公開日:2018/06/21 

脂肪をぐんぐん吸収してくれるエリンギダイエットの効果とエリンギレシピ

今の食事はおいしいものばかりで、なかなか痩せられない人も多いでしょう。しかし食材をうまく組みあわせたら、ダイエットだって気軽にできてしまいます。

その中でもエリンギは脂肪をためさせない効果が高く、レシピとしても使い勝手がいいのです。どのようにすればうまく使えるのか、メニューをチェックしてみるといいでしょう。

エリンギダイエットは簡単で効果絶大!エリンギが脂肪を吸収してくれる!

もともと痩せるためにポイントとなるのが、体にたまった脂肪をどうにか少なくできるかです。

好きなように食事をしていたら、その量に制限が効かなくなって、いつの間にか脂肪がついてしまうでしょう。

そこでいつもする食事にエリンギをタップリ使うだけでも、その量をコントロールできてしまうんです。さらに食事によってたまるはずの脂肪も、そのエリンギが肩代わりしてくれるでしょう。

つまり食べたせいで太ったという悩みを軽減できる食材なので、使ってみる価値があります。それには以下の効果が働いているからです。

お腹がいっぱいになったと感じさせて腸を元気に

まずエリンギというきのこは、水分を吸収する働きだって持っています。これは繊維質なところが役立っており、お腹のなかで膨らんで満足感をアップさせてくれるでしょう。

そしてそのまま腸まで到達すると、ここで大きくなったエリンギが当たって少し刺激をします。すると腸の動きが悪くなっていたら、それを目覚めさせてくれるんです。

腸というのは体に悪い影響をするものを、外に出す役割があり、その働きが悪ければ代謝だって低くするでしょう。ダイエットとしてはあまりよくないので、そこでエリンギが活躍して、代謝を高めてくれるわけです。

量を減らして腸を元気にできれば徐々に体重にも変化が出てくるでしょうから、この効果を実感したければ毎日続けてエリンギを食べて、変化があるのを待ちましょう。それがエリンギを使って痩せる早道です。

体に不要なものを外に出す力が強い

腸にたまった老廃物だけでなく、なんとそれ以外にも効果を発揮できてしまうのが、エリンギの特徴でもあります。

腸以外の体にたまる老廃物は、基本的に水分を多くとってしまうのが原因で、これは塩分がポイントです。今の食事は自然と体の塩分が多くなるものが、多くなっているので気を付けてください。

いくら気を付けても体にたまるものですから、気になるようならエリンギを食べてしまいましょう。たまった塩分を外に出す栄養がタップリで、むくみだって少なくできます。

塩分が外に出ればいつもより水分が欲しくなくなり、体にたまった異常な水分も、徐々に少なくできるからです。

このむくみは代謝を落とすものですから、これだけでもダイエットとしてもいい影響が出てくるでしょう。

脂肪になったとしても最小限にしてくれる

先ほど脂肪にため込ませない効果のことを紹介しましたが、それでも体には吸収されてしまうものです。

ところがエリンギなら、それさえも止められるものが入っています。それが脂肪に影響するビタミン類で、エリンギにはそれがタップリ入っているんです。

もちろん安心して食べすぎると、その効果は薄れてしまうでしょうが、普通に食事を楽しむ程度ならダイエットできるでしょう。

それはビタミン以外にも、きのこ特有の栄養も入っており、それも脂肪をカットできてしまいます。

食事にエリンギを加えるだけでいいというのは、何重にも脂肪をため込ませないものが、タップリだからこそ安心して食事ができるからです。

エリンギダイエットのエリンギレシピとおすすめメニュー

本来なら食事というのは少しだけも減らすべきでしょうが、この食材を使うのなら、無意識に少なくできてしまいます。

もちろん意識的に量を少なくできるなら、積極的にしたほうがいいですが、それだとストレスがたまってしまうでしょう。このストレスはダイエットの天敵で、代謝をダウンさせます。

だからこそエリンギの量を増やして満足感を高めて、料理そのものの量を同じにするのがおすすめです。そんなレシピもたくさんあるので、積極的にとり入れましょう。

体も温まって代謝アップを狙う!きのこ豆乳スープ

    <材料>
  • しめじ
  • エリンギ
  • 糸こんにゃく
  • 枝豆
  • 豆乳
  • コンソメ
  • 粉チーズ
  • ツナ缶
    <作り方>
  1. しめじとエリンギ、糸こんにゃくも食べやすい大きさにカット
  2. スープジャーに枝豆と、先ほど切った食材を投入
  3. お湯を指定されている量まで入れ、すべて蓋をして5分放置
  4. その間に残りの食材を鍋に入れて、加熱しながら混ぜあわせる
  5. ジャーに入れたお湯をすべて捨てて、鍋のものと入れ替える
  6. 再び蓋をして1時間放置したら完成

脂肪を少なくするなら体を温めるものを使うのがベストですが、それは食材の効果を使わなくても、スープにしてしまうだけでOKです。

そこにエリンギを入れた場合は、よりダイエットしやすい環境が整います。他のきのこも入れてもいいので、それでかさ増しすると満足感が増して、食べすぎをカットできるでしょう。

簡単でお弁当にもピッタリ!マヨネーズできのこ炒め

    <材料>
  • 舞茸
  • エリンギ
  • マヨネーズ
  • こしょう
  • しょうゆ
    <作り方>
  1. エリンギと舞茸を食べやすくカットする
  2. フライパンを用意し、マヨネーズときのこを投入
  3. ある程度炒めたら、塩とこしょうで味付け
  4. しょうゆをササッとかけたら完成

料理をするのが面倒で、ダイエットも続けられない…という人も中にはいるでしょうが、それなら炒め物にエリンギを使うのもひとつの方法です。

食材を切ったら炒めるだけでいいので、忙しい朝の弁当作りにも重宝するでしょう。

よく噛める食材を使ってお腹いっぱい!エリンギのトマトパスタ

    <材料>
  • エリンギ
  • アボカド
  • パプリカ
  • イカ
  • エビ
  • にんにく
  • オリーブオイル
  • 白ワイン
  • 茹で汁
  • パスタ
    <作り方>
  1. フライパンにオリーブ油を入れて、ニンニクの色が変わるまで加熱
  2. その間に鍋に水を入れて沸騰させ、パスタを茹でておく
  3. アボカドを除く食材を、投入して炒めたらワインとゆで汁も入れる
  4. パスタを入れてなじませたら、アボカドを投入して完成

今の若い女性は洋食好きが多く、とくにパスタは気軽に作れる魅力的なレシピも多いんです。

エリンギなどきのこを多く入れてしまえば、ダイエットにちょうどいいでしょう。

さらに噛む回数を増やすために、海鮮類を入れるとお腹がいっぱいになったと感じやすく、エリンギの効果を高めてくれます。

エリンギダイエットはお酒を飲む人にとっても嬉しい効果あり!

脂肪がたまりにくい栄養がタップリのこの食材は、基本的にどんな悩みも対処できるほど、たくさんの効果が隠されているんです。

とくにアルコール好きにも好まれていて、酔いを少なくできてしまいます。とりすぎはダイエット的によくありませんが、おつまみとしてのレシピを作れれば、飲んでも太る心配もありません。

メニューとしても簡単なものも多く、続けやすいこの食材をうまく使いこなしてみてください。

  • Facebook
    シェア
  • Twitter
    ツイート
  • はてなブックマーク
    はてブ

269



ページのトップへ