公開日:2017/12/19  最終更新日:2018/01/10

遺伝子検査キッドのおすすめは?遺伝子検査でダイエット!

自分の肥満のタイプを知って効率的に痩せるヒントを得られる遺伝子検査ダイエット。遺伝子検査専門会社のジーンライフのキットの詳細とともに、遺伝子検査ダイエットとはどのようなダイエットなのかを確かめましょう。

遺伝子検査キッドのおすすめはジーンライフ!おすすめの理由を調査

ジーンライフ

価格 3,980円(税抜 / Web・アプリ版)
5,980円(税抜 / 紙報告書 + Web / アプリ版)
検査期間 2~3週間


ジーンライフは遺伝子検査の専門会社で安心の実績

肥満遺伝子が調べられる遺伝子検査キットを販売している会社はたくさんありますが、ジーンライフは遺伝子解析を専門に行っている会社です。

自社で遺伝子解析を実施しています。各検査項目において、項目の対象となる遺伝子と部位の開示もされており、事前にどのようなことが調べられるのかを確認することもできます。

わからないことは検査前でも検査後でも電話で相談することができ、必要に応じて掲載医療機関の紹介を受けることも可能。サポート体制が整っています。数多くのメディアでも取り上げられており、注目されている遺伝子検査キットです。

ジーンライフの肥満遺伝子検査キットの口コミ

ジーンライフの肥満遺伝子検査キットを実際に用いた方の口コミを見ていきましょう。炭水化物で太りやすいリンゴ型の方は、肉はあまり食べないのにウエスト周りが太ることに気付き、ご飯の量を決めて食べるようにしました。

疲れやすいのは筋肉がつきにくいバナナ型の方は、毎日牛乳を飲んでたんぱく質をとり、プールに通って筋肉がつくように行動。脂質で太りやすい洋なし形の方は洋菓子を控えて、ホットヨガやベリーダンスを始めたといいます。

肥満タイプがわかるだけではなく、自分の生活には何がよいのか、何が悪いのかを具体的に知ることができるので、食事、運動の両側面から生活改善を行いやすそうですね。

肥満タイプ別の具体的なアドバイスが受けられる

ジーンライフの遺伝子検査結果報告書は、自分の肥満遺伝子の特徴だけではなく、肥満遺伝子の特徴に基づいたダイエットのポイントと科学的根拠が記されています。

ジーンライフの遺伝子検査結果報告書に記載されていること

  • 食生活のポイントや食事の食べ順
  • 積極的にとりたい栄養素
  • おすすめの運動(イラスト付)
  • 写真付きレシピブック

肥満遺伝子はただ受け継いだだけでは肥満にはなりません。肥満遺伝子を持つ人が肥満になりやすい生活習慣を送ることで肥満になります。ですから、自分の肥満タイプを知って肥満となりにくい生活習慣を心がけることはダイエットの成果を得る早道となるのです。

遺伝子検査ダイエットとは?遺伝子検査キッドでわかること

自分の肥満のタイプがわかる遺伝子検査キット

遺伝子検査と聞くと血液検査やDNA解析などの大それた検査を想像しがちですが、遺伝子検査キットを使えば、簡単に家で自分の遺伝子の特徴を知ることができるのです。遺伝子検査キットはいろいろな会社から販売されています。

自分の肥満のタイプを知ることができ、ダイエットに役立つものから肌タイプ、各病気のかかりやすさ、祖先のルーツ、性格の傾向など、遺伝子検査キットよって調べられる内容も様々です。

肥満のタイプがわかる遺伝子検査キットでは、肥満に関連する遺伝子の情報を知ることができ、自分がどのような肥満の傾向を持つのかがわかります。

自分の肥満の傾向を知り、自分はどのような食べ物や生活習慣で肥満となりやすいのか、どのようなことに注意しすればよいのかということがわかるので、自分に合ったダイエットの仕方を効率的に実践することができるのです。

遺伝子検査キットを使えば自宅で簡単に検査できる

遺伝子検査キットを用いれば、家で口腔粘膜の細胞を採取するか、唾液を専用の容器に入れて送るだけで遺伝子検査の結果を知ることができます。口腔粘膜の細胞を採取といっても、口の中の粘膜を切り取るわけではありません。

痛い検査などは行うことなく、採取棒といわれる専用の綿棒で頬っぺたの内側をこするだけです。気を付けなければならないのは、採取する1時間くらい前から水以外の飲食を避け、食べ物のカスやカフェイン、ポリフェノールなどが採取した検体に混ざらないようにすることです。

病院でも遺伝子検査を行うことはできますが、遺伝子検査キットであれば、わざわざ予約を取って病院まで出向かなくても、自分の都合のよい時間に自宅に居ながら簡単な方法で遺伝子検査を行うことができるのです。

持っている肥満遺伝子によって肥満タイプが決まる

現在では、肥満と遺伝子との関係がわかってきており、肥満に関連する遺伝子は約50~60種類あると報告されています。

日本人は白人に比べて3倍程度肥満遺伝子を持つ人が多くいると言われており、おもな肥満遺伝子としてβ3アドレナリン受容体(β3AR 遺伝子)、β2アドレナリン受容体(β2AR 遺伝子)、UCPファミリー(UCP1遺伝子)が挙げられます。

遺伝子は個人の体を構成しているたんぱく質を作るための情報であり、これらの肥満に関連する遺伝子に変異が見られると肥満となりやすい傾向がみられます。

どの肥満に関連する遺伝子に変異が起こっているかによって、どのよう特徴を持った肥満のタイプであるのかを知ることができるのです。

遺伝子検査キットでわかる肥満タイプ別ダイエット法

内臓脂肪型肥満のリンゴ型は糖質制限

β3AR遺伝子はアドレナリン、ノルアドレナリンというホルモンと結合することで中性脂肪を燃やす働きを持つ遺伝子です。

本来は中性脂肪を燃やして肥満を防ぐ遺伝子ですが、β3AR遺伝子に変異が起こると基礎代謝量が約200ミリリットル低くなり、脂肪を蓄えやすくなってしまいます。

内臓脂肪がたまりやすくなって、お腹周りに脂肪がつく内臓脂肪型肥満が多く見られ、ウエストが大きくなるその体型からリンゴ型肥満とも言われます。

炭水化物や甘いものなどの糖質の代謝の働きが低く、主食や甘いお菓子、糖度の高いフルーツなどは控えたい食品です。血糖値を上げる食行動が見られやすく、空腹時など血糖値が下がるとイライラする傾向があります。

やせ型のバナナ型はたんぱく質をとって筋肉をつける

β2AR遺伝子はエネルギーを熱に変えて消費してしまいやすい傾向があります。

摂取した糖質やたんぱく質、脂質を消費してしまいやすいため、筋肉や血をつくる元となるたんぱく質が不足しがちで筋肉がつきにくく、痩せ型の体型に多く見られます。

見た目は痩せて見えますが、いったん内臓脂肪がついてしまうと痩せにくいので、年をとるとともに蓄えられやすい内臓脂肪に気をつける必要があります。

普段からあっさりとした食べ物を好み、食事の時間がとれなくても気にならない傾向があります。食事を規則正しくとること、良質のたんぱく質を積極的に摂取することがおすすめです。

皮下脂肪がつきやすい洋なし型は脂質を控える

UCP1遺伝子は中性脂肪を分解して遊離脂肪酸を燃やし、熱を作り出す働きを持っています。

UCP1遺伝子に変異が起こると遊離脂肪酸が燃焼されずに中性脂肪として体に入り、下半身に皮下脂肪として蓄えられます。

腰回りや太ももに脂肪がつきやすい下半身太りタイプに多く見られます。

脂質の多い唐揚げなどの揚げ物やクリームがたっぷり入った洋菓子などを好む傾向があります。脂肪が燃焼されやすいので体が冷えやすく、冷えるのでまた脂肪をため込むといった悪循環に陥りやすくなります。

脂質を控えて脂肪の燃焼を助けるミネラルやビタミンなどを積極的に摂取することがおすすめです。

遺伝子検査キッドを使用して効率の良いダイエット!


効率的なダイエットのヒントが得られる遺伝子検査ダイエットについて、口コミもご紹介しながら説明してきました。

遺伝子検査で自分の肥満遺伝子がわかり、ジーンライフは遺伝子検査専門会社で安心。具体的なアドバイスも受けられます。

肥満タイプのわかる遺伝子検査はいろいろな会社から出ていますが、信頼性できて今すぐ活用できる具体的なアドバイスが受けられる会社を選びたいですね。

ぜひ口コミやホームページなどを参考に自分が納得できる会社の遺伝子検査にトライしてみてくださいね。


  • Facebook
    シェア
  • Twitter
    ツイート
  • はてなブックマーク
    はてブ

735



ページのトップへ