公開日:2018/08/06 

ダイエット後にリバウンドしない方法!原因と予防

ダイエットには成功したけど、その後の体型を維持するのが大変。結局リバウンドして意味がないダイエット経験がある方は必見!人はどうしてリバウンドしてしまうの?

絶対にリバウンドしないダイエット方法なんてあるの?今話題の酵素でダイエット、その効果と予防率について詳しく解説しています。

酵素ダイエットでのリバウントの実態

断食などでダイエットを始める際に不安なことは、何と言ってもリバウンド。断食中には体は普段よりもエネルギー不足の状態になってしまうので、断食が明けた時にもっとエネルギーを求めようとしてきます。

この断食明けの時にエネルギーをとり過ぎてしまうと、ダイエット前の自分に戻ってしまう。あるいは、ダイエット前よりも体重が増加してしまうリバウンドの現象が起きるのです。

リバウンドした経験はある?

ダイエット経験者50人を対象にアンケートをとってみたところ、リバウンドの経験者は半数以上でした。

その中でも、急激な体重の減量をした人ほどリバウンドする確率が高いことが分かりました。実は、私たちの体は1ヶ月に5%以上体重が減少するとリバウンドしやすいという統計が出ているのです。

一度でもダイエットを経験したことのある人ならば、リバウンドの怖さを知っているはず。

最もリバウンドする確率が高いと言われているのは食事制限によるリバウンド。意外かもしれませんが、実はダイエットの落とし穴と言われている停滞期を知っておかないと、ほとんどの人がここで諦めてリバウンドしてしまう可能性があるのです。

単に消費カロリーを抑えるだけのダイエットは難しく、また単純に食べる量を減らせば良いものではありません。では、リバウンド対策は一体どうしたらいいのでしょうか?

酵素ダイエットにおけるリバウンドの真実

酵素ダイエットはリバウンドしやすいって本当?

食べない分、終わったあとの過食が原因で摂取カロリーが増えてしまい、リバウンドをしてしまう人も少なくないので、そう言われがちなのかもしれませんね。
実はそれは間違った知識なのです。

酵素ダイエットの中の「プチ断食」とは、普通に行う「断食」とは違いがあります。

ただの断食(ファスティング)ならば飢餓感もひどく、体内はリセットできると言えど、ついつい満腹までエネルギーや水分を吸収しようと働いてしまいます。

人が生きるためには食べる事が必要なので、日々エネルギー消費して生きている私たちがダイエットリバウンドしてしまうのは仕方のないこと。言わば反動でもあるのです。

ですが、酵素断食の場合は液の中に野菜や果物、海藻類などの発酵された栄養素がつめこまれているので、断食中水しか飲まない人と酵素ドリンクは飲んでいる方の、体の中にも大きな違いが生まれるのです。

CHECK!

酵素断食の場合、栄養素をしっかりととりながら断食ができるので、反動で欲しがるエネルギーにも違いが出てきますし、基礎代謝もアップするのでダイエット効果があります。
また体に必要不可欠であるビタミンやミネラル、アミノ酸なども断食しながら摂取する事ができ、断食明け後にも体の栄養素はわりと満たされている状態。酵素ドリンクで行うダイエットだからこそ、リバウンドしにくいと言えます。

酵素ダイエットでよりリバウンドを防止する方法

準備期・復食期に注意

プチ断食を行う場合、準備期間・復食期はとても大切な期間です。いきなり断食に入る事や、断食明けに高いカロリーのものをとり過ぎることはリバウンドの一番の原因です。

水分補給をしっかりと

普段の生活、そして断食中は特に水分補給をしっかりと行う必要があります。水分は体内で脂質やタンパク質を分解後エネルギーへと変換し、体脂肪を燃焼しやすくするのです。

ストレスをためない

実はダイエットと深い関係のあるストレス。
日常生活はもちろんのこと、体重の増減にあまりとらわれないよう、ゆったりとした気持ちで行いましょう。

もちろんどんなダイエット方法でも必ずリバウンドしないとは言い切れません。

酵素ドリンクでのダイエットはあくまでも体内を綺麗にし、新陳代謝や内臓器官の働きを向上させ痩せやすくするためのもので、本来の目的は体質改善なのです。

リバウンド3箇条
  • 酵素液を過信しすぎて普段より多く食べてしまう
  • プチ断食明けの解禁とともに暴飲暴食をしてしまう
  • 低迷期にガマンできず食べ過ぎてしまう
CHECK!

大切なのは、体重を減らすことよりも、減った体重維持にどれだけ気をつけられるか。
特に最近人気のある「炭水化物ダイエット」によるダイエット失敗の報告が相次いでいます。これは単純に食べたいものをガマンするだけで、ダイエットを終了させた後のリバウンド防止法まで考えていなかったために起きやすいケース。目標体重まで下がったからと言って、すぐに気を抜くことは禁物!

また、皮下脂肪よりも落とにくいと言われている内臓脂肪は、できるだけ無理なく食事方法から気をつけていくことで、より落としやすい体内脂肪へと変えることができるのです。

健康的に痩せたいという意志をしっかりと持ち続け、日ごろの生活から見直していきましょう。

  • Facebook
    シェア
  • Twitter
    ツイート
  • はてなブックマーク
    はてブ

235



ページのトップへ