公開日:2018/10/26 

簡単な髪のお手入れ方法と良質な睡眠で綺麗な髪が作れちゃう!

髪は見た目の美しさを左右する大事な部分なので、いつも綺麗にしていたいものです。綺麗な髪は美容室でケアをしないと手に入らないと思いがちですが、自分でも簡単に髪のお手入れができるんです。今回は簡単にできる髪のお手入れ方法についてご紹介します!

自分でも簡単にできる髪のお手入れ方法とは?

簡単にするポイントは場所と時間!

自分で簡単に髪のお手入れをするのに、自宅のリビングやお風呂場、寝室はぴったりの場所です。決してリビングやお風呂場、寝室でしっかりと髪のお手入れをするという意味ではなく、リビングならリラックスしながら、お風呂場であればお風呂に入りながら、寝室であれば寝ながらと、何かをしながら髪のお手入れができてしまうからです。

自宅で過ごす、このリラックスタイム、バスタイム、睡眠タイムの3つの時間を有効に使えば、髪のお手入れのためにわざわざ時間を取る必要もなく、自分で簡単に髪のお手入れができて、綺麗な髪が作れてしまうんです。

髪のお手入れのために揃えておくべきアイテム

簡単に髪のお手入れをするために、揃えておくべきアイテムがいくつかあります。まず用意するものが、へアブラシ、シャワーキャップ、ヘアゴムです。ヘアブラシは普段お使いのもので大丈夫です。シャワーキャップはドラッグストアや100円ショップなどで売っているものでOKです。ヘアゴムは髪が長い人のみ用意してください。

次に用意するものは、ホホバオイルや馬油などの天然のオイルです。ホホバオイルや馬油はスキンケアでも使われることが多いですが、髪を保湿してくれたり、頭皮の血行を促進してくれたり、髪をつやつやにしてくれたりと、髪にとって良い働きが期待できるんです。ホホバオイルはオーガニック製品や天然オイルを取り扱っているお店やネットなどで、馬油はドラッグストアなどで購入することができます。

悩みに合わせたトリートメントやヘアパックも

市販のトリートメントやヘアパックも揃えておきましょう。美容室など髪のケアをしてくれる専門の場所で購入したトリートメントやヘアパックを使用してももちろん良いですが、ドラッグストアやバラエティショップなどで販売しているトリートメントやヘアパックも最近は良いものがたくさん出ています。

保湿を重視したもの、ボリュームを抑えてくれるもの、反対にボリュームアップしてくれるもの、髪に必要な栄養成分を届けて傷んだ部分を補修してくれるものなど、いろいろな種類のトリートメントやヘアパックが出ています。その中で自分の髪の悩みに合わせたものをチョイスします。簡単な髪のお手入れに必要なアイテムは以上です。

必要なアイテムが揃ったらいざ実践!

髪のお手入れは日々続けることが大事

髪のお手入れに必要なアイテムが揃ったら、それをどのように使うかが次のポイントになります。綺麗な髪を作っていくのに大事なのは、とにかく髪のお手入れを日々続けることです。綺麗な髪も一日にして成らずですので、続けていかなくてはいけません。

「よしっ!髪を綺麗にするぞ!」と気合いが入っている最初の頃は良いですが、人間というのは段々と面倒くさくなってくるもの。時間が経つと「今日はいいか」となって、気が付くとまた何にもしない日々に逆戻りってありがちですよね。とにかく苦にならずに続けられるのが一番長続きしますので、何かをしながら同時に髪のお手入れもできてしまう、リラックスタイム、バスタイム、睡眠タイムに髪をお手入れするのがおすすめです。

リラックスタイムの髪のお手入れ方法

お休みで出かける予定がない日や、学校やお仕事から帰ってきてお風呂に入る前までのリラックスタイムは、髪のお手入れをするのにはぴったりの時間です。用意するものは、ホホバオイルや馬油などの天然オイル、ヘアブラシ、シャワーキャップです。

乾いた髪をヘアブラシでとかし、天然オイルをつけていきます。ホホバオイルや馬油にはクレンジング効果やアミノ酸など髪に良い成分が含まれていますので、頭皮をマッサージしながら天然オイルを髪全体になじませ、シャワーキャップをかぶってから、お風呂に入るまでのリラックスタイムを過ごしましょう。

シャワーキャップをかぶる理由とは

なぜシャワーキャップをかぶるのかというと、シャワーキャップをかぶることによって天然オイルの浸透をアップさせることができるからです。それに、シャワーキャップをかぶっておけば、髪につけたオイルがどこかについてしまう心配も減ります。

せっかくのリラックスタイムですから、寝転んだりもしたくなりますよね?シャワーキャップをかぶっていたら、行動を制限されることなく、安心してリラックスタイムを過ごすことができます。シャワーキャップがない場合は、タオルで代用もOKですが、手軽さでいうとシャワーキャップがおすすめです。

日常生活の中に綺麗に繋がるポイントがある

バスタイムにできる髪のお手入れ方法

リラックスタイムで髪につけたオイルは、シャンプーで流していきます。シャンプーとコンディショナーの後で、トリートメントやパックを髪に塗りつけたら、シャワーキャップをつけて、トリートメントやパックを髪に浸透させていきます。浸透させている間は、体を洗ったり、湯船につかったりといつものバスタイムを過ごしましょう。

よく美容室ではトリートメントをしている間、熱を加えて浸透させることがありますよね?お風呂場だと湯気やシャワーキャップによってあたたかくなるので、完全に再現とまではいきませんが、自然とトリートメントやヘアパックを浸透させる環境を作れてしまうんです。体を洗ったり湯船につかったりと、ひととおりのバスタイムを過ごした後で、トリートメントやヘアパックを流してしまえば完了です。

綺麗な髪を作るのには良質な睡眠も大事

もうひとつ大事なのが良質な睡眠をとることです。髪をお手入れした後は、健やかで綺麗な髪を作り出すためには欠かせない睡眠もきちんととるようにします。良質な睡眠といわれても、どうしたら髪にとって良質な睡眠がとれていることになるのかわからないという人もいるかもしれません。髪にとって良質な睡眠とは、髪が育つゴールデンタイムにきちんと睡眠をとるということです。

髪が育つゴールデンタイムというのは、お肌のゴールデンタイムと同じ22時~2時になります。22時~2時の間に睡眠をとるのがなぜ良いのかというと、成長ホルモンが分泌されるからです。成長ホルモンはたんぱく質を合成し、皮膚や筋肉などを成長させたり修復させたりする働きがあります。髪にとってもそれは例外ではなく、ケラチンという髪の主成分であるたんぱく質も成長ホルモンによって合成されます。良質な睡眠をとることは、綺麗な髪を作るのにはとても大事なことなのです。

睡眠中の髪の成長を邪魔しないために

髪を洗う時間も、綺麗な髪作りには大切なポイントになります。お風呂に入って髪を洗う時間は人によって違い、朝の人もいれば夜の人もいると思います。夜は髪を洗わずそのまま寝てしまう人もいますが、綺麗な髪を作りたかったら夜に髪を洗うことをおすすめします。日中の紫外線によるダメージや、チリ、ほこりなどで汚れも付着していますし、汗をかいた際の皮脂も付着しています。

ワックスやスプレーなどでセットしていたら、整髪料も付着しています。それらをきちんと洗い流さないまま寝てしまうと、髪や頭皮に負担をかけたままなので、睡眠中の髪を成長させるどころかむしろ邪魔してしまう原因になります。綺麗な髪を作りたかったら、夜に髪を洗ってゴールデンタイムに寝るのがベストです。

簡単お手入れで健やかで綺麗な髪を

  • 髪のお手入れするにはリビングやお風呂場、寝室を活用
  • 準備物はヘアブラシ、シャワーキャップ、ヘアゴム、トリートメントなど
  • 良質な睡眠で美しい髪が作られる

綺麗な髪を作るのに大事なのは、日々お手入れを続けることです。それが綺麗な髪を作り、保っていってくれます。日々のお手入れというと、ややこしくて続けられなさそうですが、今回ご紹介したように、何かをしながらであれば簡単にできてしまいます。難しく考えず、今回ご紹介した髪のお手入れ方法で手軽に健やかで綺麗な髪を目指しましょう。

  • Facebook
    シェア
  • Twitter
    ツイート
  • はてなブックマーク
    はてブ

53



ページのトップへ