公開日:2018/08/20 

キーマカレーでダイエットできちゃう!?痩せる効果が上がるレシピとは?

体を絞るには食事を少なくして、なるべく脂肪をため込ませないのが、一般的な方法です。

しかしキーマカレーに限っては、お肉をタップリ使っているのに、ダイエットができてしまうのです。

これは代謝を高められる効果があり、正しく量を守っていればお肉を使っていても問題ありません。

そこでちょうどいいレシピも紹介するので作ってみましょう。

キーマカレーがどうやらダイエットに向いてるらしい!

カロリーが高くて脂肪がついてしまうものは、本来口にする量は減らすべきです。

しかしそのカロリーが気になるお肉をタップリ使うキーマカレーは、ダイエットをしているときでも食べてもかまいません。

むしろ痩せられる効果が高くて、避ける必要すらないような食材になります。

スパイスが入っていれば腸を元気にできて代謝を高められる

まずカレーというのは独特の味や香りを楽しむために、スパイスを入れることでしょう。

キーマカレーにも使いますが、この香辛料が腸を元気にする効果が高く、ダイエットしやすくなります。

腸というのは便を出すところでもあり、さらに食材の栄養をとり込むところです。

しかし便などがたまりすぎると、その栄養がうまくとり込めなくて、体全体の代謝にも影響が出ます。

だからこそ腸を元気にするのは、ダイエットをするうえで重要な部分になるんです。

キーマカレーのスパイスはその効果が高いことから、便がなかなか出ていない人は、積極的にとるといいでしょう。

ひき肉にサプリでも使われる脂肪を減らせられる効果あり

ダイエットでは控えるべきとされるお肉が、キーマカレーにはタップリと使われています。

お肉の効果とは

お肉には体にたまった脂肪を燃やす効果が隠されており、取った分だけ脂肪を減らせられるでしょう。

その効果の高さからその成分だけを抜き取って、サプリに使っている場合があるほどです。

多くの会社がその効果に期待して使われるくらいですから、ダイエットとしてはかなり有効でしょう。

しかしキーマカレーではお肉そのものを使うため、たくさん食べれば効果が出るわけでもありません。

お肉そのもののカロリーが高いのには変わりがないため、お肉を食べる量はほどほどにしておいたほうがいいでしょう。

お肉を使うからこそ運動をすれば代謝そのものをアップしやすい

運動をして体を絞ろうとしている人は、代謝を高められるからこそ、汗を流して頑張っています。

これと深い関係があるのが筋肉であり、これがたくさん体についている人は、脂肪が減らしやすくなるんです。

ただ筋トレをしているだけでも効果はありますが、たんぱく質が多い食事をとって、筋肉を増やす補助をしたほうが効果も高くなります。

その補助としてピッタリなのがお肉であり、キーマカレーにたくさん使われる食材です。

お肉が効果的な理由は?

たんぱく質は筋肉の材料となるため、運動をして代謝を高めるときは、重要になってくる栄養になります。

とくに動物からとったお肉は、体にとり込みやすいといわれており、ダイエットとしてなら使い勝手のいいものです。

ごはんやひき肉の量に注意!お肉の種類を鶏にするのがおすすめ!

キーマカレーはたしかに代謝を高めやすくて、脂肪を減らすのにはちょうどいい食材になります。

しかしその効果かあるものがお肉ですから、取る量には注意したほうがいいでしょう。さらにキーマカレーはごはんといっしょに食べるレシピが多く、これも脂肪になりやすい特徴があります。

ごはんそのものには痩せられる効果があるわけでないので、なるべくその量を減らして、ダイエットしやすい環境をつくるようにしましょう。

もしくはごはんの代わりに、他の食材を使うのもひとつの方法です。またお肉に関しても牛や豚はカロリーが高い特徴があるため、鶏肉を使うとデメリットが少しでも軽くできるでしょう。

レシピで使うならトマトと鶏肉がおすすめ!効果のあるキーマカレーでダイエット

上記のようにうまく痩せられるのはたしかですが、使う食材はカロリーが高いために、食べる量には十分に注意するべき食べものです。

そのデメリットをなるべく減らすために、レシピとしてトマトや鶏肉を使うようにしましょう。

これらは脂肪を減らすための効果があり、そのうえにカロリーがおさえられるほど、少なくて済むようになっています。

さらにトマトには腸を元気にできる効果もあり、ダイエットとしてちょうどいい食材のひとつです。これらを取り入れてキーマカレーを使えば、ガッツリした味が食べたい!と思っても、我慢しなくてよくなるでしょう。

ごはんを春雨にチェンジしたキーマカレーで安心

    <材料>
  • 玉ねぎ
  • にんじん
  • 鶏ミンチ肉
  • 春雨
  • カレー粉
  • ケチャップ
  • チキンブイヨン
  • 砂糖
    <作り方>
  1. 鍋を準備して沸騰をさせたら、春雨を入れて戻す
  2. フライパンを出し、春雨以外の食材を投入して炒める
  3. その上から残りの食材を入れて、再び熱を通したら完成
春雨を使えば痩せやすくなる

もともとキーマカレーを食べるデメリットとは、お肉のカロリーとごはんの糖質が関係しています。

そこで鶏肉を使ってカロリーを減らして、ごはんを春雨に変えれば、高い効果だけが使えて痩せやすくなるでしょう。

この場合も油などもあまり使わないようにし、量を少なくする工夫ができれば、もっと脂肪がつきにくくなります。

お肉が気になるならおからを入れたキーマカレー

    <材料>
  • しょうが
  • にんじん
  • しょうゆ
  • 玉ねぎ
  • ピーマン
  • おから
  • オリーブオイル
  • トマト
  • 赤ワイン
  • ソース
  • はちみつ
  • カレールー
  • ケチャップ
    <作り方>
  1. しょうがなどの食材をカットしておき、オリーブ油を入れて炒める
  2. その上からおからを投入して炒めたら、水を入れてトマトと調味料を入れて煮込む
  3. 馴染みやすくするために、カレーのルーを細かく切っておき、投入して煮込んだら完成
おからならカロリーが少ない

お肉の効果は代謝を高めて、さらにたまった脂肪をもやす効果がありますが、カロリーがどうしても気になるならおからを使いましょう。

この食材は豆腐から出るものなので、たんぱく質は取れるようになり、ある程度なら代謝を高められます。

それに加えてカロリーがかなり少なくていいので、よくレシピとしても使われるものであり、安心してキーマカレーに入れていいでしょう。

食べ方さえ注意すればキーマカレーでもダイエット可能

食事に関してはカロリーや糖に関して敏感になるでしょうが、そのなかに痩せやすくする効果があるなら、使わない手はありません。

キーマカレーはカロリーが高くなりがちですが、これはお肉が関係いるので、その種類を見極められたら大丈夫です。

とくに鶏肉を使えば脂肪をおさえられるだけでなく、たんぱく質がとれるので、キーマカレーで使うレシピのなかに入れておきましょう。

  • Facebook
    シェア
  • Twitter
    ツイート
  • はてなブックマーク
    はてブ

105



ページのトップへ