酸キャベツを作っておくと、使い勝手のいい食材になるでしょう。

  • Facebook
    シェア
  • Twitter
    ツイート
  • はてなブックマーク
    はてブ

46



ページのトップへ