公開日:2017/05/17  最終更新日:2018/01/31

保湿力抜群!ハトムギ化粧水とハトムギ保湿ジェルの効果的な使い方とは

優秀な保湿力で爆発的な人気が出たナチュリエの「ハトムギ化粧水」。2016年には新たに「ハトムギ保湿ジェル」も登場しました。今回は、2つの商品の詳細と効果的な使い方についてご紹介します。

スポンサーリンク

優れた保湿力!ハトムギ化粧水とは一体?

ハトムギ化粧水はこうして生まれた!

ハトムギ化粧水は、2002年に発売されたナチュリエのハトムギシリーズのひとつです。肌にとって水分・脂質・保湿のバランスが重要ですが、その基本となる「水分」に着目したのがこの商品。水分が不足すると結果として脂質や保湿が上手く働かず、乾燥などの肌トラブルを招くことになります。肌の水分をしっかりと補い保持するのを目的として、ハトムギ化粧水は生まれました。

ハトムギ化粧水は、容量が500mlとたっぷり入っていながらも、比較的安価で手に入れられます。そのため、気軽に惜しみなく使えるのがうれしいですね。使用感はさっぱりしているのにお肌にしっかり浸透してくれるので、お肌の水分補給もスムーズにできます。

ハトムギ化粧水は安心のシンプル処方

ハトムギ化粧水は、香料や着色料など、余計なものが入っておらず、お肌に優しいシンプル処方。また、オイルフリー・界面活性剤フリーとなっています。そのため、ちょっとした添加物で肌トラブルを起こしてしまいがちな方にも、気軽に取り入れられる化粧水です。

また、ベタつかないテクスチャーで、肌へ十分に水分補給できるようになっています。重ねてもしっかりと水分が肌に吸い込まれていくような使い心地。お肌に負担を感じることなくガンガン使っても安心です。

しかし現在では、アレルギー体質の方が昔に比べて増えている傾向にあります。お肌に直接つける化粧水などは特に気にしている方も多く、万が一ハトムギに対してアレルギーのある場合は、注意が必要です。

ハトムギエキスの効果で健やかなお肌へ

ハトムギ化粧水は、天然植物由来の保湿成分ハトムギエキスが配合されています。ハトムギエキスとは、イネ科の植物であるハトムギ(ヨクイニン)が原料となっています。ハトムギの種子を皮ごと抽出したエキスで、ハトムギ化粧水の配合成分の中でも核となるものです。

原料となる「ハトムギ」は保湿効果に加え、ターンオーバーをサポートし肌コンディションを整える効果的な美肌成分とされています。 ナチュリエ

引用元:naturie│ハトムギシリーズとは

保湿力が抜群といわれているのは、このハトムギエキスによるものなのですね。また保湿に加えて肌を整える効果があるので、みずみずしくてなめらかな素肌に導いてくれます。たっぷり使って健やかなお肌になれたらうれしいですね!

2016年に登場!ハトムギ保湿ジェルとは

ハトムギ保湿ジェルとはどんな商品?

ハトムギ保湿ジェルは、2016年3月に登場したナチュリエのマルチユースジェル。その名の通り、ジェルタイプとなっており、容量は180g。ハトムギ化粧水と同じくハトムギエキス配合なので、保湿力が抜群なのは健在。お肌に高浸透してしっとり潤い、もちもちのお肌に整えてくれます。

また、マイクロジェル層と呼ばれる水の保護膜を形成しているので、べたべたせずに潤いをしっかりキープ。乳液やクリームなどの油分が苦手な方にもぴったりです。油分に頼らないハトムギ保湿ジェルだから、メイク前の保湿にも気軽に使えます。余計な油分によって、化粧のヨレやくずれなどが起こりにくいので安心できますね。

ハトムギ化粧水とハトムギ保湿ジェルの違い

ハトムギ化粧水とハトムギ保湿ジェル、一体何が違うかといえば、大きく2つあります。まずひとつは、その名の通り化粧水とジェルというテクスチャーの違い。どちらも同じハトムギエキス配合ではありますが、パシャパシャと水のような感覚の化粧水ととろけるようなジェルでは使用感がだいぶ異なります。

そして、ハトムギ化粧水は界面活性剤フリーですが、ハトムギ保湿ジェルの場合、ノンコメドジェニックテスト済みとなっています。必ずしもすべての人にニキビのもと(コメド)ができないということではないですが、お肌のことをしっかりと考えて作られた商品だということがわかりますね。

ハトムギ保湿ジェルをパックにしてお肌プルプル!

ハトムギ保湿ジェルはそのまま使ってももちろん保湿力抜群なのですが、ジェルパックという使い方もおすすめです。方法はとても簡単。500円玉2枚ほどのジェルを手に取って、目に入らないように顔全体にたっぷりと塗ります。5分程そのまま放置し、その後に手のひら全体でしっかり肌に浸透させるようになじませます。

公式サイトでは、1回の使用量が増えるほど肌の水分量がアップするというデータ結果もあり、「惜しみなくたっぷり使う」ということがとても重要です。もったいないからと、少しずつ長期間使っている方法ではなかなか効果を感じにくいかもしれません。お肌にしっかり水分補給できるようにたっぷり使ってみてくださいね。

ただし、20代を過ぎると乾燥以外の肌のトラブルや悩みも増えてきます。中でも多いのはシミの悩みですが、どんな化粧水を使えばシミをケアして美白対策ができるのでしょうか?
>>化粧水で美白対策!人気の美白化粧水ランキングのページで解説します!

2つを上手く使いこなして効果アップにも!

こんなシーンにぴったり!(ハトムギ化粧水編)

ハトムギ化粧水は、さまざまなシーンでお肌の水分を補ってくれます。例えば、日焼けでお肌がほてっている時、ハトムギ化粧水をしっかりたっぷり使ってお肌をクールダウン。その際には、コットンの使用をおすすめします。肌の熱を逃がしてくれる冷却効果が高まるといわれていますよ。

また、特に乾燥が気になる時、ローションパックもお肌の保湿に効果的です。コットンにたっぷりとハトムギ化粧水を含ませたあと、コットンを顔にフィットさせていきます。3分程おいてから、コットンが乾かぬうちに肌から外して手のひらでしっかりと浸透させます。通常の使い方よりも保湿力が高まりますので、試してみてくださいね。

こんなシーンにぴったり!(ハトムギ保湿ジェル編)

ハトムギ保湿ジェルは、マルチユースジェルなのが魅力的。例えば、日焼けの際にはやはりジェルパックがおすすめです。抜群の保湿力がより高まるだけでなく、ほてった肌を鎮静させてくれるので、日焼けをした肌対策にぴったりです。

また、お風呂上りにもおすすめです。とろみのあるテクスチャーで、顔から体全体までしっとり潤います。ハトムギ化粧水ももちろんいいのですが、オールインワンジェルとしても使えるハトムギ保湿ジェルならこれひとつでバッチリ!

お風呂上がりで乾燥が気になるタイミングにも安心して使えますよ。みずみずしい高浸透処方のジェルなので、しっとり感の好きな方にはおすすめ、もちもち肌へ導いてくれます。

ダブル使いでハトムギ効果最強!

ハトムギ化粧水だけ、ハトムギ保湿ジェルだけ、という単品での使い方ももちろんOKなのですが、ダブル使いならハトムギ効果も倍増となり、保湿力もアップ!ハトムギ化粧水は角質層への浸透性に優れていて、スムーズに肌の水分補給を補います。さらに水分を角質層にしっかり保持するためには、乳液やクリームなど、油分で膜をつくってあげることが一般的です。

しかし、ハトムギ保湿ジェルなら油分特有のべたつきがありません。ジェルの重ねづけをしたり、ジェルパックをしたり、たっぷりと使ってもしっとりとお肌に浸透してお肌の水分量アップにも効果的。ダブル使いで最強の保湿力をゲットしましょう!

保湿力抜群のハトムギ効果でお肌もきれいに

  • 保湿効果の高いハトムギエキス配合の化粧水はさっぱりなのにしっかり潤う
  • 2016年登場のハトムギ保湿ジェルは高浸透処方
  • ジェルパックで保湿力もアップで高浸透!
  • ローションパックで日焼け肌のほてりもすっきり

ハトムギ化粧水とハトムギ保湿ジェルを使い、たっぷり保湿した潤いお肌を手に入れてくださいね!

  • Facebook
    シェア
  • Twitter
    ツイート
  • はてなブックマーク
    はてブ

25,574



ページのトップへ