公開日:2018/05/11 

生理痛の悩みを抱える方にもおすすめ!ホッカイロダイエットの方法

体を細くするためには、体を温めて脂肪を少なくさせることが重要です。そこでホッカイロを使うといいでしょう。

さまざまな所に貼れて体を気軽に温められるので、効果があるというのですが、正しい方法ができていないといけません。それを知るために、口コミから方法などを見てみましょう。

貼る場所で効果が変わるホッカイロを使うダイエットの方法

たしかにホッカイロは体を簡単に温められるものですが、じつは貼る位置によって効果が大きく変わってしまいます。

それはこの方法は、体のツボが大きく関係しているからです。そしてそのツボが的確なら、体が温まって代謝が上げられるでしょう。

なんとこのダイエットの方法はこれだけです。とにかく常にツボをホッカイロで温めてください。もちろん注意する点があるので、そこも詳しく見てみましょう。

部分的に貼って体が温まる場所を把握する

そもそもホッカイロの大きさは、あまり大きくないものが大半です。つまりピンポイントで温めるのに特化したものということを、頭に入れておきましょう。

◆医学的に証明されているツボは腰とお腹にあり!

一部しか温められないホッカイロは、ツボに目掛けて貼ってしまえば、効率的に代謝を上げられます。そのおすすめのツボとは腰とお腹に集中しているんです。

まず両手を下げてヒジの延長線上の腰のツボに貼ると、体を温められるでしょう。ちょうど腰に中心にある命門と、その左右にあるのが腎兪という名前のツボになります。

これらのツボは東洋医学の気とつながっているところで、体の仕組みで大切な部分です。そこにホッカイロを貼ってください。

そしてお腹のヘソから少し6㎝ほど下にある関元と、そのツボとヘソの間にある気海です。ここも同じように、気が集まりやすいツボといわれており、とくに生理がひどい人にも有効でしょう。

これらのツボにホッカイロを貼れば、体全身の代謝を上げて、体温もあがりやすくなります。どちらかひとつでもいいですが、効果を強く出したいのであれば、両方を温めてみてください。

◆下半身がむくんでいるなら太ももを温めると体全身に影響が…

痩せにくい場所をホッカイロで温めると、体全体の代謝が上がりやすくなります。痩せにくいということは血液の流れが悪くなっていて、血流を止めている可能性もあるくらいです。

しかしホッカイロでそこを温めると、その血流をよくして全体に影響されるでしょう。

とくにそんな状態になっているところが、太ももです。

体の中でもとくに筋肉が大きいといわれていて、そこが血流を止めていたとしたら、体全体の代謝を落としている可能性があります。それをホッカイロで温めたら、解消できてしまうでしょう。

低温やけどに気を付けて正しい方法でホッカイロを使う

どんなものでもそうですが、体温より温かいものを長い間密着させていると、低温やけどになってしまいます。

一般的なやけどとはすぐに熱い!と感じて使うのをやめられますが、ホッカイロはいつの間にかヒリヒリして痛くなったところで気づくでしょう。これが低温やけどなのですが、以下のことを守れば回避できるんです。

長時間体を温めたほうがいいのはたしかですが、皮膚を傷めてしまったら続けるのが困難になってしまいます。だからこそ注意しましょう。

  • 直接肌に貼るホッカイロ以外は、服の上に貼る
  • 布団のなかなど、温かくなったところでホッカイロは使わない
  • 熱いと思ったら、我慢せずにすぐやめる

ホッカイロダイエットの効果は口コミにもある冷え性の方におすすめ

一般的に痩せようと思うと無理に体を動かして脂肪をもやそうとするものですが、ホッカイロを貼っただけでは、痩せられるとなかなか思いにくいでしょう。

じつは口コミを見てみると、実際に挑戦した人たちはいい評価をしています。

とくに冷え性なら効果があったという口コミは、意外に多く出ているんです。つまり代謝が低い人は冷えやすいので、ホッカイロを使うと効果が出やすいでしょう。

知らずにお腹にホッカイロを貼っていたら痩せたという口コミあり

よくお腹を冷やしたら下しやすくなると言われていますが、それを防ぐためにお腹にホッカイロを貼っていたという口コミがありました。

もちろんその人は冷え性に悩んでいて、ついでにダイエットができないかと対策を探していたそうです。

しかしいい方法がなかったので諦めていたら、いつの間にか細くなっていたことに気づきました。

なぜか気になって調べてみると、ホッカイロダイエットというものがあることを知ったわけです。下し気味の人は、腸が冷えているので、ちょうど上記で紹介した下腹部のあたりが冷たくなっていることがよくあります。

つまり知らぬ間にダイエットのツボに貼っていたのでしょう。

とくに冷えた場所にホッカイロを使っていただけで代謝が上がるので、誰でもできてしまう方法といっていいわけです。とにかく代謝をあげるために、冷えた場所にホッカイロを貼ってみましょう。

体が冷えて夜眠れないからホッカイロを貼って寝てみた

体が冷えているとよく眠れなくなるのは、眠るための神経が働きにくいからです。その神経とは自律神経といい、体が温かくなると眠りやすくなります。

それを知ってか、ホッカイロを使って体を温めて寝ていると、自然と痩せられたという口コミもありました。

冷えていると自然と脂肪がもえにくくなり、とくに夜というのはダイエットでは重要な、成長ホルモンが活発になる時間でもあります。そんなときに体が冷えていると、どうしても痩せにくいわけです。

ですからホッカイロを使って、それを解消してあげると夜眠りやすいうえに、脂肪をもやせられるので一石二鳥でしょう。

痩せたいところをピンポイントで貼ったら効果大!

意外に知られていませんが、ダイエットをしたいと気になるところを触ってみると、冷たくなっていることがよくあります。それは血行が悪くなっているからで、脂肪が減らせられません。

そこでホッカイロを使って温めてみたという実験を、自分の体でやってみたという口コミがありました。

結果としてはそれなりに痩せられたそうですが、毎日貼っておかないといけないわけですから、ホッカイロをまとめ買いして節約しないと出費がすごかったそうです。

たしかに効果はありますが、気になるところすべて貼ってしまったら、お金が続きません。それが気になるなら、上記で紹介したお腹や背中に貼って、体全体を温める使い方をすればいいでしょう。

ホッカイロダイエットには生理痛の予防や改善にもなる!

冷えをよくしてくれるホッカイロは、とにかく温めるのに特化したものです。つまり冷えで起こる生理痛にも、効果を実感できてしまうでしょう。

さらに脂肪をもやしやすくするために、全身の代謝を上げるお腹と腰のツボに、ホッカイロを使うのがおすすめです。運動したあとのように、体がポカポカしてくるでしょう。

しかしダイエットに使う場合は、常にその部分にホッカイロを貼っておかないといけません。ですから低温やけどにならないように、意識して使いこなすようにしましょう。

  • Facebook
    シェア
  • Twitter
    ツイート
  • はてなブックマーク
    はてブ

29



ページのトップへ