公開日:2018/05/10 

縄がなくてもエアーが出来る!縄跳びダイエットの方法とおすすめのアプリ

誰もがやったことがある縄跳びは、脂肪を燃やせやすい運動のひとつです。本来は縄跳びを用意するといいのですが、その縄がなくても十分痩せられます。

縄を使わず縄跳びをする場合は正しい方法で実践し、さらにアプリを使うのがおすすめです。それぞれ紹介するので、参考にしてみてください。

縄跳びの縄がなくても出来る縄跳びダイエットの方法

縄跳びは縄を用意して跳ばないといけないと思う人が多いでしょうが、じつは縄が無くても跳ぶ動作がしっかりできていたら、ダイエット効果がしっかり出せます。

しかしただジャンプしているだけでは、効果を発揮できないので、以下の方法をしっかり守りましょう。

  1. 縄跳びを持っている振りをする必要があるので、手を軽く握ります。
  2. 縄跳びの要領で脇をしめて、腕を動かさずに手首だけを動かしましょう。
  3. そして縄を跳んでいるイメージで上下に跳び、これを繰り返すだけです。

1分間で60回を跳ぶペースを維持!3分休んで3セット!

縄跳びダイエットで重要になるのが、跳んだ回数になるのですが、これから紹介する回数はあくまで目安として参考にしてください。

無理をしてしまうと、膝などの下半身に負担がかかってしまいます。慣れるまで徐々に回数を増やしていくのが、ポイントです。

  1. まず縄跳びで跳ぶ回数は1分間で60回、つまり1秒に1回のペースがいいでしょう。そのペースを維持しつつ、3分休まずに跳ぶのを目指してください。
  2. そして跳び終えたら、5分間の休憩をはさみ、再び同じペースで3分間縄跳びをしましょう。これを3セット繰り返すと、全部で20分くらいとなるはずです。

20分というのは、有酸素運動の効果を発揮する時間帯になります。脂肪をもやす効果が高く、信頼性が高い方法なので、縄跳びと相性がとてもいいんです。

しかも縄跳びの縄を必要としないエア縄跳びは、気軽できるので続けやすく、休憩をはさんでも問題ないので誰でもできてしまいます。

痩せるために縄跳びするときの注意事項

縄を使わない方法も実際にありますが、しっかり脂肪が燃えているか、あまりイメージできていないかもしれません。

そこで以下のことを注意しながら、縄跳びをしてみましょう。

  • このダイエット法で重要になる姿勢
  • 背中を丸めて跳んでいると、重心が変わってしまい、酸素がしっかり吸えていない状態になります。しっかり背筋を伸ばして正しい姿勢で、縄跳びをしましょう。

  • 膝の負担を少なくするために
  • 膝の負担を少なくするため、ジョギングシューズとマットを敷くのがおすすめです。そもそも縄跳びは、普段の生活に比べて、膝の運動を過剰にしてしまいます。その膝を守る意味でも、シューズとマットは必要です。

また、高く跳ぶのも膝の負担がかかってしまうので、低く跳ぶ意識で縄跳びダイエットに挑戦しましょう。

跳び方を変える方法も効果的でおすすめ

ずっと同じ方法で縄跳びダイエットをしていると飽きてしまう可能性があるので、跳び方を変えて鍛えられる筋肉を変えつつ、モチベーションを上げていきましょう。

両足で跳び終わったら、片足跳びをしてみてください。片足だけで跳ぶと太ももに負荷がかかり、通常より下半身が痩せやすくなります。

バランスよく筋肉をつけるために、左右それぞれ同じ回数を跳ぶようにするといいでしょう。足を高く上げると、さらに効果的です。

そしてよくボクサーがやっている跳び方も、下半身痩せに効果的でしょう。足踏みをしているイメージで、左右それぞれ2回ずつステップを踏むように跳ぶと、お尻に筋肉が鍛えられておすすめです。

よく小学生のころやっていた、二重跳びなんかも高く跳ぶ必要があるので、太ももが鍛えられるでしょう。思いつく跳び方をすぐできてしまうエア縄跳びは、気分転換に最適です。

タバタ式を取り入れるとカロリー消費を高くできる

先ほど紹介した縄跳びダイエットは無理なく回数を跳ぶのがコツと紹介しましたが、タバタ式というのは、短時間で済ませてしまうダイエット法です。

エア縄跳びでも、このタバタ式ができてしまうので、取り入れてみましょう。20秒全力でエア縄跳びをし、10秒休むという急ピッチなところが、高いダイエットの効果を生みます。

心拍数を上げるために全力になる必要があるので、手を抜いてしまうと効果がありません。

  • 二重跳び
  • 上半身を捻りながら跳ぶ
  • 下半身と捻りながら跳ぶ
  • 片足跳び
  • 足を後ろにした片足跳び

全力で4回跳んだら上記の跳び方を変えていき、20秒繰り返します。そして10秒休憩し、これを8セット繰り返しましょう。

この5分ほどで何倍もの運動効果があるので、時間がない人にはおすすめの方法です。

どこでも出来る!縄跳びダイエットにおすすめのアプリ

じつは縄跳びが必要ないエア縄跳びには、スマホを使うアプリで、すべて管理できてしまいます。

そもそも縄がなかったら、モチベーションなどが上がらないので、続けにくいでしょう。だからこそアプリが必要になってきます。

おすすめの縄跳びアプリを紹介するので、使ってみるといいでしょう。

エア縄跳びアプリなら「JUMP ROPE WORKOUT」

エア縄跳びだからこそ、このアプリが活躍します。空いている手にスマホを持って跳ぶと、なんと跳んでいる回数をカウントしてくれるんです。

さらにあらかじめ設定した回数まで跳ぶと、通知でお知らせしてくれるので、目標が達成しやすくなるでしょう。

さらに消費カロリーまで表示されているので、目標が定めやすいのも大きなメリットです。


縄跳び専用じゃないけど使える「万能歩数計」

ダイエットのためにウォーキングもしている人は、万能万歩計というアプリを使いましょう。縄跳び専用ではないので、そこは頭に入れておいてください。

ポケットに入れて跳ぶと、しっかり跳んだ回数をカウントしてくれているので、安心してエア縄跳びができてしまいます。

もちろん万歩計のアプリなので、ウォーキングの消費カロリーも表示されて、モチベーションをアップしてくれるでしょう。両方する人には、おすすめのアプリです。

縄跳びダイエットで楽しくカロリー消費♪

どんな場所でもできてしまう縄跳びダイエットは、背筋を伸ばしてしっかりジャンプできていれば、高い効果を発揮できてしまうでしょう。

基本的には低く跳んで3分を3セット繰り返す有酸素運動がいいのですが、時間がないのなら短時間で高い消費カロリーになる、タバタ式でも痩せることは可能です。

縄がなくてもエア縄跳びで脂肪が燃焼でき、好きなように跳べる縄跳びは、忙しい女性におすすめの方法になります。

さらに効果を確かめるためにアプリを使い、モチベーションを高めて、縄跳びダイエットに挑戦してみましょう。

  • Facebook
    シェア
  • Twitter
    ツイート
  • はてなブックマーク
    はてブ

1,340



ページのトップへ