公開日:2018/08/21 

ダイエット中の間食を我慢したくない人は和菓子ダイエットがおすすめ!

誰でも食事を我慢していたら、徐々に甘いものに手を出したくなるものです。とくに女性ならストレスのはけ口として、おやつを食べたくなるでしょう。

そこで和菓子を取り入れると、むしろダイエットしやすくなっておすすめです。その理由は和菓子に使われている材料が関係しており、体が細くできたという人が増えています。

ダイエット中のおやつの我慢は必要なし!和菓子ダイエットの方法

本来体を絞ろうとする場合は、基本的に甘いものを控えるのが普通なのではないでしょうか。

しかし和菓子に限っては、取り入れたほうがダイエットもしやすくなり、しかも甘いものを我慢しなくていいので、ストレスからも解放されます。

ところがこの方法を利用するには、ある程度ルールを守る必要があるんです。そうすれば和菓子を食べても、ダイエットの邪魔にはなりません。

和菓子の中でもダイエットしやすいものを選ぶ

もともとこのおやつは他のものよりも、甘さが濃いのが特徴です。だからこそ少しの量でも満足感が出て脂肪になりにくいのですが、結局は食べすぎると他のおやつと同様に太ってしまう原因となってしまいます。

そこで和菓子を食べるときにはサイズを確認して、小さめのものを食べるといいでしょう。そうすることで自然とたくさんの量を食べるのを止められて、痩せやすくなるメリットだけを利用できるんです。

逆にいえばちょっとしたサイズで、満足できる和菓子を選ぶのも、この方法のポイントになります。とくに自分の好みの味があるのなら、それに合わせて和菓子を選んでみましょう。

和菓子を食べてもいいとされる時間を守って取り入れる

太りにくいとされている和菓子でも、さすがに糖質が入っているため、少しは脂肪になってしまいます。

それを少しでもおさえられたら、もっとダイエットの邪魔になりにくくなり、うまくその効果だけを利用できるんです。

いつ食べるといい?

その時間帯とは、おやつを食べられるタイミングである15時がちょうどいいでしょう。

これは体が1日のうちで体が一番活発になるタイミングであり、和菓子を食べたところで、脂肪がついても簡単に取り除けます。

とくに15時という時間は、体が食べたものをとり込んで体重に影響があるわけでなく、むしろそれをすぐ使ってしまおうとするんです。

つまりおやつとして15時に和菓子を食べるのが理想であり、間食ができるようになるというメリットが、魅力的な方法になります。

和菓子と一緒に食べると効果が高いとされる飲み物を準備しておく

量を食べすぎないで15時に食べるのを、とにかく守っているだけでも脂肪がつきにくくなって、しかも満足できる効果でダイエットがしやすくなるでしょう。

しかしそれだけではこの和菓子ダイエットの方法のメリットを、すべて活かしているわけではありません。

和菓子を食べていると必ず飲みものがほしくなるでしょうから、それを緑茶にすると痩せられる効果を、今より活かせられます。

これは緑茶の成分に糖をおさえるものや、脂肪をため込ませない効果だってあるため、もっと和菓子のデメリットを帳消しにしてくれるんです。

それを温めて飲んでいると腸だって元気になって、代謝を高められるのでやってみましょう。

甘い物なのにダイエット中でも和菓子なら食べても良い理由とおすすめの和菓子

そもそも甘いおやつなのに食べてもいいのか、少し不安になっている人だっているはずです。

他のおやつに比べて甘みが強く、明らかに脂肪がたまりそうに思えますが、実際はケーキなどの洋菓子に比べて太りにくい食べものになります。

甘みが強いからという理由だけでなく、ほかにもしっかり根拠を利用したものなので、痩せようとしている人でも和菓子を食べていいんです。

もちろん食べすぎてしまうと、その効果もないようなものなので、上記で紹介したようにサイズは気にしておきましょう。

他のおやつよりカロリーが少なくて脂肪になりにくいから

もともと脂肪がつきにくいといわれているものには、ある共通点があり、和菓子にはそれと当てはまるものがありません。

甘いのにカロリーが低い

まずそのひとつにカロリーの低さが和菓子のメリットであり、他のおやつに比べても、痩せるのに支障がないレベルです。

カロリーというのは体が使うガソリンのようなもので、使い切らないとそのまま脂肪として残し、それが何度も繰り返されて肥満になっていきます。

しかし和菓子は甘いだけでその特徴がないからこそ、この方法で間食として使えるわけです。

意外にも脂質がかなり少なくてダイエットに影響なし

そのカロリーの低さには脂質が関わっており、お肉のカロリーが高いのは、これが原因になります。

洋菓子にはたくさんの脂質が使われており、乳製品やクリームに入っているからなんです。

しかし和菓子はそのようなものは使わずに、独自の甘みを出す方法で作っているため、カロリーがおさえられています。

ちなみに脂身だけでなく、甘みの原因である糖質だって脂肪が増えますが、和菓子は甘みが強い分脂肪がたまると勘違いをしているでしょう。

これは脂質とのバランスで脂肪になるといわれており、和菓子には脂質がほぼないのでダイエットとして使っても、脂肪がつきにくくなるわけです。

和菓子でよく使われる材料は糖を吸収しにくくてお腹が空きにくくなる

糖というのはダイエットをしている人に限って、とくに邪魔な存在と思うでしょう。

さらに糖は食欲を増やすためにも使われるもので、あまりにそれが多すぎると、お腹が空いてくるんです。

だからこそ脂肪になりにくいとしても、体が糖を取り込みすぎると、さまざまなものを食べすぎてしまいます。

ここがポイント!

しかし和菓子はその糖を体にとりこむのをカットできる効果があり、お腹が空いたと感じにくい特徴があるんです。

つまり間食として食べるとお腹がいっぱいになったと満足して、しかも夕食までそれが持続でき、余計なものを食べなくする効果が利用できます。

和菓子には食物繊維も取れるのでダイエット中でも安心して食べられる

じつはこれらの方法を利用できるのは、野菜などの繊維質なものを、和菓子で使っているからなんです。

これは現代人には足りていないものとされており、腸を元気にできる効果があります。

ダイエットに関して重要な栄養であり、それをうまく活用できれば、代謝を高められるわけです。

おやつの時間に和菓子をとるだけで、健康にもなれてしまうこの方法を、うまく利用して食べすぎをなくしましょう。

そうすれば徐々に体重が減っていき、トータルで見たらかなり減量できるようになります。

  • Facebook
    シェア
  • Twitter
    ツイート
  • はてなブックマーク
    はてブ

92



ページのトップへ