公開日:2018/03/15  最終更新日:2018/05/31

漢方ダイエットの効果と気になるお値段は?ダイエット費用にしては高くつく場合もある?

漢方薬でダイエットができるのはうれしいことですが、漢方と聞くとお値段も高い、という印象もあります。

実際ダイエットとして漢方を利用すると割高になってしまうのでしょうか?漢方の値段についてお伝えしましょう。

漢方ダイエットは体質改善もできる効果的なダイエット

漢方ダイエットは痩せるだけではなく、体質改善をすることができます。漢方は太る原因を改善することで、痩せる体に変えていくことができるのです。

太ってしまう原因を考える

便秘をしやすい、代謝が悪い、冷え症、むくみやすいなどといった体質は、痩せにくく太りやすい原因となります。

漢方は脂肪を消してくれるものではなく、こういった太る原因となる体の原因を改善していくものです。

血行がよくなれば、体内に溜まった老廃物や余分な水分を体外にスムーズに排出しやすくなります。毛細血管が拡張され、血流がよくなれば冷え症も改善されるでしょう。

冷え症が改善されるということはむくみもなくなるということです。さらに栄養素もきちんと体の隅々まで運ばれるので、体の細胞も活性化されます。

便秘が解消されれば、胃腸の機能も高まります。食べたものをスムーズに消化し吸収するので、健康になるともに脂肪が蓄積されにくくなるでしょう。

このように太る原因となる症状を改善することで、痩せやすく太りにくい体になっていくのが漢方のメリットです。

そういった体になると、肌もキレイになりストレスにも負けない体づくりができるのです。

ダイエット効果のある漢方もいろいろ

ダイエットが目的ではなくても漢方を服用していることで、自然と痩せるということもあります。

漢方はさまざまな目的で服用されますが、ダイエットに効果的と言われる漢方もいろいろあります。代表的なものには、

◆防風通聖散(ぼうふうつうしょうさん)

デトックス効果が高く、便秘の解消に効果的と言われています。血行促進効果も期待できます。

◆防已黄耆湯(ぼういおうぎとう)

余分な水分を排出するとともに、胃腸の機能を高めてくれます。むくみ改善にも効果的と言われています。

◆当帰芍薬散(とうきしゃきやくさん)

血行促進と水分代謝を促します。生理不順や不妊症にも効果が期待できる漢方薬です。

◆大柴胡湯(だいさいことう)

ストレスで胃腸の機能が低下している人におすすめです。胃腸の調子を整え、便秘を改善してくれます。

◆桃核承気湯(とうかくじょうきとう)

便秘がひどい人、更年期障害の症状がつらい人におすすめです。頭痛や不眠、またイライラを鎮める効果も期待できます。

薬局で買える漢方ダイエット向きの漢方の値段

漢方ダイエットはダイエット効果があると言われる漢方を服用することで、体質改善をするものです。

長期的に服用するのが一般的ですが、そうなると気になるのがお値段です。漢方でダイエットができるまで、どのくらいの費用がかかるものなのでしょうか?

ダイエット効果のある漢方はどこで買える?

防風通聖散や大柴胡湯などのダイエット効果が期待できる漢方は、さまざまな買い方ができます。

インターネットで購入することはもちろん、薬局で購入することもできますし、漢方薬の専門店もあります。

また、便秘症などで病院に行くと、医師が処方してくれるケースもあるでしょう。病院で処方される場合は、費用も安いです。

専門店などでは値段も高くなることもありますが、手ごろな価格で販売していることもあります。

人気の高いダイエット効果のある漢方の値段

ダイエット効果があると言われる漢方もさまざまなメーカーから出ていますが、それぞれの値段を見てみましょう。

  • ツムラ漢方防風通聖散エキス顆粒…64包で約3,000円
  • クラシエ防風通聖散料エキス顆粒…45包で約2,300円
  • 和漢箋 新・ロート防風通聖散錠…224錠で約3,700円
  • 小林製薬ビスラットゴールド…210錠で約3,500円
  • 小林製薬ナイシトールZ…315錠で約4,500円

相場は1ヵ月で2,000~3,000円程度のようです。漢方は長期的に服用することで効果が出るものなので、まとめ買いをすることで、お得に購入することも可能です。

ただし、最初からまとめて買っても、自分の体に合わないということもありますので、最初は1ヵ月分程度を購入して、様子を見てみることをおすすめします。

薬局で購入すると割高になる?

病院で処方される場合、保険が利けば2,000~3,000円程度で比較的安い値段となります。

ただし、保険診療の場合、使用できる漢方薬には147種類のエキス製剤、1種類の軟膏、242品目の生薬といった制限があります。

自由診療であれば漢方の幅は広がりますが、その分高くなります。

漢方薬局ではさまざまな漢方を取り扱っていますし、体質や症状に合わせてオリジナルで処方してくれるメリットがあります。

質の高い漢方を手に入れることもできるでしょう。しかしその分費用がかかります。

ドラッグストアの場合、生薬の量などは少なく効果もゆるやかですが、安いものから高いものまで置いてありますので、値段も自分で選べるのがメリットです。

ただし、即効性は期待できず、効果を実感するまでに時間がかかるケースもあり、その分割高になることもあります。

漢方ダイエットはダイエット費用としては割高?

漢方ダイエットは体質を改善してくれる漢方を服用することで、体質改善をして痩せやすい体になれる方法です。

ただ体重を落とすのではなく、血行不良や胃腸の調子を整える、便秘を改善するといった、太りやすい原因となる症状を改善してくれるので、健康になれるというメリットがあります。

ただし、漢方は基本的には毎日服用するものです。中には即、効果が出る場合もありますが、一般的には長期に亘って服用し、体の中から改善していきます。

そのため、費用もかかるものです。質のいい漢方は値段も高くなりますが、効き目も早いメリットもあります。

ドラッグストアなどはさまざま価格帯で自由に選べますが、効き目がゆるやかなので、その分割高になることも考えられます。

漢方は自分の体や症状に合わせたものを服用するのが効果的と言われています。

できれば、専門店に行って、どういった漢方が合うのかを見てもらい、適切なものを選ぶのがいいでしょう。

しかし継続することが大事なので、無理をせずに続けられる漢方を選ぶことも大切です。


漢方ダイエットにおすすめの防風通聖散をご紹介!
防風通聖散の効果は?飲んだ人に聞いた本音口コミ大公開


  • Facebook
    シェア
  • Twitter
    ツイート
  • はてなブックマーク
    はてブ

6,190



ページのトップへ