公開日:2017/09/20 

大きな胸でお悩みの方必見!運動や筋トレで胸を小さくする方法を伝授!

大きな胸を小さくする方法があるのをご存知ですか?小さい胸をバストアップする体操やマッサージはよく耳にしますが、大きな胸を小さくする運動があるなんて初耳という女性も多いでしょう。

大きい胸が少しでも揺れないようにしたり、隠すために小さめのブラで胸を押し潰したり、と小さく見せようとしている女性におすすめしたいことがあります。大きな胸を無理に隠そうと小さなブラを着けていると胸の形が悪くなったり垂れに繋がったりします。キレイな形のまま小さくする方法をお教えします。

胸を小さくするには全身ダイエットを意識する

胸は約90%が脂肪で、この脂肪を落とすことで胸を小さくしていきます。胸の脂肪を落とすには正しい方法でやらなければ、また大きくなってしまいます。胸を小さくしたいなら「有酸素運動」で、全身ダイエットを意識した運動や筋トレがおすすめです。

上半身だけの運動や筋トレをすると、その刺激で乳腺が発達する可能性があります。乳腺が発達すると脂肪も増えるので、乳腺を発達させないように脂肪を落とす必要があります。

胸を小さくしたいなら食生活の見直しも必要?

胸を大きくする作用のある食材は減らしたほうが良いでしょう。胸を大きくするときは、イソフラボンやタンパク質などが女性ホルモンに関係する食材が必要でした。反対に小さくしたいのなら女性ホルモンの分泌を抑制する食材を食べる必要があります。

アブラナ科の食材に含まれる「インドール」という成分が女性ホルモンの分泌の抑制をしてくれるそうです。主な食材は、カリフラワーやブロッコリー、大根です。インドールは熱に弱いので生で食べると良いとされています。コーヒーにも女性ホルモンを抑制する作用があり、1日3杯以上飲むと効果があるそうです。

大きな胸が気になるという方には、胸を小さくする方法も存在しています。女性ホルモンの分泌を抑制する食材を摂取したり、全身ダイエットをしたり、ということで気になる「大きすぎる胸」を改善できるかもしれません。

胸を小さくすることができる身近にある運動とは

胸を小さくする運動をご紹介。身近にある運動を正しく行うことで胸を小さくしていきます。脂肪を落としキレイな胸の形を維持したまま、健康的にサイズダウンができるのが理想です。

そんな理想的なサイズダウンの強い味方は「有酸素運動」になります。有酸素運動は胸の脂肪を落とし、身体のダイエットにも効果があります。運動や筋トレをするときは下垂を防ぐためにスポーツブラを着用しましょう。

胸のサイズダウンに有酸素運動が効果あり?!

健康に良いといわれている「有酸素運動」が、胸のサイズダウンになぜ効果があるの?の疑問にお答えします。有酸素運動が胸のサイズダウンに効果があると注目しているのは、脂肪燃焼効果で、長期間継続して行なうとより効果を発揮します。

空腹状態だとさらに脂肪燃焼効果が上るので、少し空腹のときに運動や筋トレを行うと良いかも。胸は脂肪が90%ある部位ですので、有酸素運動することにより燃焼しやすくなるのでサイズダウンが期待できるということになります。

胸を小さくする運動をご紹介!

有酸素運動で毎日続けられる運動を選び、脂肪を燃焼し全身ダイエットできる運動をご紹介します。

  • 縄跳び

簡単そうで結構ハードな運動量のある縄跳びは胸だけでなくダイエットにも効果が。跳ぶことにより胸が上下に動きます。

胸の上下運動は、バストアップしたい方には禁止されている胸痩せ効果があります。サイズダウンしたい方には、脂肪燃焼効果があるのでOK。最初に張り切ってやってしまうと全身筋肉痛などにもなりますので気をつけましょう。

飛び方は前跳ぶでも後跳びでも、二重跳びでもお好きな方法で大丈夫です。運動靴などを履き、足などを痛めないよう地面のあまり固くない場所で行ってください。

  • ウォーキングやジョギング

道具を用意する必要がないウォーキングやジョギングは、やろうと思った日から行えるお手軽な運動。通勤や通学途中を利用すれば時間のない方でも毎日続けることができます。ウォーキングの場合は、脂肪の燃焼ができる20分以上歩くだけ。

もっとハードに行いたい方は、ジョギングがおすすめです。軽く会話ができる状態で20分以上ゆっくり走ります。週に3回ほどでも大丈夫です。ゆっくり長時間走ることで脂肪の燃焼がUPします。

  • 水泳

全身運動できるスポーツです。ただ、他の運動に比べプールに通わなければいけないのが少し大変です。有酸素運動なので20分以上の水泳をする必要があります。足や腰などが弱い方にもおすすめです。

有酸素運動と言われるとなかなか大変そうな印象がありますが、縄跳びやウォーキングなど、すぐに始められるものもあります。いきなり重たいメニューをこなそうとすると挫折しがちなので、まずは続けられそうなものから始めてみましょう。

下半身やお腹周りの筋トレが胸を小さくするコツ

脂肪を燃焼させるためには筋肉も必要です。筋トレで筋肉を付けることで脂肪を燃焼しやすい身体を作ることができます。また、筋トレと有酸素運動とを合わせて行うことで脂肪燃焼効果がUPし、効率的に胸を小さくすることができます。

筋トレはハードでしんどそうと思われる方も多いですが、簡単に手軽に行える筋トレもたくさんあります。女性でも楽に行える筋トレをご紹介します。

胸を小さくする筋トレとは?

胸を小さくする場合の筋トレは大胸筋を鍛えないように行う必要があります。そのため、スクワットでお尻や下半身の筋トレやお腹周辺の筋トレをすると良いといわれています。全身のダイエットを目的に筋トレをします。

下半身を中心に筋トレしていくと、血行が良くなり代謝がUPし脂肪を燃焼させることができます。胸の脂肪は下半身の脂肪より柔らかいため、代謝が上がると脂肪の燃焼量も上がり胸の脂肪も燃焼されます。

胸を小さくする筋トレのやり方をご紹介!

胸を小さくする筋トレをご紹介します。

  • レッグレイズ

お腹やお尻の筋肉を引き締める筋トレです。

仰向けに寝て手の平を床につけ腕を身体にくっつけます。両足を真っすぐ伸ばした状態で少し浮かせます。ヒザを丸めるようにしてお尻を浮かします。元の位置に戻します。5~10回を目安に身体に負担のない範囲で行います。

  • スクワット

お尻や太ももの筋トレになります。

両足を肩幅くらいまで開き、両腕を頭の後ろで組みます。一旦しゃがみ込みお尻を浮かせこの姿勢を1秒キープします。※ヒザがつま先より前にでないように注意してください。

キープ後ゆっくりヒザを伸ばしきる直前まで立ち上がり、ゆっくり最初の体勢に戻します。5~10回を目安に行ってください。

  • 腕立て伏せ

ヒザをついて大胸筋に負荷をかけない程度の軽い腕立て伏せを行います。胸を小さくしたい方の腕立て伏せは大胸筋を鍛えすぎないことがポイントになります。

胸を小さくする筋トレのコツは、大胸筋を鍛えないようにすることです。下半身を重点的に筋トレすることにより、代謝が良くなり、脂肪燃焼効果が期待できます。この際、胸の脂肪の燃焼も期待できるのです。

大きな胸は正しい運動と筋トレで小さくできる!

大きな胸を小さくするには、正しい運動方法と筋トレを合わせて行うことが大切です。

  • 運動や筋トレをするときはスポーツブラを必ず着用します
  • 運動と筋トレはできるだけ毎日続けられるものを選びましょう
  • 胸を大きくする食材を全く食べないなど極端な食事制限は止めましょう

大きな胸は正しい方法で小さくしないと、垂れやしぼんだ胸になってしまいますので、気をつけてください。

  • Facebook
    シェア
  • Twitter
    ツイート
  • はてなブックマーク
    はてブ

67