公開日:2017/07/25 

露出が増える季節におすすめ!通気性のよい夏の下着

夏は薄着になり、露出が増える季節。汗もかきやすく、ボディラインも目立つので、身につける下着も意識しなくてはなりません。とくにブラは気になるところ。快適な夏を過ごすためにおすすめの夏ブラをご紹介します。

通気性がよく蒸れにくいものを選ぶ

夏の下着で一番の悩みは、蒸れです。とくに胸元は汗腺が発達しており、汗をかきやすいパーツです。そのうえ、ブラやキャミソールなどを重ねて着るので、余計に体温が上がり、汗をかきやすくなります。

汗をかくと雑菌が繁殖しやすくなるため、脂漏性湿疹やデコルテにニキビなどができてしまうことも多くなります。夏の下着は通気性を第一に考えたものを選ぶようにしましょう。通気性で重要視したいのが、生地の素材です。メッシュ素材で、できるだけ薄いものを選んでください。

風を着ているようなAIR JOHN

このブラのキャッチフレーズは「風を着る」です。それほど通気性に優れているということです。手に取ってみると、向こう側が透けて見えるくらいの半透明カップ。薄いメッシュ生地を2枚重ねることで、すき間に空気の層を作り、空気も汗も通り抜けるという構造になっています。

「薄すぎて、バストトップの色や形が見えてしまうのでは」といった心配をカバーするため、「トップシークレット」と呼ばれる表面と肌側の生地の間に伸びない生地を圧着してあります。

ノーマルとトライアングル型があり、トライアングル型は、アンダーバストのところにクロステープが施されていて胸がワキに流れてしまうのを防いでくれます。5色のカラーバリエーションがあり、価格は3,680円(税別)です。同色のショーツもあります。

通気性が2.9倍アップのジニエブラエアー

ジニエブラは、ノンワイヤー、ノンフロントホックでワキや背中のムダ肉をスッキリ見せてくれるブラとして、年代を問わず世界中の女性から支持されています。そのジニエブラに通気性が従来品よりも、2.9倍もアップしたのがジニエブラエアーです。

パッド全体にブリーズホールと呼ばれる空気穴が開いており、バストに直接当たる生地もメッシュ構造になっています。カップだけでなく、背中の生地もベタつきにくく、空気を外に逃がしてサラッとした感触が長時間続きます。

全体的に薄さにこだわり、通気性も大幅にアップしましたが、ホールド感はそのままです。夏用のジニエブラとして、薄くて蒸れにくく、サラリとした着心地で暑い夏を乗り切りましょう。6色のカラーバリエーションがあり、価格は3,600円(税込)です。

吸汗性・速乾性のあるものを選ぶ

できれば、夏にブラをつけたくないというのが女性の本音ではないでしょうか。その1番の理由は、汗ばむことです。汗がなかなか引かずに、アウターがべっとり肌にまとわりつくのはとても不快ですよね。そこに胸もとに汗をかくと、臭いも気になります。

汗をかいたら、素早く吸収して発散させてくれる吸汗性、速乾性の高いものを選ぶことが大切です。汗を吸いやすい素材の中で、綿素材はとても優秀です。しかし、伸び縮みという点で動きにくいものもあるので、まずはつけ心地を確かめてみましょう。

接触冷感素材で、さらっとシャーベットブラ

いかにも涼しげなネーミングのブラです。ニッセンから販売されており、つけ心地や清涼感にこだわった素材を使用しています。熱や汗をかいたときの湿気をスムーズに逃がす特殊構造のメッシュを採用しています。

さらに、カップの部分には新素材である「接触冷感素材アイスハウス」も使用。つけた時にひんやりとした感触とサラサラ感で、蒸し暑い日も快適に過ごせます。カラーバリエーションは寒色系の3色。価格は、カップ数によって2,490~3,490円(税別)です。

湿度にも対応!天使のブラスリムライン

トリンプルから発売されている「天使のブラ」シリーズに、暑さだけでなく、湿度にも対応した天使のブラスリムラインがラインアップ。梅雨から真夏にかけて、日本独特のジメジメした湿度の多い季節にピッタリのブラです。

その秘密は、カップの裏に施された接触冷感と通気性に優れたメッシュ素材にあります。カップの内部は、吸汗・速乾性のあるメッシュの接触冷感機能を持つ「タッチクール」素材を使用しています。また、背中の部分は、アウターに響きにくく、締めつけ感が少なくなっています。

朝から蒸し暑くてげんなりしそうなときでも、このブラを付けた瞬間、ひんやりとしてシャキッとした気分にしてくれます。カラーバリエーションは3色。カップ数によって6,100~6,700円(税別)です。

服の上から透けにくいものを選ぶ

夏になると、どうしても薄着になって、露出度も高くなります。とくに白いアウターを着ると、中の下着の色がくっきりとさらされてしまうことに。透けにくい色は、肌に近い色でベージュ、グレー、カーキ、こげ茶です。

また、薄着をすることでワキ肉や背肉が気になります。意外とバックスタイルは見られているものです。夏ブラはとくに背中のラインを意識して、ベルトが太めのタイプや縫い目のないシームレスタイプなどを選びましょう。圧力が分散されると、ハミ肉の段差が目立ちにくくなります。

1枚で2役!夏に便利なブラトップ

今や夏の定番ともなったユニクロのブラトップです。これ1枚でブラジャーとインナーの両方の役割があるという便利な下着です。

とくに、ユニクロのブラトップは、中にモールドカップが内蔵されていて、さらにサイドのパワーネットがバストを中央にホールドしてくれます。アンダーバストにも平ゴムが装着されているので、バストをしっかりと支えることもできます。

ユニクロのブラトップは、綿タイプとエアリズムタイプの2種類の素材がありますが、着心地重視の場合は綿タイプを、涼しさ重視であればエアリズムタイプを選びましょう。「タンクトップ」「キャミソール」「スポーツタイプ」があり、価格は1,990円(税別)とお手頃価格です。

透けにくいカラーを提案するSUHADA

SUHADAの最大の特徴は、ワイヤーではなくソフト樹脂とハード樹脂による3D同化フレームを採用しているところです。面で支えるため、身体への圧迫感を最小限にしてフィット感にこだわっています。

また、SUHADAは、服の上から透けてしまうという夏の悩みをカラーで解決しています。それは「デコラッタオークル」と「サンドオークル」というカラーバリエーションです。デコラッタオークルは自然な肌色に映える色で、サンドオークルは明るい肌色に映える色です。それぞれ、薄着でも透けにくい色です。

肌色やベージュは透けにくいことがわかっていても、どうしても「おばさんっぽい」のが欠点。しかし、この2色はお洒落なカラーになっているので、見られても大丈夫です。この2色は、夏用にぜひ揃えておきたいアイテムです。カラーバリエーションは8色。カップ数によって5,600~6,100円(税抜き)です。

夏の下着を賢く選んで、快適に過ごそう!

暑い夏を快適に過ごすためには、夏のブラが必要です。夏ブラを選ぶポイントは

  • 通気性がよく蒸れにくいもの
  • 吸汗性・速乾性のあるもの
  • 服の上から透けにくいもの

いろいろな悩みを解消してくれる機能的なブラ。この夏は自分の悩みを解決してくれる夏ブラを選んで、快適に過ごしましょう。

  • Facebook
    シェア
  • Twitter
    ツイート
  • はてなブックマーク
    はてブ

27