公開日:2017/09/21 

目のお悩みに朗報!口コミで話題のアイキララの効果と使い方

私たちの顔の中でも、特に「目」は疲れや年齢による影響を受けやすいパーツです。鏡を見ると目の下がどんより…。このようなお悩みに「アイキララ」を取り入れたスキンケアがおすすめです。こちらでは、目のお悩みの症状と原因、そして、おすすめの対策をご紹介します!

目の下用アイショットクリーム「アイキララ」とは?

アイキララ

ハリのあるクリアで若々しい目元に

  • 3ヶ月毎お届け基本コース限定価格:2,533円(税別)/個
  • 3ヶ月毎に3個~定期的にお届け
  • 特典:15%OFF(年間最低 5,364円 お得)
加齢による皮膚痩せを内側からサポートするアイキララ

目の周辺に現れる症状と原因とは?

目周辺がくすんでいる、目の下が暗い

目の周りがくすんだり、目の下が暗いと、どことなく沈んだ印象になってしまいますよね。目にくすみや色素沈着などの症状があるときは、メイクをするのも大変です。コンシーラーで無理やり隠そうとすると、厚塗り感が出てしまい、不自然な印象を与えがちです。また、アイホールにアイシャドーを塗ると、目の上だけが明るくなり、目の下部分はいっそう暗くみえてしまいます。日頃は特に目元を注意していない、という人も以下の点に当てはまる場合は要注意です。

  • きちんと寝ているのに、周囲の人から「寝不足なの?」と聞かれる
  • コンシーラーとファンデーションをしっかり塗っても、目の下だけが沈んで見える

目の下にハリがない、老けて見える

目元のくすみと並んで、多くの女性が悩むポイントは目の下のハリ不足です。若いころはふっくらとしていた目の下の皮膚が、年齢を重ねるとともにハリを失い、老けた印象につながってしまいます。きちんとアイメイクをすると目元が強調され、かえってハリ不足が目立ってしまうことも。この状態がさらに進行すると、目の下の皮膚がたるみ、シワが刻まれる原因になります。次のポイントに当てはまる人はハリ不足に陥っているかもしれません。

  • しっかり保湿ケアをしているのに、目の下の皮膚がカサつく
  • 目の下の皮膚が緩んでいる
  • 実年齢より老けて見られることが多い

原因はダメージの蓄積や「皮膚痩せ」かも?

目のくすみやハリ不足などが現れる原因として、次のようなものが考えられます。

  • ダメージの蓄積

    長時間にわたって紫外線を浴びる、手や衣服などで強く擦ってしまうなど、普段の行動によって皮膚にダメージを与えてしまうことが考えられます。

  • 年齢による「皮膚痩せ」

    年齢とともに皮膚を支えるコラーゲン量が減ってしまい、ハリが失われる、いわゆる「皮膚痩せ」は目の下が暗くなる大きな要因です。

  • 血行不良

    運動不足やエアコンにあたりすぎるなどの理由で、血行が滞ると目元がくすむ原因になります。姿勢が良くない人や冷え性の人も要注意。

おすすめスキンケアで目元の印象をアップ!

ストレッチで目周辺の血行促進

日中はデスクワークをしている人、あるいはパソコンやスマートフォンを長時間使用している人は血行不良に陥りがち。目元~首~肩周辺をストレッチして、こりをほぐしましょう。

  • 目の開閉ストレッチ

    顔をまっすぐ正面に向け、目をギュッと閉じる。5秒数えてから開きます。

  • 目のぐるぐる運動

    顔をまっすぐにした状態で、目線を上方向に向けます。3秒数えたら右、続いて下、左と1周します。顔まで動かないように気を付けましょう。

  • 肩の上下運動

    背筋を伸ばし、肩を一気にグッと持ち上げます。3秒数えたらストンと降ろします。

  • 首のストレッチ

    両手を頭の上で組んで、そのまま左に上体を傾けます。5秒数えたらゆっくり戻します。反対側も同様にしましょう。

ホットタオルで疲れた目元をリラックス

一日の終わりにおすすめなのがホットタオルを使った温ケア。使用する物は清潔なタオルだけ。手軽にできますよ。

  1. タオルを水で濡らし、固くしぼります。
  2. 電子レンジで30秒ほど温め、取り出します。熱くなっているため触れる際は注意してください。
  3. タオルを軽く広げ、触れられる程度の温度になったら、小さく畳んで目の上に置きます。
  4. そのまま5分間置きます。ソファやベッドにもたれかかるなどして、リラックスすると良いですよ。

さらに、タオルにアロマオイルを1滴含ませるのもおすすめです。香りの効果でさらに癒されますよ。ホットタオルは入浴前に行うと、メイク落としがスムーズです。

目専用のコスメでしっかり保湿!

目元のケアに欠かせないのが保湿です。顔用の化粧水と乳液をそのまま目の下に塗っている人も多いでしょうが、できれば目元専用のアイクリームを使いましょう。凹凸が多い目元は化粧品の塗り損ないが多いパーツ。ちゃんと保湿しているつもりでも、実は保湿できていない場合もあります。

さらに、目の周辺の皮膚は他の部分の皮膚と比べてとても薄く、デリケートです。一説によると皮膚の厚みが約2mmに対して、目の下は約0.5mmの薄さ。このため、乱暴に扱ってはかえってダメージを与えてしまいます。目元のスキンケアでは、伸びがよく保湿力の高いアイクリームを丁寧に浸透させてあげましょう。

口コミで話題のアイキララ!効果と使い方

口コミで話題沸騰中の「アイキララ」

目元のスキンケア商品として、注目を集めているのが「アイキララ」です。アイキララは目の下専用のアイクリーム。皮膚痩せしてハリが損なわれた目元に、内側からアプローチできる商品です。その実力を裏付けるのが多数の口コミ。「目元が明るくなった」「すっぴんにも自信が持てるようになった」など、愛用者からの口コミが続々と寄せられています。

アイキララを塗り続けることで、若々しい目元になるといわれていますが、実は20代など若い世代の愛用者も多数。今の20~30代はデスクワークで目を酷使しがちです。加えて、美やアンチエイジングに対する意識の高い人も多いことから、先手を打ってアイケアに取り組んでいるようです。「目元の印象が暗くなったかな?」と思ったら、早めに取り入れたいものですね。

ビタミンC誘導体「MGA]を配合

アイキララにはビタミンC誘導体の一種である「MGA」を配合している点が大きなメリットです。そもそもビタミンC誘導体とは、ビタミンCを改良して作られた成分です。ビタミンCにはさまざまな美肌効果が期待できるものの、浸透しにくく成分が壊れやすいデメリットがありました。これらを改善し、よりお肌の奥へと美肌成分を届かせるためにビタミンC誘導体が開発されたのです。

このビタミンC誘導体の一種である「MGA」には、お肌内部のコラーゲンをサポートする役割があります。MGAがコラーゲンを支えることによって、コラーゲンが栄養素を抱き込む役割を果たし、ハリのあるふっくらとしたお肌になるといわれています。さらに、ビタミンC誘導体は美白成分としても有名。くすみ対策としても嬉しい効果が期待できます。

手軽だから続けられる!アイキララの使い方

アイキララの使い方をご説明します。

<アイキララの使い方>

  1. 洗顔後のお肌を、化粧水で整えます。
  2. アイキララを薬指に少量とって、目の下に馴染ませます。薬指で優しく「トントン」とアイキララを乗せるようにして塗っていきましょう。
  3. 薬指の腹を使って、目頭から目尻にむかって優しく伸ばします。
  4. 手のひらを使って目元全体を覆い、上からプッシュ。手の熱を使って成分をより浸透させます。
  5. 乳液かクリームを重ねてフタをします。

<使い方のポイント>

  • 使用量の目安は、1回につき1プッシュです。1プッシュを左右で分けて使用します。
  • 目の下の皮膚を擦らないよう、ソフトタッチを心がけましょう。
  • 油分の多いオールインワンゲルと併用すると、アイキララの効果が損なわれる恐れがありますので注意してください。

アイキララでハリのある目元に!

目元の印象は女性の雰囲気全体を左右するもの。美と若さのためにもアイケアをきちんと行いたいものですね。

  • 年齢とともに「皮膚痩せ」が起こることで、ハリ不足につながる
  • コラーゲンが失われた目の下の皮膚には、丁寧な保湿ケアを
  • ビタミンC誘導体「MGA」配合のアイキララで明るい目元に!

アイケアは毎日の積み重ねです。こちらでご紹介した内容を参考にアイキララでケアを行い、明るい目元を手に入れてください!

  • Facebook
    シェア
  • Twitter
    ツイート
  • はてなブックマーク
    はてブ

74