公開日:2017/09/21  最終更新日:2018/11/29

顔脱毛で目指せ毛穴レス!ポイントは脱毛前後の準備とケア

顔の毛穴は非常に目立ちます。メイクでカバーすることも出来ますが、脱毛サロンやクリニックで顔脱毛することによって、毛穴を塞ぎ、目立たなくすることが可能です。顔脱毛の効果と、施術前後の準備、ケアについて、詳しく紹介します。

顔脱毛で毛穴が目立たなくなるのはなぜ?

顔脱毛を行うと、毛穴が目立たなくなると言われています。その理由にはどういったものがあるのでしょうか?

産毛除去で毛穴が塞がる

毛穴が目立たなくなる理由は、『産毛を処理することで毛穴が塞がるため』です。頬やあご・眉間・小鼻・フェイスラインに生えた産毛によって毛穴が開いてしまうため、顔脱毛で産毛をきれいに処理することにより、毛穴が引き締まり目立たなくります。

また、顔脱毛を行うことで『肌のバリア機能が守られること』も、毛穴が目立たなくなる理由の1つです。

産毛を処理せずに毛穴が開いたままでいると、肌のバリア機能は低下し、外部からの刺激を受けやすくなります。しかし、産毛処理されバリア機能の整った肌はキメも整うことで、毛穴が目立たなくります。

顔色がワントーン上がる

顔の産毛は、他の部位の毛に比べると細く目立たないのですが、密集することで、顔に影を作ってしまいます。この影があるために、顔の毛穴が目立ってしまうのです。

顔脱毛で産毛を処理したら『顔色がワントーン明るくなった』『透明感が増した』という人が多いのは、影がなくなったのが理由でしょう。

顔色を明るくする、毛穴を目立たなくするためには、産毛処理を行う顔脱毛はとても有効なのです。

自己処理の回数が減り、肌のキメが整う

頬や鼻の下の産毛など、顔の脱毛をカミソリやシェーバー、毛抜きを使い、自分で処理している人は多いのではないでしょうか。しかし、これこそが毛穴を目立たせる原因となってしまうのです。

カミソリやシェーバー・毛抜きで何度も剃ると、皮膚は刺激を受け、毛穴の炎症や肌の乾燥を引き起こしてしまいます。そして肌のキメが乱れ、皮脂が必要以上に分泌された結果、肌の毛穴が目立ってしまうのです。

しかし、サロンやクリニックで顔脱毛を行うと、自己処理する必要がなくなったり、回数が減ったりするので、肌が刺激を受けることも少なくなります。

刺激を受けなくなった肌は、炎症や乾燥、皮脂の過剰分泌もおさまり、キメが整い毛穴が目立たなくなるのです。

顔脱毛をより効果的にしてくれる毛穴洗浄

エステやサロンで行う顔脱毛は、ある程度費用がかかりますから、より効果的に行いたいですよね。その方法として、事前に『毛穴洗浄』を行うことがおすすめです。

毛穴の汚れで顔脱毛効果が減少

サロンやクリニックで行うレーザー脱毛は、部位がどこであれ、『黒い色(メラニン)にレーザーが反応』し、毛や毛根などにダメージを与え、処理を行っています。

しかし、顔の産毛は細くて色素も薄いため、レーザーの反応が鈍くなります。

一方で、汚れやくすみなどで『顔の毛穴表面が黒ずんでいる』と、産毛には反応しにくいレーザーが、黒く汚れた毛穴ばかりに当たってしまいます。

当たってほしい箇所には当たらず、当たってほしくない所に当たることになり、結果、脱毛効果は半減するうえに、毛穴表面もダメージを受けてしまうのです。

また、自己処理とは違い、サロンなどで行う顔脱毛は費用がかかるので、毛穴の汚れやくすみにより、施術の脱毛効果が弱くなることは、コスパ的にも悪くなります。

そのようなことを避け、効率よく顔脱毛するためにも、顔脱毛の事前ケアとして『毛穴のくすみや汚れを取っておく』ということが重要になります。

毛穴洗浄で事前ケアがおすすめ

顔脱毛の前に、毛穴のくすみや汚れを取っておく最も良い方法として挙げられるのが『毛穴洗浄』です。

自宅で、蒸しタオルやピーリング効果のある洗顔料を使うなどの方法もありますが、セルフケアでは望むほどの効果は期待できない場合もあります。

『毛穴洗浄』をしっかりと行うのであれば、エステでの施術がおすすめです。プロのエステティシャンが行うので、肌荒れを起こす可能性も低く、毛穴の汚れやくすみもしっかり取り除いてもらえるため、顔脱毛前の事前ケアとして効果も高く安心できます。

顔脱毛後に毛穴が開いてしまう原因は?

「顔脱毛をすれば、毛穴が引き締まり目立たなくなるだろうと思っていたのに、逆に目立ってしまった」と感じる人もいるようです。その原因はなんでしょうか?

メイク落とし不足が黒ずみを目立せる

顔脱毛後に毛穴が目立ってしまう原因は『メイクの落とし不足』にあります。

顔脱毛後の毛穴は、開いた状態です。そこへメイクを施すと、通常よりも肌に化粧品が浸透しやすくなります。

クレンジングしても、メイクの落とし不足があると、毛穴に化粧品と皮脂が混じったまま酸化し、毛穴が黒く見えてしまいます。黒くなった毛穴はより一層目立ってしまうのです。

どうしてもメイクをする必要がある場合は、敏感になっている毛穴を塞がないようにしましょう。リキッドではなくパウダーファンデを、またはオーガニックのもの使うと良いでしょう。

ニキビ跡が炎症してしまっている

顔脱毛後に毛穴が目立ってしまう原因として、『ニキビにレーザーが当たってしまった』ことも考えられます。もともと炎症を起こしている、ニキビやニキビ跡にレーザーが当たることで、さらに悪化し目立ってしまうのです。

そのようなことがないよう、施術前にニキビの部位を伝えておくと良いでしょう。サロンやクリニックでも、ニキビやニキビ跡は避けて照射してくれるのが一般的ですが、事前に伝えておくことで、安心して施術を受けられます。

顔脱毛後のケアで毛穴を撃退しよう

顔脱毛後に毛穴が目立ってしまう場合、どうすれば良いのでしょうか?毛穴の目立ちはケアすることで軽減できます。その方法を3つ紹介します。

冷やして肌を引き締める

顔脱毛後の毛穴を目立たせなくさせる方法として、第1に『肌を冷やす』ことが有効です。レーザーで照射された肌は軽い火傷をおった状態で、熱を帯び毛穴が開いてしまっています。

毛穴を締めるために、冷やしたタオルなどで脱毛した部位を冷やすと、炎症がおさまり毛穴が引き締まります。

保湿でキメを整える

日焼けした肌が乾燥するように、顔脱毛後、炎症により熱を帯びた肌も乾燥しています。

乾燥し水分不足になっている肌は、ハリが失われ毛穴も目立ってしまうので、水分を補う『肌の保湿』はとても大切です。

水分が補われた肌はハリを取り戻し、キメが整い毛穴が目立たなくなります。

脱毛後は、敏感になっている肌を傷めないよう優しく洗顔し、その後たっぷりの化粧水で潤しましょう。化粧水の後は美容液を使い、さらに保湿します。美容液は保湿効果の高いヒアルロン酸配合のものが良いでしょう。

化粧水と美容液で十分潤ったら、次は水分を逃さないよう、乳液やクリームを塗りフタをします。脱毛した部位は乾燥しやすいので、入念にケアしましょう。

使用する化粧品は、普段使っているものでも構いませんが、乾燥肌・敏感肌用のものなら、より安心です。

紫外線予防はしっかりと

紫外線で肌が焼けることは、肌に刺激を与えてしまうため、顔脱毛前後の日焼けは禁物です。特に施術後は、肌はレーザー照射により軽い火傷をおった状態で、炎症を持っているため、紫外線にあたると過敏に反応してしまう可能性があります。

また、日焼けもしやすい状態のため、シミもできやすくなりますから、顔脱毛後は、しっかりと紫外線対策をして日焼けを防ぎましょう。

顔脱毛で毛穴レスのツルツル肌に

産毛を処理できるだけではなく、毛穴も目立たなくなる顔脱毛は、前準備と後のケアで、結果に大きな差が出ます。

ただ顔脱毛を行うのだけでなく、入念にケアを行って、毛穴レスのツルツル肌を目指しましょう。

  • Facebook
    シェア
  • Twitter
    ツイート
  • はてなブックマーク
    はてブ

460



ページのトップへ