公開日:2018/08/30 

女性に必要な栄養素たっぷりの砂肝でダイエットに挑戦!その効果とは?

なかなかお肉をたくさん食べるというのは、ダイエット中には気が引けて食べられないのが普通です。

いくらダイエットをしていても、たまにジューシーなお肉が食べたくなるでしょう。

ところが砂肝なら食べてもいいとされていて、それは痩せやすいという効果もあるからです。

レシピだって効果を高められるものにしたら、砂肝を不安なく食べられるようになるでしょう。

高たんぱくで低カロリーな砂肝はダイエット食にもってこい!

もともとお肉を食べられないというのは、基本的に脂肪がつきやすいからであり、とくにそれは脂身が関係します。

白い部分が多くついていると、そのまま体に脂肪としてついて、痩せにくくなってしまうんです。

しかし砂肝はそのような心配がなく、無理に我慢して食べるのを避けるという必要がありません。

とにかくカロリーが低くてたんぱく質がたっぷりだから代謝が上がる

まずその大きな理由としてあげられるのが、脂肪としてたまってしまうカロリーが少ないからなんです。

砂肝は焼き鳥で見られる串1本で計算すると35kcalほどしかないので、他の種類のお肉と比べても少ないほうになります。

ちなみに焼き鳥でよく目にする皮だと、1本で150kcalほどになり、これを見るだけでも砂肝がそこまで高くないのがわかるでしょう。

砂肝の良さとは?

ダイエットをするなら脂肪を燃やすために、代謝を高める必要がありますが、それにはたんぱく質を多めに摂っておくといいのです。

砂肝にはこの栄養がたっぷりで代謝を高めやすいため、脂肪がつきにくくてダイエットしやすい食材といわれています。

何気に鉄分などが入っていて血液を増やして流れをよくできる

そのうえ砂肝には鉄分という血液を作る材料も入っており、それを増やす効果があるんです。

つまり血液の総量が増えると血液が流れやすくなって、代謝をアップできるようになります。

筋肉が増えるのと一緒に、その量が減らしやすいという効果が2倍となるでしょう。

もちろん少しの量となりますが、ビタミンやミネラルといった栄養だって入っているので、代謝を高めやすい要素がまだまだたくさん秘められています。

だからこそ運動をたくさんして脂肪を減らしやすい環境を、いかに自分で作れるかが、砂肝を使ってダイエットをするポイントとなっているんです。

お肉を食べると腸の働きがダウンするので野菜もとれば効果アップ

しかしあくまでお肉には変わりがないため、腸に便がたまりやすい特徴があり、それだと代謝を下げる原因となってしまいます。

砂肝は野菜と一緒に摂るべき

そのデメリットを減らすために、野菜と一緒に摂ることで、砂肝を使ってもダイエットしやすくできるでしょう。

また砂肝には独特のクセのある臭いがあるため、それを少なくするために、調味料としてニンニクなどを使うケースが多いんです。

これは食欲が出てしまう食べものなので、なるべく量を減らせられるかが、ダイエットでは重要になります。

邪魔をしてしまう要素もあるこの食材を、いかにそれを少なくできるかも、ダイエットをするうえで工夫する必要があるわけです。

貧血や美容効果もある砂肝のダイエットレシピ!

上記で紹介したようにこの食材は他のものよりクセが強く、それを消すために脂肪がたまりやすい環境を作ってしまうケースがあります。

それをうまく解消してレシピを考えると、貧血などの女性にとってうれしい効果が活かされて、さらにダイエットもしやすくなるでしょう。

とくに食欲を増やすニンニクなどの量を意識して、なるべく少なくできればダイエットの邪魔になりません。

余ってしまった野菜と砂肝で簡単炒め物

    <材料>
  • 砂肝
  • 余った野菜
  • ニンニク
  • しょうが
  • 塩コショウ
  • しょうゆ
  • ソース
  • 中華調味料
    <作り方>
  1. なるべく少量にした、ニンニクとしょうがをすりつぶしておく
  2. 余った野菜をレンジに入れて、火をとおした状態にする
  3. 氷水などに入れて冷やして、先に水気をきっておく
  4. フライパンにつぶした、ニンニクとしょうがを入れて炒める
  5. 前処理した砂肝と野菜を入れて、調味料を絡めて火にかける
  6. 塩コショウで味付けをして、全体に馴染んだら完成

砂肝をおいしく食べるなら、一般的なレシピとしては炒め物がいいでしょう。ササっとフライパンで作れて、砂肝のよさを活かすのにちょうどいいんです。

しかしそこで問題なのが砂肝独特の臭いで、ニンニクとしょうがを使ってそれを消すのがよくある方法でしょう。

しかしそれらは食欲を増やす効果があるため、なるべく量を少なくしてダイエットの邪魔にならないようにしましょう。

体を温める野菜のスープに砂肝を入れてみよう

    <材料>
  • 砂肝
  • 大根
  • にんじん
  • ネギ
  • しょうが
  • りんご
  • 干し椎茸
  • パセリ
    <作り方>
  1. 食材をお好きなようにカットし、鍋に入れておく
  2. 砂肝は薄めにスライスし、りんごはすり潰して鍋に投入
  3. その鍋に水と入れて沸騰させておく
  4. 砂肝が柔らかくなってきたら、水で戻したしいたけを投入
  5. 再び煮立ったら、パセリと塩を入れて完成

代謝を高められる砂肝の効果を、さらにアップできるものがスープです。

そもそも体を温めると代謝だってよくなるので、なるべく温めた状態で食べるのがポイントとなります。

さらに野菜をたっぷり入れたほうが、噛む回数が増えて満足感だってアップできるでしょう。

たんぱく質タップリレシピ!うずらの卵と砂肝の煮物

    <材料>
  • しょうが
  • ネギ
  • しょうゆ
  • 砂肝
  • 砂糖
  • みりん
  • うずら
    <作り方>
  1. 砂肝を食べやすくカットし、しょうがも千切りに
  2. フライパンに砂肝を入れて炒めたら、その上にしょうがを投入
  3. さらに調味料をいれて火を通したら、卵も入れて絡める
  4. トロミが出たら完成

もともと砂肝がお肉なのもあって、たんぱく質がたっぷりなのがメリットでもあります。

それをうまく引き立て役にするために、卵を使うともっとその量を増やせられるでしょう。

しかし卵をそのまま使うのなら、量が多すぎになるので、うずらの卵でその調整をすればとくに気にならなくなります。

触感と腹持ちの良い砂肝で今度こそダイエットを成功させよう!

もともとこの食べものはお肉というのもあって、ちょっとした量でもお腹をいっぱいにできるんです。

これは脂身が入っているからで、だからこそゆっくり消化されて腹持ちがよくなります。

さらに砂肝そのものが独特の硬さがあるので、噛む回数だって多くなるでしょう。

それを活かせられるレシピを作れば、ストレスをためずにダイエットができるようになります。

  • Facebook
    シェア
  • Twitter
    ツイート
  • はてなブックマーク
    はてブ

68



ページのトップへ