公開日:2018/05/14 

効率よく摂取して効果に差をつける!はちみつダイエットの効果的な方法

多くの人は甘いものが大好きで、なかなかやめられない…なんて人が多いでしょう。そんな人こそ、はちみつを使ったダイエットがおすすめです。

それは栄養がたっぷりで、そのおかげで痩せやすい体質に変わっていきます。その効果を高くするための方法なども、くわしく見てみましょう。

はちみつダイエットは実は痩せる効果がたくさんあるんです!

そもそも甘いものは体を細くさせようとする場合は、控えたほうがいいのでは?と、疑問に思うでしょう。

しかしはちみつに関しては、たくさん食べなければとくに問題ありません。それには以下のような効果が隠されているからなんです。

食欲を少なくさせる効果で食べすぎをさせない!

痩せるためには食事の量を気にすることでしょう。それは体の中に、その食べたものがたまっていくことで脂肪になるからです。

つまり食べすぎを防いでしまえば、簡単に体重を減らせられます。それができてしまうのが今回紹介するはちみつなのですが、これは食欲の原因である血糖値と深く関係があるんです。

そもそもお腹が空いたと思った場合、高い血糖値が急に下がってしまったときに感じます。ということは最初から血糖値を高くしないように、おさえられていれば、お腹が空きにくくなるでしょう。

それができるのがはちみつなんです。さらに血糖値を少なくできるだけでなく、甘みが強い特徴がはちみつにはあるので、もともとの使う量を少なくできるのも大きなメリットでしょう。

腸を活発にさせて代謝をアップ!脂肪をもやそう!

現代人は食生活が変わったのが原因で、便秘になっているといわれています。これは腸がうまく働けない環境になっているからで、それを解消するためには食事を変えていかないといけません。

なんとそれもはちみつがあれば、問題が解決してしまうでしょう。それはグルコン酸という成分と、オリゴ糖が入っているからです。

そもそも腸がうまく働かない理由は、腸内の菌が大きく関係しており、とくに悪玉菌という細菌が厄介でしょう。この菌は便を硬くしてしまい、腸の中で腐敗が始まってしまいます。

それを食べてさらにこの菌が増えてしまい、悪いサイクルが始まってしまうでしょう。そのサイクルを止めるのがグルコン酸です。この成分は殺菌能力があり、腸内で悪さをする菌を少なくさせます。

そして善玉菌を増やすオリゴ糖で便を柔らかくして、さらに腸の活動をよくしていくわけです。このふたつの効果で腸が元気になって代謝がアップし、脂肪がもえやすくなるでしょう。

栄養がたっぷりで成長ホルモンがよく働く!

さらに栄養がたっぷりのはちみつは、そのおかげでダイエットに効果的です。とくにビタミンやミネラルは、成長ホルモンを活発にしてくれるので、代謝が上がりやすくなるでしょう。

成長ホルモンとは子供の成長のためのもので、自分には関係がないと思うでしょうが、じつは大人になっても量は減っていますが出ています。

そのホルモンを増やしているのがビタミン類などの栄養です。現代人の食事にはこれらの栄養が足りていないのですが、はちみつをとればそれらを補えます。

代謝がよくなってくると汗ばむことが増えますが、小さい子供を見てみると大人より汗をかいているでしょう。それと似たような体質に変われるのが、この食材だと思っておいてください。

睡眠前がおすすめ!はちみつダイエットの方法

上記のように栄養がたっぷり入っていることで、ダイエットがしやすくなるはちみつは、夜の睡眠に入る1時間前に食べておくのがいいでしょう。

それは先ほど紹介したホルモンがポイントです。夜の10時から2時くらいに活発になるのですが、とくに睡眠を深くしておかないといけません。

それよりも遅く食事をとっていると、胃腸が働いてしまうのでやめましょう。もちろんはちみつを食べるのも、正しく1時間前くらいと守って、ダイエットに役立たせてください。

さらに効果を上げるためには、以下の方法を使うのがおすすめです。ちょっとしたことなので、せっかくですから挑戦してみましょう。

毎食スプーンで1杯口にいれると忘れずに摂取できる!

はちみつの効果を上げるには、とりすぎず少なすぎずという量を守る必要があります。その量とは、スプーンでいう数杯程度でいいんです。

ですからご飯を食べるころに、はちみつを食べると決めておけば、忘れずに口にできるでしょう。

食卓にはちみつとスプーンを置いておけば、薬のような感覚で続けられておすすめです。

砂糖の代わりに使うとカロリーカット!でも使いすぎには注意!

そもそも甘くておいしいはちみつは、砂糖の代わりとして使う方法がちょうどいいでしょう。

しかも砂糖のカロリーと比べてみても、はちみつのほうが少なくて太りにくいわけです。

ですから常に砂糖を使うのではなく、はちみつを使うように心がければ、何もしていなくてもダイエットができてしまいます。

しかしたしかにカロリーは低いですが、だからといって食べすぎてしまうと、その効果が薄れてしまうので要注意です。

甘みだけを見ると、はちみつのほうが強いので、その量を少なくさせる方法を使いましょう。

高い効果を維持したまま使うなら熱を避ける

甘いはちみつはたしかに使い勝手がよくて、さまざまな方法に使えてしまうのが大きなメリットです。

しかし調味料として使う場合は、少し考えなおしたほうがいいでしょう。はちみつを加熱すると、上記で紹介した効果が少なくなってしまうからです。

もっと詳しくいうと45度以上にすると、はちみつの酵素まで少なくなってしまい、栄養も薄れます。

紅茶やコーヒーなどの飲みものに入れる程度なら問題ありませんが、料理として使うのは控えたほうがいいでしょう。

はちみつダイエットの成功のポイントは”純ハチミツ”を選ぶ事

痩せるためには食事のコントロールができればいいのですが、その補助として役立つのがはちみつです。

食べすぎを防ぐ効果があるので、太りにくくなるうえに脂肪もカットできてしまいます。

そして甘みが強いので、砂糖の代わりに使う方法なら、カロリーを少なくできてダイエットにいいでしょう。

これらの効果をうまく使う場合は、栄養が高い純ハチミツを選ぶのがおすすめです。

もし食卓に砂糖が置いてあるなら、はちみつに変えて積極的に使うといいでしょう。

  • Facebook
    シェア
  • Twitter
    ツイート
  • はてなブックマーク
    はてブ

27



ページのトップへ