公開日:2017/05/26  最終更新日:2017/06/06

思い通りの眉を作る!イプサのアイブロウアイテムの種類とつけ方とは

女性に人気のコスメブランド「イプサ」。数々の人気アイテムがありますが、今回はアイブロウに焦点を当てて、その魅力と使い方を紹介します。

まずはきれいな眉の作り方をチェック!

眉の印象を左右するポイントは

眉は、表情の印象を左右する大切なポイントとなる部分です。眉の形がアンバランスになると、メイク全体が不自然な印象を与えてしまう場合があります。美しい眉を作るポイントとなるのは、眉尻、眉山、眉頭の3つです。この3つの位置は、人により異なります。この位置を押さえるだけでも、仕上がりがぐんと美しくなります。

まずは、眉頭の位置を決めましょう。眉頭は、顔を正面から見たときの印象を作るポイントとなります。離れすぎていると顔全体が薄い印象に、眉頭か近すぎるときつい印象を与えてしまうことがあります。バランスのとれた眉頭は、眉間の幅を小鼻と同じ幅にすることを目安に作るときれいに仕上がります。

眉山と眉尻の位置が眉の形のポイント

眉山と眉尻は、眉の形を左右する大切なポイントです。

眉山とは、眉の中でもっとも高くなっている部分をさします。眉山を作ることで、眉を立体的に見せる効果があります。眉山を決めるポイントとなるのは、眉を上にあげたときにあらわれる眉弓筋です。この眉弓筋に沿うようにポイントを探します。眉山の位置としては、目尻と黒目の間が目安となります。眉頭と眉山を結ぶときは、できるだけ緩やかなカーブを書くようにすると印象のいい眉に仕上がります。

眉尻は、小鼻と目尻を結んだラインの延長線上に書くのがいいでしょう。あまり外側に書きすぎると、立体感のない眉に仕上がるため注意が必要です。また、眉尻は眉頭よりも下げないように書くのもポイントです。

アイブロウメイク前のお手入れ方法

アイブロウメイクをする前に、眉をきれいに整えておくといいでしょう。まずは、眉の基本的なお手入れ方法を紹介します。

1.スクリューブラシを使い、眉の流れを一方向に整えます

2.眉下ラインからはみ出ている眉毛は、専用のはさみを使いカットします。カットする部分が多い場合は、1本ずつ切るのではなく、まとめて切るようにしましょう。毛先だけでなく、根元からはみ出ている場合は毛抜きを使い、抜いていきます。

3.眉の周りの産毛を、かみそりやシェーバーで処理します。こうすることで、眉の形を引き立たせることができます。

余分な産毛やムダ毛がないことで、メイクの仕上がりに差をつけることができます。

大人気!イプサのアイブロウアイテム3選

アイブロウの常識を覆すパレット

アイブロウメイクの常識を覆すアイテムが、イプサの「クリエイティブパレット」です。アイブロウパレットの中に、ピンクやオレンジのニュアンスカラーを取り入れることで、髪色に合わせたアイブロウメイクを可能にしました。また、微妙にトーンの違う3色のブラウンでなりたいイメージに合わせたナチュラルな眉を描くことができます。

使いやすい4タイプのブラシがセットになっているので、このパレットひとつあればこなれ感のあるアイブロウメイクを完成させることができますよ。アイブロウメイクが落ちにくくなるように、オイルが配合されたパウダーを採用しているところも、ポイントです。

【商品情報】

アイブロウ クリエイティブパレット

3.3g/税込4,536円(本体4,200円)

アイブロウパウダーで自然な眉に

柔らかさのあるナチュラルなアイブロウメイクをしたい人におすすめなのが、イプサの「アイブロウパウダー」です。ソフトな肌触りのペン先から、キメの細かいパウダーが出るタイプで、ぼかしたような柔らかいラインを書くことができます。

パウダータイプはブラシにパウダーをつけながら眉を書くものが多いのですが、珍しいペンシルタイプとなっています。そのため、均一にパウダーをつけることができて、初心者でも眉を書きやすいのが特徴です。アイブロウメイクに立体感をプラスするための仕上げに使うこともできるアイテムです。また、カートリッジタイプなので別売りホルダーに補てんすることで使用することができます。

【商品情報】

アイブロウパウダー

全2色/税込1,620円(本体1,500円)

アイブロウライナーも見逃せない

アイブロウアイテムとして定番となっているのが、ペンシルタイプのアイブロウライナーです。

イプサのアイブロウライナーは2種類あります。「アイブロウライナー」は、オーバル型の太めの芯が特徴的です。書きやすさを追求した新の固さで、肌にフィットする眉を書くことができます。細い線や太い線も書きやすく、しっかりとした輪郭のある眉ラインを書きたい人におすすめです。もうひとつが「アイブロウライナーWP」です。こちらは細めの真円型の芯で、細かいラインまでするすると書くことができます。皮脂や汗にも強いマルチプルーフタイプなので、長時間メイク直しができないときにも安心です。

【商品情報】

アイブロウライナー

全2色/税込1,620円(本体1,500円)

アイブロウライナー WP

全2色/税込1,944円(本体1,800円)

大人気!クリエイティブパレットの使い方

まずは3色のブラウンに注目!

イプサのアイブロウアイテムの中でも、人気を博しているのが「クリエイティブパレット」です。スタイリストからも熱い支持を受けているアイブロウアイテムなのです。色味が異なる5色のカラーは、なりたい眉や肌のトーンや髪色に合わせて使い分けることができます。

まず、注目するべきは3色のブラウンカラーです。この3色を使い分けることで、ナチュラルで立体的な眉を書くことができます。メインとして使うのは、ナチュラルブラウンです。肌馴染みのいいブラウンカラーで眉全体の輪郭を作ります。次に、少し濃いダークブラウンで眉尻やくっきりと描きたい部分を書き足します。最後に、ハイライトカラーとなるライトベージュで眉に陰影を付けていきます。

計算しつくされたニュアンスカラー

アイブロウメイクをするときに、髪色に上手く馴染まずに眉だけが浮いて見えてしまうということはありませんか?これを解決してくれるのが、「ニュアンスカラー」です。髪色は黄赤色素と黒褐色色素から作られているといわれています。そのため、ニュアンスカラーとして使用されているレッドとオレンジは、髪色を左右する色味でもあります。

レッドは、赤み系のカラーや黒髪と、オレンジは黄色系カラーやハイトーンのヘアカラーと相性がいいようです。この色をアイブロウにプラスすることで、よりナチュラルなアイブロウメイクが完成します。ブラウン系で書いた眉の上からプラスするように、色味を足して使います。

4つのタイプのブラシでなりたい眉に

アイブロウの完成度を左右するのが、ブラシです。クリエイティブパレットには、2本のアイブロウブラシがついています。

上下にそれぞれ形状の異なるブラシがついているため、4タイプのブラシを使い分けることができます。そのため、細いラインや太いラインを使い分けて書くことができます。特に、一番細いブラシは毛先が斜めにカットされており、眉の凹凸や眉頭の凹凸にもフィットするように作られています。5色のアイブロウカラーと4タイプのブラシを使いこなせば、なりたい眉を簡単に作ることをができるのです。

ひとりひとりに合わせた美しさを追求する、イプサならではのアイデアが詰まったアイブロウアイテムです。

イプサのアイブロウアイテムでなりたい眉に

イプサならではの美学が詰まったアイブロウアイテムは、使いやすく人気で、特にクリエイティブパレットは仕上がりに差がつきます。

  • なりたい眉に合わせて選べるアイテム
  • 5色を使い分けることで、眉を自由自在 にデザインできるクリエイティブパレット
  • ニュアンスカラーで髪色に合った仕上がり

アイブロウメイクに迷ったときには、一度イプサのアイテムを使用してみてはいかがでしょうか。

  • Facebook
    シェア
  • Twitter
    ツイート
  • はてなブックマーク
    はてブ

1,343



ページのトップへ