公開日:2018/05/16 

ダイエットに欠かせない栄養素は魚で補う!魚ダイエットの方法

必要のない食事の制限は健康的にもよくないうえに、うまく痩せられなくなるかもしれません。さらにストレスからのリバウンドにもなる可能性が高いでしょう。

だからこそしっかり栄養をとれて、しかもカロリーが低い魚を使えば気軽にダイエットができておすすめです。その方法などを見てみてください。

魚ダイエットはダイエット中に不足しがちな栄養を補える健康ダイエット方法

体には必要な栄養をとっていないと、内蔵などがうまく機能しなくなるので、痩せにくくなることもあります。

しかし魚を使ったダイエットなら、足りなくなった栄養を補充しつつ、以下の効果で痩せやすくしてくれるでしょう。

とくに食べすぎてしまう人は、その食べるものを魚に変えるだけでも、ダイエットとして成り立ちます。

血液をサラサラにして脂肪を減らせられる

今の食事はお肉を中心としたものが多く、たしかにおいしいものがたくさんです。しかしその影響で血液がドロドロになっており、その脂肪がそうさせています。

そこで海などの水辺で育った魚を食事のメインにもってくることで、血液をサラサラにして代謝をアップできるでしょう。

水辺で育った魚は脂肪が水分で溶けやすく、血液がドロドロになりにくいからです。代謝が上がるということは、体中の機能をアップさせられるので、脂肪だって減っていきます。

もちろんたんぱく質もたっぷりで、運動でつく筋肉の補助として役立つでしょう。

血液がサラサラになっているので、運動による代謝を上げるのに効率的で、筋肉を増やしていけばもっと脂肪を少なくできるのでおすすめです。

カロリーが少なくて脂肪がたまりにくい

いくらダイエットだからといって、お肉を全然食べてはいけない!というわけではありません。それはたんぱく質がたくさん入っているからで、体を作る栄養として、なくてはならない存在だからです。

しかし脂肪になりやすいカロリーが高くなっていて、運動で減らせられなかったものは、すべて体にたまっていくでしょう。

それではダイエットにならないので、それが気になる人は魚でたんぱく質をとってみてください。

それはたんぱく質が多いだけでなく、カロリーが半分ほどしか入っていないので、体の中に脂肪としてたまりにくい効果があるからです。

安心して食べすぎるのはよくありませんが、痩せやすくなるのは間違いありません。

肌もきれいにしたいなら魚パワーを使おう

年齢を重ねていくごとに体は老化していくといわれていますが、じつはそれには酸化というものが関わっています。

サビついていくことをいうのですが、そのサビを軽くできる効果が魚にはあり、有名なビタミンよりも数百倍以上の効果がある成分も存在しているんです。

それだけの効果があるので、防止するだけでなくて、若返ることもできてしまうほどのパワーが魚にはあります。若返るということは体の機能が上がっていくので、お肌の新陳代謝もよくなり、肌がきれいになるでしょう。

もちろん体全体の機能がよくなると、体にたまった脂肪を使う頻度も多くなり、痩せやすくなります。女性にはうれしい効果がたくさんあるので、魚を使った食事を積極的にしてみるのがおすすめです。

魚ダイエットで効果の出るおすすめの食べ方は?

面倒な方法を続けないと効果を実感しにくくなりますが、じつは魚を使って痩せるには、とくに難しいことは必要ありません。

とにかくカロリーが高くなってしまうものを、魚に変えて食べるだけでも、ダイエットができてしまうでしょう。それだけでも痩せやすくなりますが、以下の方法を追加すれば、もっと高い効果を得られます。

早く痩せたい人にはおすすめの方法です。

青魚を中心に食べるのがおすすめ

体を細くするためには必ず脂肪を減らす努力が必要になります。だからこそ運動をして代謝を上げている人が多いのですが、じつは青魚には血液をサラサラにする働きが強く、脂肪をもやしてくれるでしょう。

しかし痩せやすくなる青魚にも欠点があり、白魚より高カロリーなところです。食べすぎてしまうとダイエットの邪魔をするので、運動で代謝を上げる補助として使ってみてください。

少し脂肪をもやす働きが弱まりますが、運動が苦手な人は白魚に変えるとカロリーが低くなるでしょう。運動できる日によって使い分けるのも、うまく脂肪をコントロールできておすすめです。

カロリーが多くなりがちな夜に魚を食べるのがちょうどいい

1日の生活が終わって疲れ果てたあとは、好きなものを食べてストレスを発散させ、次の日に備えたいものです。しかし夜にお肉を食べてしまうと、そのまま体にたまっていき、どうしてもダイエットに支障が出てしまいます。

そこでお肉に代わって魚に変えるだけでも、その量を減らせられるでしょう。お肉の中でも比較的少ない鶏肉でも、多い部分だと約200kcalあるのに対して、白魚だと100kcalほどにおさえられて効果的です。

揚げ物以外の食べ方を守って魚を食べるようにしよう

お肉と魚の大きな違いは、なんといっても食べ応えではないでしょうか?お肉には焼いていると脂質である肉汁がたくさん出て、それがおいしくてやめられません。

しかし魚にはそんなものが出てこないので、少し物足りない…と油を使って揚げ物にするかもしれませんが、それは控えたほうがいいでしょう。

脂質によってカロリーが高くなるばかりか高温で調理するため、痩せやすくなる栄養が壊れてしまい、むしろ太りやすくなるでしょう。生で食べるさしみや、焼き魚や煮魚など、揚げ物以外の方法で食べるのがベストです。

グリルを使うと余分な脂身を落とせて、さらに脂肪がたまりにくくなります。

魚ダイエットなら食べ過ぎても大丈夫な理由

もともとのカロリーが少ない魚は、多少食べすぎたとしても、体にたまりにくいおすすめの食材です。さらに調理の方法を工夫すれば、うまく魚の脂肪を少なくできて、さらに太りにくくなるでしょう。

もちろんそれだけでなく、健康的な栄養がたっぷりで、血液をサラサラにして体にたまった脂肪をカットできます。

その効果を高く味わいたいのなら、青魚に絞って食べる方法をとれば、ダイエットにも成功しやすくなるでしょう。

若返り効果だってあるので肌が気になる人こそ、おすすめの方法です。お肉から魚メインの食事に変えて、運動を少し追加してみるといいでしょう。

  • Facebook
    シェア
  • Twitter
    ツイート
  • はてなブックマーク
    はてブ

580



ページのトップへ