公開日:2017/06/26 

お肌の天敵紫外線!正しい日焼け止めの塗り方3ステップ!

みなさん紫外線対策は日差しが1番強くなる夏本番だけだと思っていませんか?実は紫外線の量が増えるのは春から夏にかけてです。夏に紫外線対策をする方は多いと思いますが、春からしっかり対策を行うことが重要です。冬の乾燥する時期に肌が弱ってる可能性も多くあるので春のUVケアをしっかりしていきましょう。

そもそも紫外線ってなんなの?

紫外線の影響を最も受けやすいのが肌です。特にみなさんも気になるのがシミやたるみ、シワなどの肌の老化です。

シミ、そばかす

紫外線をあびると、紫外線から肌を守ろうとする働きが活発になりメラニン色素が作られます。メラニン色素は肌を守るのには必要ですが、紫外線を浴び続けると過剰に作られるのでシミやそばかすの原因になります。

シワ、たるみ

長年紫外線を浴びつづけると、皮膚のコラーゲンが破壊されていきます。コラーゲンは肌のハリや弾力を維持する役割をもっていて、コラーゲンが破壊されることで肌のシワやたるみの原因となってしまいます。また、肌がたるむことで毛穴も目立ちやすくなってしまうのです。

肌荒れ、乾燥

紫外線による肌の乾燥、免疫機能の低下により肌荒れを引き起こします。紫外線はニキビや吹き出物の原因にもなるのです。紫外線を浴びて老化した肌はゴワゴワした手触りになってしまいます。加えて、毛髪や頭皮への影響もあり髪のパサつきやダメージヘアを引き起こす原因でもあるのです。

紫外線には他にもお肌に様々な影響を及ぼします。今は大丈夫だと思っていても、歳を重ねるごとに目に見えて肌の老化を実感したりするのです。いつまでも透き通った肌を維持するためには適切な紫外線対策が重要なのです。きちんと対策することで強力な紫外線からお肌を守ることができるのです。

じゃあ紫外線対策はどうすればいいの?

このような紫外線による影響を少しでも防ぐためには日ごろから上手く紫外線対策をすることが大切です。これからの季節はレジャーやアウトドアで紫外線を浴びる時間も増えていきますよね。ではどのように対策をすればいいのでしょうか…?

日焼け止めなどの日焼け対策グッズ

帽子や日傘などで対策している人は街中でもよく見かけますよね。そんな中、目に見えない対策として基本なのが日焼け止めの使用です。みなさん日焼け止めの効果を侮ってはいませんか?実は私がそうでした。塗っても塗らなくてもどうせ変わらないでしょ…と思っていたのです。しかし、日焼け止めというのはものすごい効果を発揮するのです。

SPFとPAとは?

日焼け止めを購入する際に基準となるSPFとPAという数値。一体これは何を表す数字なのでしょうか。

SPFは主にUVBを防ぐもので、数字の単位は「時間の倍」です。つまりSPF50は時間で50倍日焼けするのを遅らせる効果が期待できるということ。一方PAとは、UVAを防ぐ効果を表していて、+から++++までの4段階で、PA++++はかなり高い効果があります。

日焼け止めの正しい塗り方

せっかく日焼け止めを塗っていても間違えた塗り方では効果は期待できません。正しい塗り方3ステップを覚えて、肌を紫外線から守りましょう。

塗る量ってどれくらい?

そもそも、日焼け止めは必要量を塗らないと効果が期待できないことをご存知ですか?わたしは今まで量を全く気にしてませんでした…。それではどれくらいの量が必要なのでしょうか。

紫外線対策で使われる基準量は、1㎠あたり2mgとなっています。日焼け止めに表示されているSPFやPAはこの量を使わないと数値分の効果は出せないんですね。でも数値で言われてもピンとこない…。ということで、顔に使用する場合と目安としては大体500円玉くらいです。500円玉って意外と量多いんですね。

しかし塗る量が分かっていても、塗り方が間違っていたら効果は期待できません。そこで次のステップです。

日焼け止めを塗る正しい順番

女性の場合、日焼け止めだけではなく化粧もするので化粧下地やファンデーションもしなきゃいけないですよね。そこで正しい順番をお教えします。

  1. 化粧水(保湿することで日焼け止めの浸透が良くなります。また、乾燥した肌に日焼け止めを塗ってしまうと余計に乾燥してしまうのです。)
  2. 日焼け止め
  3. 化粧下地
  4. ファンデーション

この順番でやればOKです。日焼け止めを塗る前に保湿をして浸透力を高めることがポイントです。量と順番が分かったところで実際に日焼け止めを塗っていきましょう。

日焼け止めの正しい手順

  1. 日焼け止めを適量手のひらに取ります。
  2. 手のひらでのばして全体になじませます。
  3. 頬、おでこ、鼻、あごの順に塗っていきます。(面積の広い頬から塗るのがポイントです。)
  4. 内側から外側へ優しくのばしていきます
  5. 手のひらでパックしながら肌になじませていきます。(このとき、リフトアップするような感じでやるとさらによいです。)

塗り忘れている箇所がないようにムラなく塗ることを心がけてください。また、2〜3時間で塗り直しすることをおすすめします。また、3つのステップとは別に番外編として注意する点をいくつか紹介します。

去年の日焼け止めを使っていませんか?

去年買ったものが残っているから今年も使おうと考えているあなた。保管方法によっては雑菌が繁殖していたり品質自体が変化してしまっている可能性もあります。その場合日焼け止めの効果が期待できませんので毎年新しいものを購入するようにしましょう。

日焼け止めは1日の終わりに必ず綺麗に落とすことが大切です。

日焼け止めは紫外線防止効果が高い分、しっかり落とさないと新たな肌トラブルの原因になりかねません。日焼け止め専用クレンジングもあるくらいですので、1日の終わりにはしっかり落とすようにしましょう。

これであなたも紫外線対策は完璧3つのステップまとめ

以上で正しい日焼け止めの塗り方を紹介しました。日焼け止めを塗っただけで安心していませんか?間違った使用法では効果が期待できません。

  • 順番
  • 塗り方

正しい3つのステップを踏まえて紫外線からお肌を守りましょう。日焼け止めなんか面倒くさいと思う方も自分のお肌のために早めの対策を!夏本番だけでなく春から対策を行うことが重要ですよ!

  • Facebook
    シェア
  • Twitter
    ツイート
  • はてなブックマーク
    はてブ

233

Editor's Information

お肌の天敵紫外線!正しい日焼け止めの塗り方3ステップ!
糟谷咲貴子(かすや さきこ)
1994年6月5日生まれの22歳。
立教大学在学中にモデルとして活動。
卒業後の現在は女優として舞台やドラマ、CMに出演。