公開日:2018/02/26 

腰回りの肉が気になるならフラフープで解決!腰回り痩せフラフープのやり方

腰回り痩せをしたくても、筋トレやヨガなどは大変そうとなかなか始められない人もいるでしょう。そんなときに、遊び感覚で腰回り痩せのための運動になるのがフラフープです。回しているだけで、腰回りの肉に効果的にアプローチできます。簡単に始められる、フラフープでの腰回り痩せについて紹介しましょう。

腰回りの肉が太いならフラフープで腰回り痩せ!

腰回り痩せをしたいものの、筋トレやヨガなどはハードそうで続かないかもしれないと心配している方もいるかもしれません。そんな方でもあきらめずに楽しく取り組める運動が、フラフープです。フラフープといえば、子供のための遊具というイメージです。しかし、そもそもはスポーツのために誕生した器具だったのです。

遊び感覚で楽しく腰回りをきたえることができるフラフープは、腰回りだけでなく下半身全体のバランスをよくしてくれます。ある程度継続して回すことが大切ですが、回せるようになるまでにする努力も腰回り痩せの成果につながるのは魅力です。特に、くびれを作るのに効果的ですから、気軽にトライしてみませんか?

フラフープは、お腹の力を使って回します。ただ輪っかを回しているだけで腹筋が刺激され、いつの間にか腰回りに筋肉がついてきます。より効果的に腰回り痩せに役立てたいのであれば、フラフープと同時に食事にも気を付けてみましょう。糖質や脂質を控えめにしつつ、栄養バランスの良い食事に心がければ、フラフープを頑張る成果も出やすくなるはずです。

フラフープのメリットは、お腹のインナーマッスルをきたえることができる点にもあります。インナーマッスルをきたえれば基礎代謝が上昇しますから、普通の生活をしているだけで脂肪が燃焼しやすくなります。太りにくく、痩せやすい体質になるためにも、フラフープは大活用できるのです。

腰回り痩せに効くフラフープのやり方

フラフープを腰回り痩せに活かすためには、回し方にも気を付けましょう。最初は回せるようになることが肝心ですから、難しいことを考える必要ありません。回し続けるのが楽しいと感じられるようになってきたら、4分ほど回して2分ほど休みを入れ、次は逆回しをしてみましょう。こうすることで、より腹筋に刺激を与えることができます。

時間でも回数でも、長く続けるのが効果的なのは変わりありません。ただし、お腹が痛くなるほどにフラフープを続けていると、逆効果になることもあります。お腹が刺激され過ぎて下痢などにつながってしまう可能性もありますから、楽しく汗をかく程度に続けることが大事でしょう。

また、食事でのカロリー管理も同時に行いましょう。どのくらいのカロリーを食事で摂取し、フラフープでどのくらいのカロリーを燃焼させるか把握することで、効率よく脂肪燃焼できるようになります。頑張ってフラフープをしたからといって、その分食べてしまっては、腰回り痩せが程遠くなってしまいます。

フラフープには、様々な種類が発売されています。子供用の数百円で購入できるフラフープから、アスリートなどがトレーニング用に用いるフラフープまで揃っており、腰回り痩せに用いるにも厳選する必要があります。子供用のフラフープでも、ダイエットに使うことは可能です。しかし軽量にできている点は、効果の半減になってしまいます。

子供が重いと感じる重量も、大人とは違ってきます。大人がある程度の重さを感じて回しやすいと思えるフラフープは、500g以上が目安です。さらにトレーニング用に重量のあるフラフープもありますから、目標によって選んでみてください。

フラフープでの消費カロリーは、10分間で70kcal程度といわれています。体重によっても消費カロリーは違ってきますが、目安として考えてください。普通のウォーキングなどの場合では、30分程度行っても80kcalくらいしかカロリー消費できません。速足でも30分で130kcal程度ですから、ウォーキングよりフラフープの方が効率よくカロリー消費できるといえるのです。しかも、フラフープは室内で行えるため、天候に左右されません。

フラフープなら腰回り痩せが簡単にできちゃう!

フラフープのコツをつかむと、腰を大きく動かさなくても上手に長く回せるようになります。こうなれば、無駄なく楽しくフラフープで腰回り痩せが実現するでしょう。腰だけを動かしているにもかかわらず、全身がじんわりと温まってくるのも基礎代謝アップにつながります。

じんわりと体が温まってくるのは、フラフープが有酸素運動である証しです。30~40分も続ければ、ケーキ1個分くらいのカロリーを消費できます。消費カロリーが高いこと、有酸素運動であること、手軽で長く続けられることは、フラフープダイエットのメリットです。

腰回り痩せには筋肉をきたえることが必要ですが、脂肪燃焼と筋トレの両方を同時にかなえてくれるのがフラフープの良いところです。有酸素運動は20分以上連続で続けないと脂肪が燃焼され始めないと長らくいわれてきましたが、最近では有酸素運動を始めた時点から脂肪燃焼が開始して時間が経つほどに燃焼率がアップすることもわかってきています。朝晩に10分ずつフラフープをするだけでも、腰回り痩せには大いに役立つでしょう。

インナーマッスルと体幹をきたえることができるのも、フラフープのメリットです。腰で回すフラフープの動きは、ちょうど骨盤体操にも似ています。骨盤体操はやんわりと腰を前後左右に回すだけですが、フラフープはもう少し筋肉をきたえるような動きになり、インナーマッスルをきたえるのに効果的です。インナーマッスルをきたえれば、筋肉量が増えて基礎代謝が上がり、簡単には太らなくなります。

骨盤を前後左右に回しながら腹筋もきたえることで、ポッコリお腹の解消もできるのがフラフープのさらなるメリットです。骨盤のゆがみを正すのはなかなか難しいものですが、フラフープなら簡単に楽しく行えます。テレビを見ながらの「ながら運動」も可能ですから、時間がない人にも最適でしょう。

骨盤が開いていると内臓が下がり、ポッコリお腹の原因となります。お腹だけポッコリ出てしまっているという方にも、フラフープをおすすめします。ポッコリお腹を解消しつつ、ウエストにくびれを作ることもできます。くびれを作るのは腹斜筋ですが、フラフープを回していると複数の腹筋を同時にきたえることになるため、自然とくびれもできるのです。

便秘や腰痛の改善にも効果があるフラフープは、ダイエットのためだけでなく健康のためにも役立ちます。家族みんなでフラフープに取り組めば、良い競争心が出てきますし、フラフープを共用できて無駄なものを増やすことがなくなるでしょう。

楽しく腰回り痩せができるのはフラフープ

フラフープは、遊びの延長のようなつもりで腰回り痩せを目指せます。ダイエットのための運動はつらいというイメージが持たれがちですが、フラフープなら好きなときに楽しく回すことで楽に運動ができるようになるでしょう。テレビを見ながら回せば、10分なんてあっという間に経過してしまいます。いつの間にか腰回りが痩せている、というのも夢ではなくなるのが、フラフープのおすすめポイントです。

  • Facebook
    シェア
  • Twitter
    ツイート
  • はてなブックマーク
    はてブ

2,609



ページのトップへ