公開日:2018/01/18  最終更新日:2018/12/18

自宅で簡単!バストアップクリームの作り方

バストアップクリームは色々ありますが、なかなか理想的なものがない!そんな風に思ったことはありませんか?

ここでは、自宅で簡単にできるバストアップクリームの作り方を紹介します。

バストアップクリームに含まれている成分は?

バストアップクリームにはどんな成分が含まれているのかが気になりますよね。バストアップクリームには、女性ホルモンに働きかけて乳腺を発達させる成分が含まれています。

また、脂肪を増やすことでバストアップに効果がある成分と、バストを美肌に導く成分も含まれています。自宅でバストアップクリームを作るためには、それらが含まれていることが理想となります。

そこで、手持ちの化粧品でバストアップクリームに似た効果のあるものはどれなのか見ていきましょう。

バストアップクリームに似たアイテム

自宅にあるもので、バストアップクリームの成分に近いものといえば、スキンケア用品が該当します。例えば美容液ですが、女性ホルモンに働きかける成分のプラセンタやイソフラボンが含まれています。

美容液がバストアップクリームの代用品になるので、ちょっと使いたいときの代用品になりますね。美容液はスキンケアのために製造されたものなので、使用感がサラサラしているのが特徴です。

バストアップクリームに使うためには、ワセリンで粘りを出すという方法があります。ワセリンに美容液をプラスして、粘りを出すことでバストアップクリームの代用品になるのです。

簡単な手作りバストアップクリーム

美容液の他にも、ボディクリームでバストアップクリームの代用品を作ることも可能です。

また、ボディクリームは天然由来の成分の方が手を加えやすいのでおすすめです。ボディクリームを使う場合はバストアップ効果が足りないため、バストアップ効果があるものをプラスするのがポイントです。

精油のゼラニウムには、植物ホルモンといわれる女性ホルモンと似た働きをする成分が含まれているので、プラスするのに適しています。

精油を使用するときは手に付かないように気をつけて、キャリアオイルで希釈するのがポイントです。

市販のバストアップクリームにプラスする

美容液やボディクリームといった代用品だけでなく、市販のバストアップクリームに好みのアイテムをプラスするのもおすすめです。

市販のバストアップクリームにひと手間加えるだけで、自分だけのオリジナルを作れるなんて嬉しいですよね。

バストアップクリームの成分としては気に入っているけれど、香りが好みではなかったら使い続けるのも苦痛になりますよね。そんなときにも使えるリメイクテクニックですので、ぜひ試してみてください。

ハチミツやミツロウをプラス

完全にオリジナルのバストアップクリームを作る際にも使えるテクニックですが、ハチミツやミツロウがクリームの元となります。

ミツロウを使用する場合は湯せんで好みのキャリアオイルと混ぜていきます。ここで使用するキャリアオイルですが、グレープシードオイル、スイートアーモンドオイル、オリーブオイルなどがおすすめです。

使用するキャリアオイルによって効能も変わってきますので、ぜひ好きなキャリアオイルを見つけてくださいね。また、ハチミツを使用する場合は、混じりけのないハチミツがおすすめです。

好きなアロマオイルをプラス

おすすめのアロマオイルはゼラニウムですが、ゼラニウムの特徴をいくつか紹介します。

まず香りですが、ローズゼラニウムと呼ばれているように、ほんのり甘い香りを持っています。そしてミントのような爽やかな香りもするのが特徴です。

植物ホルモンの影響で、気分が落ち込んでいるときや、イライラしたときに心を明るくさせる効果があります。リラックス効果のある精油として、ラベンダーやカモミールもおすすめです。

また、オレンジなどの柑橘系の精油も気分を上げてくれる効果があります。精油を扱うときは、直接触れないように気をつけてください。

おすすめキャリアオイルと注意点

市販のバストアップクリームにはない、オリジナルのバストアップクリームは使うだけで気分が上がります。また、好きな香りに包まれながらマッサージをすることで、ストレスが減り、バストが育ちやすくなるのも嬉しい効果のひとつです。

市販のバストアップクリームにプラスする方法で慣れていき、いずれは完全にオリジナルのバストアップクリームが作れると楽しいですね。オリジナルのバストアップクリームを作るときにおすすめの、精油を希釈するときに使うキャリアオイルの効果を紹介します。

バストアップクリームにおすすめのオイル

手作りバストアップクリームを作るためにおすすめのキャリアオイルですが、一番身近なオイルではオリーブオイルがあります。

オリーブオイルは料理に使うイメージですが、石鹸などにも使用されている乾燥肌の方におすすめのオイルです。バストアップクリームに使用するときは、エクストラバージンオイルがスキンケアに向いています。

次にグレープシードオイルですが、グレープシードオイルは敏感肌の方におすすめのオイルです。グレープシードオイルは、ワインを作った後に残ったブドウの種が原料になっているので、安価で手に入れやすいのもポイントになります。

手作りバストアップクリームの注意点

一度作ったらやみつきになる、オリジナルのバストアップクリームですが、手作りだからこその注意点があります。

まずは、市販のバストアップクリームとは違って保存期間が短いことです。保存料無添加のため、なるべく1カ月をめどに使い切るようにしてください。

バストアップクリームは一度にたっぷり使うので、使い切れる量もだんだんわかってくるようになります。

また保存方法ですが、なるべく温度差のない涼しい場所で保管するようにしてください。キャリアオイルは、精油と同じく遮光瓶での保存がおすすめです。

バストアップクリーム作りは楽しい!

自宅でできるバストアップクリームの作り方はいかがだったでしょうか。

  • 美容液やボディクリームで代用品を作ってみる
  • 市販のバストアップクリームに好きなオイルをプラスする
  • 完全オリジナルのバストアップクリームも作れる

まずはお試しで少し作ってみてくださいね。安全のために、パッチテストもおすすめします。

  • Facebook
    シェア
  • Twitter
    ツイート
  • はてなブックマーク
    はてブ

272



ページのトップへ