公開日:2018/07/18  最終更新日:2018/10/29

今溜まっている脂肪をもやすガルシニア茶ダイエットの効果と副作用

食べすぎるとエネルギーを蓄えるために、脂肪としてため込んで、太ってしまう原因となってしまいます。

そこでガルシニア茶というものが役に立ち、なんと飲むタイミングが正しければ、ダイエットしやすくなるんです。

しかし副作用も疑われているお茶で、飲みすぎると体調を崩す可能性があるので、注意して使いましょう。

副作用もある?ガルシニア茶によるダイエットに関する効果とは

さまざまな飲みものがスーパーなどで選べますが、そのなかでも飲むと体が絞れるものなら、使ってみたくなるものです。

このお茶も飲むだけでいいとされており、それには以下の効果が高いからこそ、気軽に飲むだけでもOKといわれています。

とくに体にたまった脂肪に直接効果が出るのが大きく、無理をせずダイエットができてしまうでしょう。

体にたまった脂肪を減らしつつ食事から得た脂肪も少なくなる

痩せるのにちょうどいいお茶はたくさんありますが、脂肪に直接効果のあるものは少なく、その数少ないものがガルシニア茶です。

もともと脂肪になってしまうのは、糖や脂質が関係しており、これらの栄養が脂肪となって体にたまる前におさえる効果がガルシニア茶にはあります。

◆脂肪をダブルで減らす!

さらに体にたまっている脂肪にも効果があり、それを分解してまで減らすようにできているんです。

食事から増える脂肪と今あるものが同時に減らせられるわけですから、効果が出ないわけがなく、ちょっとずつ効果が出てくるのがこのお茶の特徴でしょう。

食べすぎをストップさせる効果もある!

さらに食事そのものの量までコントロールできるのが、このガルシニア茶のすごいところでもあります。

これは体にとり込む糖が関係しており、血液中の糖が減るのを遅くする効果があるため、食欲が少なくできるんです。

食べすぎが起こるのはこの糖が原因ですが、ガルシニア茶はこの栄養を減らす効果があると思っていいでしょう。

さらに食事でとった糖を脂肪とは別の形に変えて、体に保存するようにできるのも、このお茶の珍しい効果のひとつです。

ちょっと食べた量がちょっと多いなと思っても、脂肪にならないのなら、少し安心して食事ができるでしょう。

よくわからないことが多いから飲みすぎない

上記のように脂肪に直接効果が出ますが、そもそも今までガルシニア茶について、深く研究ができていないのが現状なんです。

どれくらいの量を守っていれば、副作用が出るなどの研究もされていないので、効果が出るからと飲みすぎるのが危険と思っておきましょう。

それは小動物を使った実験でホルモンなどの障害が出た結果もあり、体調を崩す可能性だってあります。

1日に3杯ほどなら、効果を出るのは間違いありません。この量を守って毎日飲むようにすれば、ダイエットもしやすくなるでしょう。

【ガルシニア茶の飲むタイミング】脂肪燃焼は運動前!満腹感は食事前がおすすめ

脂肪に直接働きかけてくれるこのお茶は、とにかく飲んでいない人とでは差が出てきます。それくらい効果はありますが、それ以上に効果を出すから、同じタイミングで飲み続けるのがいいでしょう。

もちろん正しいタイミングを守っていないと実感しにくいので、せっかくガルシニア茶を飲むなら以下のように飲んでみてください。

脂肪をもやすのを助ける効果を活かすには運動の30分前に

今たまっている脂肪を減らす効果のあるガルシニア茶を使うなら、運動の前に飲むとその効果を高められます。

じつは血液の流れをよくするのも可能で、代謝を高めると脂肪を効率よく減らせられるようです。遅くても30分前には飲んでおくと、痩せやすくなります。

さらに効率的にダイエットするのにちょうどいい、酸素をとり込めるような軽い運動をすると、ガルシニア茶の効果を引き立てられるでしょう。

軽く運動を始める前に、筋肉をほぐすような運動も加えると、代謝を高めやすくできます。

◆運動を組み合わせるとさらに効果あり

むしろガルシニア茶を飲むだけより、これらの運動をしたほうが、効果を発揮できるんです。

もともとある脂肪を少なくする効果は、代謝が高くないとできないわけですから運動と相性がよく、ガルシニア茶も運動ありきで考えたほうがちょうどいいでしょう。

食事をとる30分前に飲めばお腹がいっぱいになりやすい

食事からとって脂肪になるのを防ぐには、その量を減らしたほうがいいのは、誰でもわかるはずです。そこで食欲を減らせられるガルシニア茶は、食事の前に飲むと食べすぎがなくなるので、脂肪が増えすぎる心配もありません。

食べ始める前にガルシニア茶を準備しておき、30分前に飲んでおくとちょうどよくお腹がいっぱいになり、満足感が出てきます。もちろん飲んだからといって、お腹いっぱいになるほど食べていいわけでありません。

お腹がいっぱいになる量の8割ほどと決めておき、それでも満足できるからこそ、ガルシニア茶の効果を活かしていると思いましょう。とにかくおかわりしないことが、痩せるために重要になります。

ガルシニア茶のいれ方にも要注意!

ちなみにこれらのタイミングで飲むのは、ガルシニア茶をコップ1杯だけにしておくのが無難です。上記でも紹介したように十分なデータがないからこそ、たくさん飲みすぎると、体調を悪くする可能性だってあります。

飲む量だけでなくガルシニア茶を濃くしすぎるのも、体調を悪くする原因となるので要注意です。

水出しにして冷やして飲むなら、ティーパックに300mlほどにし、やかんで煮るなら500mlまでにしてください。

濃いまま飲めば体の負担となり、体調が悪くなってしまいます。

ガルシニア茶と唐辛子の併用でダイエット効果UP!

代謝を高めて脂肪を減らしやすくなるこのお茶は、食事のときにもあるものを選んで調理すると、その効果を高めてくれるでしょう。

それは食べると汗をかいてしまう唐辛子で、体がポカポカしてガルシニア茶の手助けとなります。

もともとたまった脂肪を減らす効果と、食事からとる脂肪も少なくできるので、ダイエットしやすくなるわけです。食事だけでなく、運動も加えてしまえば代謝がさらに高まって、ガルシニア茶の手助けをできるでしょう。

それぞれ30分前にとっていれば、効果を落とさずダイエットしやすくなるので、あらかじめ準備しておくのが無難です。しかし飲みすぎると体調を悪くする可能性もあり、1回でコップ1杯という量を守ってください。

  • Facebook
    シェア
  • Twitter
    ツイート
  • はてなブックマーク
    はてブ

119



ページのトップへ