公開日:2017/06/15  最終更新日:2018/11/14

知っておきたい外国人風グレージュな髪色の3つのポイント

最近流行しているのが、外国人風の透明感のある髪色のグレージュです。一度は試してみたいと憧れを抱いたことのある方も多いのではないでしょうか。そんなグレージュな髪色ですが、クオリティーの高い髪色に仕上げるには実はベースが重要なんです。ここではおしゃれな外国人風の髪色になれる方法をご紹介します。

外国人風な髪色ってどんな色?

外国人風な髪色は透明感のあるカラー

外国人風な髪色とは一般的に透明感のあるカラーのことです。透き通ったイメージを与える色を使うことで、重くなりがちな髪全体を柔らかく軽い雰囲気に見せてくれます。髪に光が当たったときに髪が透き通ったようにも見える「透け感」が特徴です。おしゃれなのはもちろん、柔らかな印象や清潔感、女性らしさや色っぽさも演出できます。

特にロングヘアで髪が重たい印象であれば透明感のあるカラーにするだけでかなり軽く柔らかい印象に変わります。また髪の発色はツヤの程度でも決まります。髪のツヤ次第で光の反射の良し悪しも決まるので、ツヤのあるなしや、ツヤの程度で発色が変わってきます。

透明感を出すためには?

髪の透明感とは、要するに色素が薄く、光を当てたときに透けたような印象を与えるものをいいます。多くの日本人は本来黒髪です。一方で多くの外国人は髪の色素が薄く、柔らかいイメージを与えてくれるので、ここ最近は日本でも外国人風な髪色として外国人の髪色が注目を集めています。

しかし、日本人の多くは髪の色素が黒に近く濃い人が多いです。だから、透明感のある髪色は美容院でも簡単には出しにくいカラーとしても知られています。日本人にとっては染めるのが難しいカラーなので、根気よく美容院に通って徐々に染めていく人もいるようです。その結果、納得いく透明感のある髪色になれたときの喜びは格別でしょう。

具体的に透明感のあるカラーとはどんな色?

透明感のあるカラーと言えばアッシュカラーが有名です。アッシュカラーのアッシュとはもともと灰色という意味なのですが、実際には日本のカラーチャートにおいて青紫色に近い色を指すことが多いのです。これは日本人の髪をカラー剤で明るくしていく中で髪色にオレンジ色や黄色が出てしまうことに関連があります。

カラー剤で明るくなった髪へさらに青色や紫色のカラー剤を髪色として利用することで、アッシュカラーを表現できるようになっているのです。アッシュカラーと同様に、透明感のあるカラーにはベージュの色味のあるグレージュ、ブルーの色味のあるブルージュというものもあります。これらは全てアッシュカラーがベースです。大人の女性の間では暗めな色の方がオフィス向きということで、グレーとベージュを合わせた、グレージュカラーに注目が集まっています。

黒髪又は暗めの髪色が外国人風髪色にする時のポイント

明るめのベースづくりを行う

綺麗な外国人風の髪色にしたいのであれば、アッシュ系の色をのせる、ベースの髪色が重要です。なるべく明るめの髪色の方が納得のいく仕上がりになります。もし今までに1度もカラーリングの経験がない場合は、何度かブリーチしてベース作りから始めましょう。

ここでいうブリーチとは髪色を明るくする意味合いなのですが、カラーリング未経験の髪では1度のブリーチでは思うように明るくならないことが多いです。一般的に、憧れている外国人風髪色にしたいのならば、まずは髪色を明るくするベース作りをしっかり行うことが先決です。納得のいく外国人風の髪色になるにはベースが全てと言っても過言ではないのです。

納得いく髪色には流れが大事

憧れていた外国人風な髪色になるには過程が大事です。まずは、明るい色味のベースが必要で、仕上がりのアッシュ系の明るさによってはさらなるブリーチも必要になってきます。2回目のカラーリングで外国人風な髪色の出来を左右する、赤みや黄味を消すことができる濃いめのアッシュグレーで仕上げ、最終的なベースを作ります。グレージュであれば2回程度のカラーリングで仕上がりそうです。

しかし、もっと透け感のあるグレージュにしたい場合はさらなるカラーリングが必要です。1回目に明るいベースを作り、2回目に赤みや黄味がとれるようなカラーリングをする。3回目に憧れているアッシュ系の色をいれる、といった3回のカラーリングが必要になり、時間も費用もかかります。

圧倒的なクオリティは一気にはできない

上記のように納得いく髪色にするには、段階を踏みながら進めていかないと思っていた雰囲気にならないということもありますのであらかじめ知っておきましょう。例えば、1日で仕上げたいのであれば3回のカラーリンクが必要です。もしどこかの工程をはぶいてしまうと、憧れのアッシュ系が思っていたのとは違う色味になってしまった、なんてこともあり得ます。

同じようにやってみてもベースや元々の髪質といった個人差で違いがでてくることもあるので注意しましょう。仕上がりを見て何か違和感があると思ったとしても、少しすれば、色味も落ち着いて、自分らしいアッシュ系カラーと思えることもあるでしょう。

外国人風髪色グレージュカラーに挑戦してみよう

暗めのグレージュカラーでミステリアスな印象に

グレーとベージュの中間の色味であるグレージュは大人っぽい印象を与える落ち着いたアッシュカラーです。特に、外国人風な髪色の中ではくすみのある髪色になります。明るめのアッシュ系の色味では、オフィスでは目立ってしまい、なかなか外国人風の髪色にはできないという女性もいます。

しかし、アッシュ系の中でも暗めのグレージュカラーであれば、明るさを抑えながら大人のおしゃれな透明感を出すことが出来ます。フォーマルな場でもカジュアルすぎず、落ち着いたミステリアスな大人の女性のイメージに近づけるかもしれません。また髪の長さでも与える印象が変わってきます。

ロングのグレージュカラーで外国人風に

ロングヘアーにグレージュカラーを施せば、1段と大人っぽい印象になります。また毛先にフワフワっとパーマをかけると、大人の色っぽさを兼ね備えたおしゃれな女性という印象になるでしょう。また重くなりがちなロングヘアーもグレージュカラーにすることで、透明感も加わって、柔らかく軽いイメージに変わります。

さらにブリーチして、毛先を明るくすることで外国人風の髪色に近づくことができます。オフィスでもこなれたおしゃれ感のある素敵な女性として印象づけることができるでしょう。「ずっと素敵だと思っていた男性から声をかけらた」なんて嬉しいこともあるかもしれませんね。

グレージュカラーのショートヘアでスタイリッシュに

幼くなりがちなショートヘアもグレージュカラーにすることで、スタイリッシュで落ち着いた大人な女性の印象に早変わり。また、毛先にくせ毛っぽくニュアンスをつけることで、1段とこなれ感もアップします。

さらに、グレージュカラーで全体をカラーリングし、もみあげ付近にグレージュカラーより少し明るめな透明感のあるカラーで染めるのもおすすめです。髪を耳にかけたときにチラ見えする明るめのカラーがポイントとなって、他の人とは差のつくオシャレを楽しめます。また、ハイライトを縦にグラデーション風に入れると、立体感が出てあか抜けた印象を演出できます。

外国人風髪色を手に入れる前に知っておいてほしいこと

  • 外国人風の髪色は透明感のあるカラーである
  • 外国人風の髪色は日本人にとっては出しにくい髪色でもある
  • グレーとベージュの中間色のグレージュはおしゃれに敏感な大人の女性に人気がある

外国人風髪色はおしゃれで女性が憧れる髪色です。しかし、明るさや透明感の程度によってはカラーリングに回数がかかりますが、仕上がった時の喜びは格別ですよ。

  • Facebook
    シェア
  • Twitter
    ツイート
  • はてなブックマーク
    はてブ

514



ページのトップへ